シネマへ急げ! 2016/17年 ホリデー映画特集


ボクシング・デーから続々公開されるホリデー映画。たくさん笑って楽しめるコメディー作品から、最先端のCGを駆使したアニメーション、心に残るドラマやドキュメンタリーまで、今シーズンも注目作が目白押し。中でも編集部スタッフお薦めの作品を厳選して紹介する。

■作品公開日は予告なく変更される場合がある。
■レーティング=オーストラリア政府が定めた作品鑑賞の年齢制限。G、PG、M、MA15+、R18+、X18+があり、X18+に向かうほど過激な内容になる。CTCはレーティング未確定の作品。

パッセンジャーズ

Passengers期待度★★★★★1月1日公開予定

SF/M


5,000人にも及ぶ人類が、地球から120年の距離にある惑星へと巨大な宇宙船で移住を目指そうとする未来の旅。宇宙を航行中は年を取らないように乗客全員は冬眠状態になって運ばれるが、ジム(クリス・パット)とオーロラ(ジェニファー・ローレンス)はその長い眠りから90年早く目覚めてしまう。他の人びとが眠ったままの船内で2人は有意義な時間を過ごそうと互いに助け合い、やがて愛を育もうとするが、その時宇宙船には巨大な危機が迫っていた……。監督は『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のモルテン・ティルドゥム。

ジャニス:リトル・ガール・ブルー

Janis: Little Girl Blue期待度★★★12月26日公開予定

ドキュメンタリー/M


1960年代を代表する女性ロック・シンガー、ジャニス・ジョプリンの生涯を彼女のソウルフルな音楽と共に堪能するドキュメンタリー。疎外感を感じ続けた子ども時代から、ミュージシャンとして才能を開花させモントレー・ポップ・フェスティバルやウッドストックなどの歴史的ライブに名を残し、70年に人気絶頂の中で亡くなるまで、ジャニスの駆け抜けた27年間を数々の記録映像で観ることができる。「ボール・アンド・チェイン」「コズミック・ブルース」「ベンツが欲しい」など、魂のこもったブルージーな歌声を味わおう。監督はエイミー・バーグ。

ホワイ・ヒム?

Why Him?期待度★★★★12月26日公開予定

コメディー/CTC


娘を溺愛する堅物の父親ネッド(ブライアン・クランストン)と娘の恋人でIT富豪の青年レアード(ジェームズ・フランコ)の激しい対立を描くコメディー。「どうして彼?」と言いたくなるような、いきなりハイ・テンションに上半身裸で登場する今風のレアードと、それを受け入れられないネッドの組み合わせはまさに水と油。娘に求婚すべく未来の義父と親しくなりたいレアードは、その財力で、壁にネッドの顔が無数に描かれたボーリング場をプレゼント(!)するなど努力するが……。『ミート・ザ・ペアレンツ』『ズーランダー』のジョン・ハンバーグ監督作品。

アサシン・クリード

Assassin’s Creed (3D)期待度★★★1月1日公開予定

ミステリー、アクション/M


世界で累計3,700万本以上を売り上げた、同名の暗殺アクション・ゲーム・シリーズの映画化。アサシン教団の子孫で死刑囚のカラム(マイケル・ファスベンダー)は記憶を消され、ある組織の特殊な機械で500年前の祖先の記憶の中に意識を投じられる。そこはルネサンス期のスペイン。武器を手にし「戦う遺伝子」を刺激されたカラムは、現実と過去の交錯する世界で敵に立ち向かっていく。スピード感溢れるパルクール(障害物や建物の間を飛び越えて走り抜けるスポーツ)をベースにした作中のスリリングなアクションも必見。日本では2017年3月公開予定。

ギミー・デンジャー

Gimme Danger期待度★★★★12月26日公開予定

ドキュメンタリー/M


パンク・ロックのアイコン的存在イギー・ポップ率いるアメリカのバンド「ザ・ストゥージズ」。そのパワフルで刺激的なパフォーマンスと、現在の彼らのインタビューを、『ナイト・オン・ザ・プラネット』や『コーヒー&シガレッツ』のジム・ジャームッシュ監督がドキュメンタリーとして映画化した。ザ・ストゥージズは1960~70年代に活躍し一度解散したものの、2003年に再結成した。「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大なアーティスト100組」にも選ばれた、今なお色褪せない彼らの魅力をジャームッシュ監督のテンポの良い映像で楽しむ108分。

モアナと伝説の海

Moana期待度★★★12月26日公開予定

アドベンチャー、3Dアニメ/PG


ディズニーの最新作は南の島を舞台に繰り広げられる冒険ファンタジー。3,000年前、世界中の航海士たちは広大な南太平洋を渡り、オセアニアのたくさんの島を発見していた。しかしその後1,000年間、航海する者がパタリといなくなる。その理由を探るため、ポリネシア人少女のモアナは危険な旅に出る。数々のモンスターと対峙しながら、彼女は何を見つけるのか。『リトル・マーメイド』や『アラジン』も手がけた監督は、周りに流されず自分の考えで行動するモアナのモデルはジブリ作品のキャラクターだと明かす。どのキャラクターが基になっているかは観てのお楽しみ。

シング

Sing期待度★★★★12月26日公開予定

ドラマ、3Dアニメ/G


『ミニオンズ』『ペット』などのヒット作を手がけたイルミネーション・スタジオによる長編アニメーション。舞台は動物だけが住む世界。取り壊し寸前の劇場の再起を賭け、支配人であるコアラのバスターは世界最高の歌のオーディションを開催。極度のあがり症のゾウ、ギャングの世界から足を洗い歌手を夢見るゴリラ、25匹の子どもを育てるブタなど、個性的なメンバーが人生を変えるチャンスをつかむため、5つの候補枠をめぐってオーディションに参加する。マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソンなど豪華な声優陣にも注目。

レッド・ドッグ:トゥルー・ブルー

Red Dog: True Blue期待度★★★12月26日公開予定

ドラマ/PG


オーストラリアの探鉱で働く人びとと1匹の赤い犬をめぐる感動の実話を描いた作品『レッド・ドッグ』(2011年公開)。その続編にあたる本作を、クリフ・ステンダース監督が、脚本家ダニエル・タプリッツ、プロデューサーのネルソン・ウェスと再びタッグを組み制作した。西オーストラリア州ピルバラの農場で過ごす11歳の少年ミック(レヴィ・ミラー)がレッド・ドッグとの触れ合いを通し人生に大きな影響を受ける中で、レッド・ドッグが普通の犬から「オーストラリアの伝説の犬」へと成長していく様子が描かれている。ホリデーに家族で楽しめる1本。

エッジ・オブ・セブンティーン

The Edge of Seventeen期待度★★★1月5日公開予定

コメディー/M


幼い頃に父親を亡くしたナディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は、高校の人気者でもある兄と、親友のクリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)が自分に秘密で付き合っていることを知りショックを受ける。ヒビが入った2人の友情と、思春期特有のイライラや悩みをリアルに描く青春コメディー。高校生活のスタイルやファッションのアメリカっぽさも楽しめそう。『トゥルー・グリット』『ピッチ・パーフェクト2』などでその魅力を開花させたヘイリー・スタインフェルドが演じる等身大のティーンエイジャー像に、アメリカでも注目が集まっているとか。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る