ツリー・オブ・ライフ、トランスフォーマー3:ダークサイド・ムーン、他。

映画通を自負する日豪プレス編集者が、話題の新作映画をいち早くチェック。ストーリーやキャストの紹介とと もに、★は20点、☆は10点として映画を独断と偏見で採点します !

ツリー・オブ・ライフ   The Tree of Life / PG

今月のムービー・レビュー

★★★☆(FM)公開中

  5月に行われた第64回カンヌ国際映 画祭で最高賞であるパルムドールに 輝いた映画『ツリー・オブ・ライフ』 がいよいよオーストラリアでも公開 された。

 ブラッド・ピットやショーン・ペンな どの豪華キャストを迎えた同作品の監 督は、名門ハーバード大学やオックス フォード大学で哲学を学び、その後マ サチューセッツ工科大学で教鞭を取り ながら、米「ニューズ・ウィーク」誌な どでジャーナリストとしても活躍した テレンス・マリック。実は1979年にも 同映画祭で、彼の手がけた映画『天国 の日々』が監督賞を受賞していたこと もあり、今作にも大きな注目が集まっ ていた。

 物語は1950年代のテキサスと、現 代の大都市(おそらくアメリカ)、 そして主役であるジャックの意識の 中で展開される。ジャック(ショー ン・ペン)は3人兄弟の長男で、厳格 な父(ブラッド・ピット)と優しい母 (ジェシカ・チャステイン)の下で 育った。その後、建築家として成功し たジャックだが、現在は摩天楼に囲ま れて忙しなく過ごす日々に生きる意味 を見失っていた。

 しかしある時、彼の脳裏に、家族と 過ごした思い出が鮮やかに蘇る。19歳 で命を落とした弟と幼いころ無邪気に 遊んだこと、愛情をたっぷり注いで育 ててくれた母、背けばいつも怒鳴り 散らすが、時には優しい眼差しを見 せる父…。ジャックは家族とともに 暮らしていた幼少期を省みながら、 愛、家族、友情、生きることの意 味、そして生命を取り巻く謎について 思い巡らすのだった。

今月のムービー・レビュー

  同作品では、いつもスタイリッシュ なブラピとショーンの風貌がやつれて 見えて、観始めは軽いショックを受け るのだが、全体的な感想としてはいろ
んな意味で印象的だった。

 まず、映画の世界に吸い込まれてい くように感じさせるカメラ・ワークと、 “リアルにこんな人いそう”と思うほど の気迫が伝わるキャスト陣の演技に、 なかなかの臨場感があり、思わず息を 飲むほど。また、太陽の光や大自然の 風景などが繊細かつ美しく捉えられて おり、映画全体がまるで印象派の画家 が描いた風景画のよう。そのスタイル は1978年の『天国の日々』や2005年の 『ニュー・ワールド』からずっと受け継 がれているもので、ファンの期待を裏 切らなかった。

 ただし、作品の内容は難解。テーマ が「生命」というだけあって内容が漠 然としていて、観た後もどことなく消 化不良な感じ。また会話も少ない上、 囁くような語り口調だからかセリフを 聞き取りづらく、集中しすぎて疲労感 が残るのもちょっと残念。監督が哲学 に精通しているためか、芸術性に優れ た詩的な作品であるがゆえにハイレベ ルすぎて、観客層を絞り込みすぎてい る気もしないでもない。

 しかし人それぞれ感じることは違う だろうし、高名なカンヌ映画祭で高く 評価されただけあり見応えはあるの で、ぜひ映画館に観に行ってほしい。


トランスフォーマー3:ダークサイド・ムーン
Transformers 3: Dark of the moon
 /M

今月のムービー・レビュー

★★★☆(MA) 公開中

 大人気SFアクション・シリーズの第3 弾。1969年にアポロ11号が人類初の月 面着陸を果たした時、宇宙飛行士たち は残骸となったトランスフォーマーの 宇宙船を発見する。以後40年間NASAと アメリカ政府はこの事実を伏せてきたが、それはトランスフォーマーたちが 地球侵略を企てていたことを証明する ものだった。そして40年後のある日、 悪のトランスフォーマー群が地球を総 攻撃する。人類は果たして地球を彼ら の侵略から守ることができるのか !?


ハリー・ポッターと死の秘法パート2
Harry Potter and the Deathly Hallows Part 2
 /レイティング未定

今月のムービー・レビュー

★★★(RH) 7月13日公開予定

  映画『ハリー・ポッター』シリーズの 最終回がいよいよ公開。ボルデモート が自分の魂を宿したと言われるホーク ラックスを探し出し、彼を倒す闘いに 挑むハリー、ロン、ハーマイオニー。 ダンブルドア校長なきホグワーツで史上最大の魔法使いの戦いが始まる。こ の回では、一層大人のツヤっぽさが増 したダニエル・ラドクリフやルパート・ グリント、エマ・ワトソンが見られる ので要チェックだ。今一度1作目から おさらいして、映画館に向かいたい。


ポッパーさんとペンギン・ファ ミリー Mr. Popper’s penguins  / G

今月のムービー・レビュー

★★☆(AU) 公開中

 世界中で親しまれている同名の児童 文学を映画化した、ジム・キャリー主 演のはちゃめちゃコメディー。ニュー ヨーク在住で大金持ちのビジネスマ ン、ポッパーはある日、音信普通だっ た父から遺産を相続することになる。しかしそれはなんと生きたペンギン だった。ポッパーはなんとか面倒をみ ようとするが、ペンギンたちは風呂や トイレだけでなく、町でもお構いなく 大騒ぎ。そして家は氷や雪で埋め尽く されていく…。どうするポッパー !?


ラリー・クラウン  Larry Crowne  /M

今月のムービー・レビュー

★★★(SN) 7月21日公開予定

  俳優トム・ハンクスが自ら監督として メガホンを取り、ジュリア・ロバーツ と共演したハートフル・ロマンチック・ コメディー。元海軍兵のラリーは総合 スーパーに勤めていたが、ある日解雇 され、職を失ってしまう。このままではダメだと思っていたのだが、友人の 勧めで公立短期大学に通い、人生をや り直そうと心に決める。学校に通い始 めたラリーは、そこでスピーチ学を教 える先生メルセデスに恋をしてしまい …。低予算だが全米でヒットした1作。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る