編集部イチ押し!5月の新作映画をチェック

 辛口コメントで映画を斬る、映画通の日豪プレス・シネマ隊長と編集部員たちが、レビューやあらすじとともに注目の新作を紹介 ! レイティング=オーストラリア政府が定めた年齢制限。G、PG、M、MA15+、R18+、X18+があり、「X18+」に向かうほど過激な内容となる。作品の評価は5つ星で採点結果を紹介。
 

エンド・オブ・ホワイトハウス
Olympus Has Fallen
    アクション/MA15+

今月のムービー・レビュー

公開中 期待度★★
隊長が観た!

先日公開された『ダイ・ハード/ラスト・デイ』。人気シリーズ『ダイ・ハード』の5作目となる作品だが、さすがにネタがつきたようで、誰も『ダイ・ハード』に求めていない親子のストーリーを盛り込みつつ、やたら壊しまくる映画だった。何台車を破壊しても、いくらお金をつぎ込んでも、つまらないものはつまらないと言える典型的な映画で、息子役として大抜擢されたオージー俳優ジェイ・コートニーにとってはちょっと残念な主演作となってしまった。

そして、そのすっかり魅力を失った『ダイ・ハード』シリーズに取って代わるように公開されたのが、『エンド・オブ・ホワイトハウス』。厳重に警備されているホワイトハウスが、北朝鮮のテロリストに襲撃、占拠される。大統領が人質にとられ、特殊部隊による救出作戦も失敗し、なす術もない中、元大統領のシークレット・サービスだったマイクが、ホワイトハウス潜入に成功する。隔離された空間で、主人公1人が多くの敵に向かうという設定で、まさにホワイトハウスを舞台にした『ダイ・ハード』だった。

主演は、禿頭ではなく黒髪のジェラルド・バトラー。ほかにもモーガン・フリーマン、アーロン・エッカート、メリッサ・レオなど豪華キャストの共演で、個人的には、最近主演作がなかったアシュレイ・ジャッドが脇役として出ていたのが驚きだった。

ただ、出演者の演技レベルがちぐはぐで、アーロン・エッカートが熱演するればするほど、周りとのバランスが取れず、コメディーでも見ているようだった。台詞回しもスマートじゃないし、暴力場面もかなりのもの。さらにラストも、お決まりのパターンで終了と、もう少しヒネリがあってもいいように思う。“アメリカ万歳映画”で、プロパガンダ臭がかなりキツイのも気になった。

実は、ホワイトハウスを舞台にしたアクション映画がもう1本あって、それがアメリカで6月公開予定の『ホワイトハウス・ダウン』。チャニング・テイタムがジェイミー・フォックス演じる大統領を救う内容で、同じようなプロジェクトが重なり、上映時期が重ならないよう『エンド・オブ・ホワイトハウス』は公開を早めたそう。なので、急ピッチで製作が進行し、そのためか、かなり荒削りな感じがしてしまった。

監督はアントワン・フークアで、デンゼル・ワシントンがアカデミー賞を獲得した『トレーニング・デイ』が有名だが、これほどの俳優を使いながら時間がなかったせいか、完成度はかなり低いと思う。まあ、そうは言っても『ダイ・ハード』調のアクション巨編で、頭をからっぽにして観る作品なので、あまり演技や脚本にケチをつけてもしょうがないとも言えるけど…。

ちょうど北朝鮮が、ミサイルのボタンを押すかどうかと報道されている時期の公開で、敵役が北朝鮮のテロリストということで、このタイミングの良さはラッキーだったのでは。


ザ・コール
The Call
     スリラー/MA15+

今月のムービー・レビュー

5月16日公開予定 期待度★3.5

ハル・ベリーと『リトル・ミス・サンシャイン』の元子役アビゲイル・ブレスリン共演のスリラー。監督はサスペンス・スリラー映画『マシニスト』のブラッド・アンダーソン。救急電話911のベテラン・オペレーターのジョーダンは以前、ある少女から「命の危険を感じる」との電話を受けたが、自らの判断ミスでその少女が殺害されてしまい、トラウマとなった。そんな折、同じ犯人がキャシーという少女を誘拐。その被害者本人からの電話を受け、犯人に立ち向かうことに。


プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
The Place Beyond the Pines
     ドラマ/MA15+

今月のムービー・レビュー

5月9日公開予定 期待度★★★

サンダンスなどの国際映画祭で注目を集めた映画『ブルー・バレンタイン』のシアンフランス監督の新作。同作の主演だったライアン・ゴスリングが今作も主役を務め、『ハングオーバー』のブラッドレイ・クーパーが共演している。ライダー・スタントマンのルークはあるきっかけで元恋人と再会するが、彼女が自分の子どもを生んでいたことを知る。2人を養うため銀行強盗を図るが、ある日、とある新米警官と宿命的な出会いを果たす。


ザ・ビッグ・ウエディング
The Big Wedding
     コメディー/MA15+

今月のムービー・レビュー

5月2日公開予定 期待度★★★

映画『ニューイヤーズ・イブ』を彷彿とさせるコメディー映画。ロバート・デ・ニーロ、ダイアン・キートン、キャサリン・ハイグルなどの豪華キャストが一堂に会する。昔離婚した夫婦が、養子の息子が結婚するため、家族の集まりで対面する。その息子を生んだ敬虔なカトリック教徒の実母にも会うことになるのだが、その母親は、夫婦が離婚したことを知らなかった。母をびっくりさせないように、結婚式で2人は幸せな熟年夫婦を演じるようとするが…。


アイアンマン3
Iron Man 3
     アクション/M

今月のムービー・レビュー

公開中 期待度★4.5

米マーベル・コミックのスーパー・ヒーロー映画シリーズの3作目。ロバート・ダウニーJr.などのお馴染みのキャストが出演する。ヒーローで編成された部隊、アベンジャーズのメンバーとして、地球と人類の滅亡を危機から救ったアイアンマンことトニー・スターク。スーパー・ヒーローによる国防関与において米政府が危険視する中、姿が見えない敵の存在に怯えるように、トニーは新型スーツの開発に没頭するが、ある日何者かにより家が破壊され…。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る