ライブなお店紹介9 East Brunswick Club/Phoenix Public House

メルボルン・ロック・シティ

メルボルン・ロック・シティ
 
vol.28

ライブなお店紹介⑨
East Brunswick Club/Phoenix Public House

 
 2012年最初の連載です。昨年は、 ノース・メルボルンの2つの名門ベニュー (ライブ・ハウス)「TheArtHouse(ザ・ アート・ハウス)」と「Public Bar(パブ リック・バー)」が、ビルのリース契約 の終了などにより相次いでその20年近い 歴史に幕を下ろしてしまいましたが、今 年も最初は、悲しいニュースです。
 2006年のオープン以来、ブランズ ウィックの音楽シーンの中心であった 「East Brunswick Club (イースト・ブラ ンズウィック・クラブ)」が、この3月で バンド・ルームを閉鎖することになりま した。400人超のキャパのバンド・ルー ムと本格的なビーガン・メニューのある レストランは、国内外を問わず多くの アーティストたちに愛されてきました。 筆者にとっても最も良い音でミックスで きる場所だっただけに、残念でなりませ ん。2月いっぱいは通常通りライブ営業 をしているので、ぜひ1度行ってみてく ださい。
 代わって今後ブランズウィックの音 楽的中心地になりそうなのが昨年9月に オープンした「Phoenix Public House (フェニックス・パブリック・ハウス)」 です。もともと「Spot(スポット)」 というどちらかというと“スティッキー・ カーペット(ビールの臭いが床に染み ついているという意味ですね)”な店 だったのですが、昨年ブッキング・マネ ジャーになったパリの発案で内装から名前まです べてのイ メージを 一新、ビ ストロに は中近東 風の創作 料理で人 気のシェフをヘッド・ハンティングする など全く新しい空間に生まれ変わりま した。バンド・ルームのキャパは280と イースト・ブランズウィックよりやや小 さめですが、海外からの人気アーティス トのサイドショーなども既にブッキング されており、今後ブランズウィックを 代表するライブ・ハウスになっていくの は、間違いないでしょう。

メルボルン・ロック・シティ
Phoenix Public Houseのバー

 都市が大きくなるにつれ不動産バブル などにより多くのローカル・ビジネスが 閉鎖や移転を余儀なくされるのは、どこ の国でも同じでしょう。しかしオースト ラリアン・フットボール・リーグ(AFL) を上回る、年間集客数500万人超の圧倒 的な音楽ファン人口を誇るメルボルンで は、そう簡単にライブ・ハウスが消えて しまうことはなさそうです。
 
■East Brunswick Club
280 Lygon St., East Brunswick
Web: eastbrunswickclub.com
 
■Phoenix Public House
133 Sydney Rd., Brunswick
Web: phoenixpublichouse.com

 


 
NAOプロフィル
本名は安齋直宗。キーボーディスト、アレン ジャーとしてTHE BOOM、坂田おさむなど数多く のミュージシャンのツアーやレコーディングに参 加。テレビ・コマーシャルやベネッセの「しまじ ろう」シリーズなどの子ども向けの楽曲も多く制 作している。2003年メルボルンに移り、バンド LAURAのプロデュースで「Beat Magazine Single of the year 2004」を受賞するなど、地元のイン ディーズ・シーンに欠かせないエンジニア・プロ デューサーとして多忙な日々を送る。
 
■NAOウェブサイト:web.mac.com/nao24db

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る