【シアター通信】オーストラリア・バレエ団「ジゼル」地方公演

旬のシアター情報が満載 ♦ シアター通信

バレエからオペラやミュージカルまで、オーストラリアで上演された話題のパフォーマンミング・アートをご紹介。

オーストラリア・バレエ団「ジゼル」地方公演

※今回はオーストラリア・バレエ学校との合同公演です取材・文=岸夕夏、写真=Jeff Busby

「ジゼル」第2幕より、ウィリの群舞
「ジゼル」第2幕より、ウィリの群舞

<あらすじ>
第1幕

中世ドイツのぶどう収穫祭。貴族のアルブレヒトは、陽気で踊ることが好きだが心臓の弱い美しい村娘ジゼルを見初め、身分を隠してジゼルに言い寄る。最初は内気であったジゼルだがやがて2人は恋仲になる。
 ジゼルに片思いをしている村の森番ヒラリオンは、アルブレヒトに嫉妬と不信感を抱き、隠してあった剣から貴人の正体を知る。そこへアルブレヒトの婚約者バチルド姫が父の公爵と一緒に狩りの途中で村に立ち寄った。ヒラリオンは村人、公爵一行の前でアルブレヒトの正体を暴く。絶望したジゼルは錯乱して踊り出し、心臓発作を起こして母親の腕の中で息絶える。

第2幕

森の奥にジゼルの墓がある。そこはウィリが支配する死の世界だ。ウィリとは結婚式の直前に不実な男の裏切りで命を絶った処女たちの精霊である。ウィリの女王ミルタはウィリたちを集め、夜に森へ迷い込んだ人間を死ぬまで踊らせるがその魔力は夜明けまでしか持たない。その森で、ヒラリオンがジゼルの墓を訪れ嘆き悲しんでいると、ミルタによって死に至るまで踊らされてしまう。そして、ジゼルを失った悲しみと悔恨に暮れるアルブレヒトがジゼルの墓に現れると、女王ミルタはジゼルを墓から呼び出しアルブレヒトと一緒に踊るように命じる。死してもなおアルブレヒトを愛しているジゼル。アルブレヒトの命を救うため、ミルタに哀願しジゼルは共に踊り続ける。やがて夜明けの鐘がなりウィリたちは墓に戻っていく。ジゼルはアルブレヒトに別れを告げて墓へと消えていく。


「生の喜び」と「死の悲しみ」が美しく相反する物語

1841年にパリで初演されたロマンティック・バレエの不朽の名作「ジゼル」は、現在も世界中で頻繁に上演される人気のある演目だ。同作品の第1幕と第2幕は完全に異なる世界を舞台にしている。第1幕は作物の豊作を祝福する村人、恋する喜びに満ち溢れた若いカップルの幸福感によって描かれる生の世界。それに対する第2幕は、結婚という人生最高の幸せを目前にして裏切られた女たちの悲しみと怨念が支配する死の世界だ。第2幕ではアルブレヒトという生きた人間が死の世界に迷い込み、死してもなお愛しているジゼルによって命を救われる。

オーストラリアバレエ団の「ジゼル」は本紙2015年7月号でも掲載されたが、今回の「ジゼル」はオペラ・ハウスのような大舞台での上演ではなく、オーストラリア・バレエ団が通常のメイン・プログラムでは行わないVIC州とNSW州の地方都市11カ所の巡業公演だ。更にオーストラリア・バレエ学校の卒業を控えた生徒たちとの合同公演でもある。

幕が開くと、秋色に彩られた照明の中にジゼルの質素な家が舞台の端にあるのが目に入る。筆者が観たチャッツウッド公演のジゼル役は、オーストラリア・バレエ団のカレン・ナナスカ。アルブレヒトはバレエ団の最高位であるプリンシパルのアンドリュー・キリアンだった。純真な村娘ジゼル役のナナスカは、村では見かけない高貴な雰囲気をただよわせるアルブレヒトに恋する様を好演した。「ジゼル」ではアルブレヒトが本当にジゼルを愛していたかがよく問われる。これはアルブレヒト役のダンサーの解釈にもよるのだろうが、特に第1幕でのアルブレヒトはプレーボーイ的で、窮屈な貴族生活から解放された戯れの恋のようなものに筆者には感じられた。ジゼルが正気を失って死に至るまでの有名な狂乱のシーンは第1幕最後のクライマックスだ。横たわるジゼルを囲む村人たちの嘆きで幕が閉じ、第2幕の死の世界へ観客を導いていった。

第2幕へ移ると、ウィリの群舞が、深夜の森を冷たく照らす月光を表す青白い照明の中で繰り広げられ驚くほど美しい。ウィリがまとっている白のロング・チュチュは娘たちが着ることのできなかったウエディング・ドレスを思い起こさせる。死者となったウィリたちは、霊気の中で浮遊するように舞った。

そして、白い百合の花束を抱え深い悲しみを全身から漂わせたアルブレヒトが現れると、ミルタから死の淵への踊りを命じられる。その時、ミルタとアルブレヒトの間にふわりと割り込み、手を広げて十字架を表すようにしてアルブレヒトを守ろうとするジゼルの姿には思わず胸を打たれる。その場面でのジゼルとアルブレヒトのパ・ド・ドゥ(2人踊りの意)は本作一番の見どころだろう。アルブレヒト役のキリアンの長くスラリとした脚からくり出されるジャンプは高く軽い。アルブレヒトの最後のソロの1つひとつの跳躍からは、悔恨、償い、ジゼルへの愛情が絞り出されるようだった。鐘の音と共に訪れた朝の気配はアルブレヒトに救済を与え、ジゼルが醸し出す静かな安堵は「全てが浄化された余韻」を残し、舞台は幕が閉じた。

また、バレエ界のアカデミー賞と称されるブノワ賞を今年5月に受賞した、現在パリ・オペラ座バレエ団に所属するオニール八菜(はな)も同バレエ・スクールの卒業生で、オーストラリア・バレエ団の地方公演では群舞を踊った。公演後に2人のバレエ・スクールの生徒の方と話すことができたが、「オーストラリア・バレエ団の近藤亜香さんとアンバー・スコットが目標です」と目を輝かせて語ったのが印象的だった。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る