ブリスベンの素敵スポット「チャーリーズ・フルーツ・マーケット&ロウ・スクイーズ」

一度は訪れたい、ブリスベンの素敵なスポット

Charlie’s Fruit Market & Raw Squeeze
チャーリーズ・フルーツ・マーケット&ロウ・スクイーズ

毎日24時間営業。新鮮なオーガニック野菜やフルーツが楽しめるフルーツ・マーケット×カフェ

農家直送の新鮮なフルーツをふんだんに使ったアサイー・ボウルはボリューム満点!
農家直送の新鮮なフルーツをふんだんに使ったアサイー・ボウルはボリューム満点!

近年、健康志向の高いオーストラリアでは、化学肥料や農薬を使用しない野菜や添加物の入っていないオーガニック食品のみならず、デイリー(dairy)・フリーやグルテン(gluten)・フリーなどと表示された食品を提供するスーパーマーケットやファーマーズ・マーケットが増えてきている。

デイリー・フリーとは、牛乳、バター、チーズなどの乳製品を使用していない食品のことで、牛乳アレルギーや乳糖不耐症の人、そして菜食主義の人びとに愛用されている。グルテン・フリーとは、パンやパスタに含まれる小麦、大麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種であり、食欲を促進させる働きを持つグルテンを使用していない食品だ。

オーガニックにこだわらない人でも、気軽にスーパーでオーガニック食品が手に入るようになりつつある中、今回紹介する「Charlie’s Fruit Market(チャーリーズ・フルーツ・マーケット)」のように毎日24時間営業を行っているところは珍しい。同店は健康志向の高いローカルの人をはじめ、完全菜食主義のビーガンの人たちからも圧倒的な人気を集めているという。

フルーツ・マーケットに併設されるカフェではオーガニック・コーヒーや、グルテン・デイリー・フリーの各種自家製スイーツを楽しむことができる。
フルーツ・マーケットに併設されるカフェではオーガニック・コーヒーや、グルテン・デイリー・フリーの各種自家製スイーツを楽しむことができる。

農家直送のオーガニック野菜や果物が買えるだけでなく、店内には「Charlie’s Raw Squeeze(チャーリーズ・ロウ・スクイーズ)」というカフェが併設。新鮮な野菜や果物を使ったスムージーやフレッシュ・ジュース、アサイー・ボウルをはじめとする各種フルーツ・ボウルから、デイリー・フリーの植物性豆乳やナッツ・ミルクを使用したスムージー、そしてグルテン・フリーのココナッツ・フラワーなどを使った自家製スイーツや、オーガニック・コーヒーまで幅広く楽しむことができる。

更に、カフェではグルテン・フリー・ドーナツを毎週土曜日限定で販売している他、同店を訪れる子ども連れ向けに、平日午後3時から5時限定でキッズ・サイズのスムージーが、たった2ドルで楽しめるKIDS HAPPY HOUR(キッズ・ハッピー・アワー)を開催中だ。こうしたサービスやイベントが盛りだくさんなのも、常連客に愛される魅力の1つだろう。ぜひ子どもたちを連れて同店を訪れてみてはいかが?

(左)平日の午後3時から5時限定「KIDS HAPPY HOUR (キッズ・ハッピー・アワー)」ではキッズ・サイズのスムージーをたった2ドルで楽しめる。(右)大量のフルーツが入った箱を丸ごと大変お手ごろな価格で個数限定販売。オンラインで先行予約してお店に取りに行くことができるのも便利。
(左)平日の午後3時から5時限定「KIDS HAPPY HOUR (キッズ・ハッピー・アワー)」ではキッズ・サイズのスムージーをたった2ドルで楽しめる。(右)大量のフルーツが入った箱を丸ごと大変お手ごろな価格で個数限定販売。オンラインで先行予約してお店に取りに行くことができるのも便利。

Charlie’s Fruit Market
■所在地:473 S Pine Rd., Everton Park
■営業時間:毎日24時間
■TEL: (07)3855-3966
■Web: www.charliesfruitmarket.com.au
■アクセス:ブリスベン市内からバスで約25分。車で約20分

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る