ブリスベンの素敵スポット 「ブリスベン・ブリューイング・カンパニー」

一度は訪れたい、ブリスベンの素敵なスポット

Brisbane Brewing Co. ブリスベン・ブリューイング・カンパニー

ビール職人が丹精込めて造るうまい生ビール

店内のガラス窓越しにずらっと並ぶ醸造タンク
店内のガラス窓越しにずらっと並ぶ醸造タンク

おいしいレストランやカフェが多数立ち並ぶウエスト・エンドのバウンダリー・ストリート。ブリスベンにあるクラフト・ビールと呼ばれる小規模な自家製ビール醸造所の中でも、特にうまいビールを造ると評判の店がここにある。ブリスベンでは2番目に古いこのクラフト・ビール醸造所は、2005年にアルバート・ストリートで創業した後、14年に現在の店舗をブリスベン・ブリューイング・カンパニーとして開店した。8つの醸造タンクや樽で造られたばかりの新鮮な生ビールを提供するバーにレストランを併設している。姉妹店のウーロンギャバにあるブリュー・ハウス・ブリスベンで提供されているのも、ここで醸造されたビールだ。

「ビールの味の違いは、使用するイーストの種類、モルト、ホップなどの組み合わせによって生まれます。オーストラリア産のモルトやホップの他、アメリカやドイツ、ベルギーなどからも取り寄せてさまざまなビールを醸造しています」と言うのは、職人歴13年、ヘッド・ブリューワーのブレンダン・チャンさん。

左から日本人でコー・ブリューワーのサトシさん、ヘッド・ブリューワーのブレンダンさん、アシスタント・ブリューワーのデンホルムさん(左)、土曜日の午後にはライブやDJが登場し、日曜日には数人分のつまみのプラターとビールのジャグのセットが50ドルに(右)
左から日本人でコー・ブリューワーのサトシさん、ヘッド・ブリューワーのブレンダンさん、アシスタント・ブリューワーのデンホルムさん(左)、土曜日の午後にはライブやDJが登場し、日曜日には数人分のつまみのプラターとビールのジャグのセットが50ドルに(右)

バー・カウンターでは常に5種類ほどの定番の生ビールが並んでいる他、毎月2種類から4種類の新作ビールも登場し、いつ来ても新しい味を楽しむことが出来るそうだ。提携している他の醸造所から来るゲストの生ビールも期間限定で登場し、頻繁に入れ替わっている。「まずは、200ミリの小さなグラス($3.50~)でいろいろなビールを飲み比べてみると良いですよ」とチャンさんは語る。

左からベルジャン・ペールエールの「ドクター・エビルズ・ベルジャンDIP」($6~)、まろやかな黒ビールの「プーチン・オン・ザRIS」($9~)、オーガニックのピルスナー「ブリジー・ピルス」($6~)
左からベルジャン・ペールエールの「ドクター・エビルズ・ベルジャンDIP」($6~)、まろやかな黒ビールの「プーチン・オン・ザRIS」($9~)、オーガニックのピルスナー「ブリジー・ピルス」($6~)

一番人気のビールは、何と言っても「ブリスベン・ペール・エール(BPA)」。オーストラリア産のほのかに甘く爽やかなホップが香るフルーティーで口当たりが良いビールでありながら、あっさりし過ぎずモルトの風味がバランス良く混ざり合っているので、何杯でも飲めてしまう。ブリスベンのピルスナーという意味の「ブリジー・ピルス」は、ニュージーランド産のオーガニック・ホップの香りと苦みの効いた、ヨーロッパのコンチネンタル・タイプのビール。

また、オート麦を使い、まろやかで濃厚ながらも飲みやすいアルコール度数10%の黒ビール、ロシアン・インペリアル・スタウト(RIS)の「プーチン・オン・ザRIS」も人気。他にも、コーヒーの香りがたまらないコーヒー・スタウトやチェリーの果実を混ぜ合わせたフルーティーな赤いビールなど、限定ビールも登場するので見逃せない。(文・写真=ランス陽子)

Brisbane Brewing Co.
■住所:124 Boundary St., West End, Brisbane
■営業時間:月~木4PM~深夜、金~日11AM~深夜
■Tel: (07)3891-1011
■Web: brisbanebrewing.com.au
■アクセス:電車でサウス・ブリスベン駅から徒歩6分、バス(ルート199)で7番の停留所から徒歩1分

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る