ブリスベンの素敵スポット「ザ・ウィスク」

一度は訪れたい、ブリスベンの素敵なスポット

The Whisk ザ・ウィスク

豪州代表パティシェによる繊細なクロワッサンとスイーツ

マンゴー・ココナッツ$7.80(左)、抹茶チーズ・ケーキ$7.80(中央上)、ストロベリー・アーモンド・タルト$7.60(右)、パッションフルーツ・アーモンド・タルト$7.60(中央下)。6インチ、8インチのホールでの予約注文も可
マンゴー・ココナッツ$7.80(左)、抹茶チーズ・ケーキ$7.80(中央上)、ストロベリー・アーモンド・タルト$7.60(右)、パッションフルーツ・アーモンド・タルト$7.60(中央下)。6インチ、8インチのホールでの予約注文も可

アッパー・マウント・グロバットにひっそりと佇むカフェ「ザ・ウィスク」。昨年オープンしたばかりのこぢんまりとした店だが、パティシェのオーナーが、毎日自ら焼けるだけの量を販売し、午前中には売り切れてしまう商品が多いという、知る人ぞ知る人気店だ。

チョコレート&アーモンド・クロワッサン$5.20。朝食にクロワッサンとコーヒーを求める人でにぎわう
チョコレート&アーモンド・クロワッサン$5.20。朝食にクロワッサンとコーヒーを求める人でにぎわう

台湾で生まれ、オーストラリアで育ったジャスティン・ユーさんは、シドニーのル・コルドン・ブルーやメルボルンで修行を積み、チョコレートの全豪選手権で優勝した特典として、ベルギーに招待されたり、別の選手権でも優勝し、アメリカのシカゴに招待されるなど、世界を股に掛けるパティシェだ。国内でたった3人のみ選出される、オーストラリア代表のパティシェとして世界大会にも何度か参加し、見事オーストラリアを優勝に導いたこともある。

一番人気は、フランスから取り寄せた粉とバターで焼く、さくさくのクロワッサン。「国内の材料で作られた物より3倍ほどコストが掛かるのですが、やはり本場でクロワッサンのために作られた材料は違います」とジャスティンさん。プレーン3.50ドルの他にもアーモンド・クロワッサン5ドル、ハム&チーズ・クロワッサン6.90ドル、チョコレート・クロワッサン4.50ドル、ピーナッツ・バター・クロワッサン5ドルなど数種類が並ぶ。

また、色とりどりのうつくしいケーキもあっという間に売り切れてしまう人気商品。見た目のうつくしさはもちろん、メインとなる材料に数種のフレーバーを合わせて新鮮なハーモニーを醸し出す、その奥行きのある味わいがたまらない。

定番のストロベリー・アーモンド・タルト7.60ドルや、パッションフルーツ・アーモンド・タルト7.60ドルには、煮込んだブルーベリーが絶妙なバランスで使用されている。豪州の一般的なカスタードとはひと味違う、本格的なクレーム・パティシエールや、さくっとしたタルト型も思わずそれだけで食べたくなるほどのおいしさ。

持ち帰り用には箱にしっかりと各ケーキを固定して、形が崩れるのを防いでくれるなど、細かな気配りもうれしい。

マカロンは全て甘みを抑えたチョコレート風味のベースに、パッションフルーツ、マンゴー、コーヒー・ラテ、ラミントン、クッキー&クリーム、ソルティッド・キャラメルなどのフレーバーが約10種類。1個2.80ドル、6個箱入り16ドルがある。(文・写真=ランス陽子)

全てのケーキは朝9時ごろにカウンターにそろい、昼までに売り切れてしまう商品も多い
全てのケーキは朝9時ごろにカウンターにそろい、昼までに売り切れてしまう商品も多い
数々の受賞歴を誇るパティシェ、ジャスティン・ユーさん
数々の受賞歴を誇るパティシェ、ジャスティン・ユーさん

The Whisk Fine Patisserie
■住所:103/20 Sanders St., Upper Mt. Gravatt
■営業時間:水~日7AM~4PM、月・火・祝休
■Tel: (07)3343-7543
■Web: www.facebook.com/thewhisk.com.au
■アクセス:バスルート125、172、175、184、P176でローガン・ロードのアッパー・マウントグラバット・スクール停留所から徒歩5分

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る