ブリスベンの素敵スポット 「スラビン・コリアン・デザート・カフェ」

一度は訪れたい、ブリスベンの素敵なスポット

スラビン・コリアン・デザート・カフェ Surabing Korean Dessert Café

ふわっふわの粉雪のようなかき氷

粉雪のようなふわふわのビンスー(かき氷)。左からきな粉と餅、あんこがのったオリジナル(ラージ)$11.50、抹茶とあんこのグリーン・ティー(スモール)$9.50
粉雪のようなふわふわのビンスー(かき氷)。左からきな粉と餅、あんこがのったオリジナル(ラージ)$11.50、抹茶とあんこのグリーン・ティー(スモール)$9.50

いよいよオーストラリアに本格的な夏がやって来た。ひんやり冷たいデザートがおいしいこの季節にぜひ訪れてみたいのが、サニーバンクの「スラビン・コリアン・デザート・カフェ」だ。近年、韓国では粉雪のようなかき氷が大ブームとなっており、日本でも昨年原宿の1号店オープン後、次々と店舗が増えて話題となっている。

店名の「スラ」とは韓国の宮廷料理、「ビン」とは氷のことで、韓国語で「王様が食べるようなおいしいかき氷」という意味。日本食材も豊富に販売しているあのハナロ・マートのオーナーが、2年半前にサニーバンクにオープンした。

「氷と言っても、実は水ではなくミルクがベースになっています。抹茶味などのフレーバーも、削る時に機械で抹茶と混ざり合って出て来るので、上からシロップをかけるタイプのかき氷とは全く違い、べた付かずさらっとしたふわふわな食感が楽しめます」と、マネジャーのディーン・パクさん。

自家製のグリーン・ティー・ワッフル(2ピース)$11
自家製のグリーン・ティー・ワッフル(2ピース)$11
生クリームとカラメル、チョコレート・ソースがのったハニー・ブレッド$9.50
生クリームとカラメル、チョコレート・ソースがのったハニー・ブレッド$9.50

あんこやきな粉、餅などいろいろなものがトッピングされているのも特徴だ。かき氷は英語で「ビンスー(Bingsoo、韓国語でかき氷の意)」と書かれたメニューから好きな物を選ぶ。一番人気は、きな粉がたっぷりかかり、餅とあんこがのった「オリジナル」。材料は韓国から仕入れているそうだが、きな粉、あんこと共に日本の味と全く同じなのがうれしい。あんこがのった抹茶味のグリーン・ティーの他、フルーツがのったマンゴーやいちごなども人気だ。サイズは、ボウルに入ったラージか大きめのカップに入ったスモールの2つから選ぶ。ラージはカップルや親子で一緒に食べるのにも良いサイズだが、ふわふわとした食感なので意外とぺろりといけてしまう。すでにのっているトッピングの上に、更に餅(2ドル)、あんこ(2ドル)、アイス・クリーム(3ドル)、チーズ・ケーキ(3ドル)を足しても良い。


暑い夏にぴったりのドリンク、クラフト・ソーダのブルー・レモネード$6

また、コーヒーはニュージーランド発祥で味に定評があり、日本にも上陸したばかりの「シュープリーム・コーヒー」、紅茶はバイロン・ベイのオーガニック・ティーを使用。「クラフト・ソーダ」と名付けられたオリジナルのソーダ類も個性的で、特に爽やかなブルー・レモネードは夏にぴったり。かき氷の他にも、自家製ベルギー・ワッフルやハニー・ブレッド、カヌレ(3ドル)などのデザート類もある。(文・写真=ランス陽子)

Surabing Korean Dessert Café
■住所:21A, Marketsquare, 341 Mains Rd., Sunnybank
■営業時間:月~金12PM~10:30PM、土・日12PM~9:30PM
■Tel: 0412-393-626
■Web: www.facebook.com/pages/Surabing-Korean-Dessert-Cafe/358890477646418
■アクセス:バス(ルート130、131、132、136、139、140、599、8025、8026、810、829、850、P137、P151)でメインズ・ロード・アット・サニーバンクの停留所から徒歩5分

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る