ブリスベンの素敵スポット「カスタムズ・ハウス」

一度は訪れたい、ブリスベンの素敵なスポット

Customs House カスタムズ・ハウス

ドーム型のイグルーで、ストーリー・ブリッジの夜景を眺めながら飲む

ストーリー・ブリッジとブリスベン川の眺めが美しいバー、アークティック。イグルーは3つ設置されている(Photo: Customs House)
ストーリー・ブリッジとブリスベン川の眺めが美しいバー、アークティック。イグルーは3つ設置されている(Photo: Customs House)

ブリスベン港の税関として建築家チャールズ・マクレイによって1889年に建設された歴史ある建造物、カスタムズ・ハウス。日本の東京駅のスタイルにも色濃く影響を残しているビクトリアン・フリー・クラシカルと呼ばれる建築様式で、オーストラリアを代表する美しい建物の1つだ。

現在はクイーンズランド大学により維持・運営され、建物内の一般公開だけではなく、ワンランク上のレストランとお洒落なバーを併設している。特に、ブリスベン川沿いに佇(たたず)むテラス席から眺めるストーリー・ブリッジの夜景は格別だ。

ブリー・チーズを焼き、タイムとクロスティーニが添えられたベイクド・ホール・ブリー$18(Photo: Customs House)
ブリー・チーズを焼き、タイムとクロスティーニが添えられたベイクド・ホール・ブリー$18(Photo: Customs House)
イグルー内にはトナカイの毛皮をモチーフにした暖かなラグやクッションが使用されている(Photo: Customs House)
イグルー内にはトナカイの毛皮をモチーフにした暖かなラグやクッションが使用されている(Photo: Customs House)

そんなカスタムズ・ハウスのバー、アークティックに、8月末までの冬期限定でイグルー・バーがオープンした。アメリカや日本でも人気のこのエスキモーの家のようなドーム型のイグルーは、透明のビニールに包まれ、ジッパーを閉めると完全に冷たい夜風を遮断することができるという物。冬でもそれほど気温が下がらないQLD州の気候に合わせ、内側に暖房器具は特に設置されていないものの、遮蔽(しゃへい)された室内では人びとの熱気がこもり、かなり暖かい。室内にはいすやテーブル、トナカイの毛皮をイメージした温かいクッションがアレンジされ、1つにつき10人まで座ることができる。もちろん、イグルーの外のテラス席には屋外用ヒーターが設置され、冬でも屋外を満喫できる。

左からポップコーン・マティーニ$18、アークティック・シグネチャー・カクテル$17
左からポップコーン・マティーニ$18、アークティック・シグネチャー・カクテル$17

バーでオーダーできるカクテルにもここでしか味わえないスペシャルなものが多く用意されている。中でもラム・ベースの温かいカクテル「アークティック・シグネチャー・カクテル」は、熱々のアップル・パイのような風味がたまらない。葉巻のように細長いパイ生地は、カクテルに浸して食べてみよう。また、冷たいエスプレッソ風味のマティーニも数種類あり、ポップコーンが乗っている「ポップコーン・マティーニ」はエスプレッソとキャラメルの風味が絶妙に混ざり合う。

平日の夜にはふらりと訪れてもイグルー席が空いていることもあるが、確実にイグルーを体験したい場合は人数を集めてぜひ予約しておこう。イグルーの予約は8~10人で3時間利用でき、1人70ドル。料金には30ドル分のつまみと40ドル分の飲み物が含まれる。

また、ムルーラバ産のシーフードやダーリング・ダウン産の肉などが楽しめるレストランはランチ、ディナー、日曜の朝食、ハイ・ティーなどにも利用できる。(文・写真=ランス陽子)


Customs House カスタムズ・ハウス
■住所:399 Queen St., Brisbane
■営業時間:【バー】木~土4PM~深夜、日12PM~4PM 【レストラン】コーヒー毎日10AM~、ランチ毎日12PM~4PM、ディナー火~土6PM~、朝食日9AM~(祝休)
■Tel: (07)3365-8999
■Web: customshouse.com.au
■アクセス:セントラル駅から徒歩9分

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る