ブリスベンとっておきスポット

ブリスベンとっておきスポット

ブリスベンとっておきスポット

 
 シドニー、メルボルンに次ぎ、オーストラリアで3番目に大きな都市ブリスベン。自然も文化も豊かなこの街のとっておきスポットをご紹介!

 


ブリスベンの観光情報


 

エアポート独特の多国籍な香りが心地よい“スカイゲート”

スカイゲート Skygate
 


ゴルフ・セントラル・ブリスベンのカフェ&バー。夕暮れ時の景色がおすすめ

ビレッジ・マーケット内の一角にあるコックピットの模型は子どもたちに人気

 ブリスベン空港区域内の一角に設置されたエンターテイメント・エリア。ブリスベンの中心地から電車やハイウェーを利用して気軽に行ける距離にもかかわらず、空港特有のインターナショナルな空気がこのエリアにも漂っている。
 主な施設は、乗り継ぎでブリスベン空港を利用する旅行者や区域内唯一のホテル、ノボテル・ブリスベン・エアポートの宿泊客らの利用を考慮したセレクションとなっているが、実は知る人ぞ知る隠れスポットとして通い詰める在住者も多い。その秘密は120以上のアウトレット・ショップが集結する大規模なDFO (Direct Factory Outlets)の存在。オーストラリアの人気ブランドを含む高級アパレル・ブランドやバッグ、ジュエリーなどがお得な価格で購入できる。ショッピングのほかにも、17ヘクタールの敷地にドライビング・レンジやミニ・ゴルフ場を有したゴルフ・セントラル・ブリスベンも人気。発着する旅客機と一面に広がる芝の緑が美しく、爽快なスウィングが楽しめそう。


シーズン落ちやワケアリ物は大幅ディスカウントありのDFO。買物上手は見逃せない !?

さらにビレッジ・マーケットと呼ばれるメイン・ビルディングにはカフェ、フィットネス・クラブ、ネイル、マッサージ、ピアシングなどの総合ビューティー・サロン、チャイルド・ケアなどがあり、すべて合わせると店舗は130以上にのぼる。ちなみにノボテル・ブリスベン・エアポートの“デイ・ステイ・アンド・リフレッシュ・パッケージ”は旅行者でなくても利用してみたい日帰りプラン。
 

(Photos: M.Paterson、BNE Property、Brisbane Airport Corporation Pty Limited)
 
■エア・トレイン:ブリスベンセントラルから空港インターナショナル・ターミナルまで20分。
■ターミナル・バス:20分ごとに空港インターナショナル・ターミナルとスカイゲート間を往復。
■ハイウェー:BNEシティからはM7へ。Airport Driveで降りサインをフォロー。GC方面からはM1でAirport方面へ。途中Southern Cross Wayへ入り、East-West ArterialRd.で降りサインをフォロー。

 


 
歴史の遺産がさりげなく暮らし続ける海辺の町

クリーブランド Cleveland
 


ザ・ライトハウス・レストラン。海風に吹かれながらのランチ。夕暮れ時もロマンチック

 ブリスベンから東南へ約30キロ、対岸にノースストラドブローク島を臨むクリーブランドは、豊かな緑と穏やかな海岸風景が心を和ませてくれる静かな町だ。モートン・ベイを囲むエリアの中で最も古くから港町として開拓が進んだ場所で、今も19世紀半ば頃の建造物を各所に見ることができる。
 クリーブランド駅が町の中心に位置し、そのすぐ東側には落ち着いた雰囲気のレストランやカフェが並ぶラビー・ベイ・マリーナがある。ランチタイムの混雑は正午よりも少し遅めの時間から始まり、地元の人たちのゆったりとした暮らしぶりが伺えるようだ。


ラビー・ベイ・マリーナ。ボート・ハーバーを囲むようにカフェが並ぶ

 涼しい季節にはクリーブランド・ヘリテージ・トレイル(4km~6.5km)の徒歩や自転車散策がおすすめ。まずはクリーブランド駅の案内所でガイドマップを手に入れよう。GJウォールター・パーク(駅から1.5km)を出発点に、QLDの歴史遺産に登録された建物や、樹齢数百年のバンヤン・ツリーなどをめぐりながら、かわいらしいライトハウスのあるクリーブランド・ポイントまでのコースを辿る。この小さなライトハウスは現存する数少ない木造多角形構造のもので、19世紀の建造以来、多くの人々の手によって何度も丁寧な修復が重ねられ、大切に守られてきた。散策のあとは、シーフードが自慢の“ザ・ライトハウス・レストラン”のテラスで、海と島の風景を見つめながらひと休みするもよし、フィッシュ&チップスとビールを手に公園で寝転がるもよし。


■トレイン:クリーブランド・ラインのクリーブランド駅下車。ブリスベン・セントラルから63分
車:ブリスベンからオールド・クリーブランド・ロード(22号線)をクリーブランド方面へ。シティから約35分〜40分

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る