ブリスベンとっておきスポット

ブリスベンとっておきスポット

ブリスベンとっておきスポット

 
 シドニー、メルボルンに次ぎ、オーストラリアで3番目に大きな都市ブリスベン。自然も文化も豊かなこの街のとっておきスポットをご紹介!

 


ブリスベンの観光情報


 

シティの真ん中で体験できる、くつろぎとアドベンチャー

カンガルー・ポイント・クリフ Kangaroo Point Cliffs
 


スコウト・プレイスから見渡せる景色

シティ観光のクルーズ船が行きかうブリスベン・リバーに周辺を囲まれた半島・カンガルー・ポイント。かつては森林が生い茂り、アボリジニの一族が居住していた地域で、ユニークな歴史と個性を持つエリアだ。現在も残された自然の姿と、対岸の近代的なビル群とのミスマッチが訪れる人々の心をつかむ。

カンガルー・ポイントの入口、スコウト・プレイス(Scout Place)は絶好のルックアウト。市が運行する観光バス「City Sights」の停車場にもなっている。


クライミングやアブセイリングにトライできる

 


おしゃれなカフェでひと休み

川沿いに整備された歩道はウォーキングやジョギングにぴったり。自転車専用の道路もありサイクリングにも最適だ。むき出しの流紋岩の断崖を利用したクライミングやアブセイリングも人気アトラクション。川ではカヤッキングも楽しめる。のんびりしたい時はランチを持ってピクニックに出かけるのもお薦め。水辺で遊ぶウォータードラゴンの姿を間近に見られる。リバー・テラス(River Terrace)では、おしゃれなカフェで眺めを楽しみながらお茶をすることもできる。

バスはシティからストーリー・ブリッジを渡って、ガバ・スタジアム方面へ行く234番が便利。車でも平日ならリバー・テラス沿いの無料駐車スペースが利用できる。チケット表示が必要な場所もあるので注意しよう。


■バス(City Sights)はシティの郵便局前を出発し約2時間で市内と周辺の観光スポットを回る。1日5本運行、好きな場所で乗降できる。Web: www.citysights.com.au

 


 
ブリスベンの「爽やか」を感じたくなったら出かけてみよう

ニュー・ファーム・パーク New Farm Park
 


フェリーでリバー・クルーズを堪能しながら訪れるのがお薦め

 


ブリスベンCBDから東南方向へ約2キロ、静かな住宅街と洗練されたカフェやブティックがほどよく共存するニュー・ファーム。

この地区の中心を走るブランズウィック・ストリートを東南へ向かって行くと、緑に囲まれたニュー・ファーム・パークが左手に広がる。

19世紀の初めごろ、流刑者のための農園として開拓された場所だが、その後は競馬場に変わり、現在は毎週約1万8,000人以上の人々が訪れる憩いの公園となっている。

園内では巨大なフィグ・ツリー(いちじくの木)が涼しい木陰を作り、春には満開のジャカランタが鮮やかな紫色の風景で訪れる人々を魅了する。

豊かな自然の恵みに溢れた15ヘクタールの園内は、誰もが気がねなく自分のスタイルで自由な時間を過ごすのに最適な場所だ。


巨大なツリーのプレイ・グラウンド

ハグしたくなるボトル・ツリー

フェリー乗り場の側にあるカフェ“ENDOF THE ROAD”や、隣接するパワー・ハウスの“WATT RESTAURANT+BAR”で食事やコーヒー、ワインを楽しむのもいい。

デッキに座ってブリスベン・リバーを見つめれば、爽やかな風が優しく疲れを癒してくれる。


■フェリー:(CityCat)「University of Queensland」から「Apollo Road」を往復する便と、対岸の「Norman Park」との往復便がある。「New Farm Park Terminal」で下船。
■バス:市役所前から196番のバスで「Brunswick St at Parkview」の停留所17番で下車。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る