第20回「ビエンナーレ・オブ・シドニー」見どころガイド

The 20th Biennale of Sydney
Nina Beier, 'Allegory of Peace and Happiness of the State', 2015, ceramic cup, coffee beans, resin, wood and metal 40 x 35 x 37cm. Courtesy the artist and STANDARD, Oslo. Photograph-Vegard Kleven
Nina Beier, ‘Allegory of Peace and Happiness of the State’, 2015, ceramic cup, coffee beans, resin, wood and metal 40 x 35 x 37cm. Courtesy the artist and STANDARD, Oslo. Photograph-Vegard Kleven

2年に1度の現代アートの祭典
第20回ビエンナーレ・オブ・シドニー

見どころガイド

「未来は既にここにある。ただ、広く普及していないだけ」というSF作家ウィリアム・ギブスンの言葉を副題に冠した、第20回ビエンナーレ・オブ・シドニーが、3月18日から6月5日まで開催中だ。世界35の国と地域から83のアーティストが200以上の作品を、美術館だけでなく廃墟や路上をも展示場所としてシドニー各所で展開する現代アートの無料イベント。当特集では大規模な会場をメインに作品や見どころを紹介する。他の作品や展示場所、特別イベントについては公式ウェブサイトを参照し、お気に入りの作品を見付けに出かけよう。(取材・文=関和マリエ)

Information
▼会場:Cockatoo Island、Museum of Contemporary Art(MCA)、Art Gallery of NSW、Carriageworks、Artspace Sydney他(全体マップは各会場で配布)
▼日程:開催中~6月5日(月)※時間は会場により異なる
▼料金:無料
▼Web: www.biennaleofsydney.com.au/20bos
▼ページ内「Pick Up」は注目の日本人アーティストの作品

Embassy of the Real

Cockatoo Island

シドニー湾に浮かぶ元刑務所の廃墟の島で、独特の雰囲気に合う大胆なスケールの作品を楽しむ


コカトゥー島 Cockatoo Island

■住所:Cockatoo Island, Sydney Harbour ■時間:毎日10AM~5PM ■Web: www.biennaleofsydney.com.au/20bos/venues/cockatoo-island ■アクセス:サーキュラ・キーのフェリー乗り場5番から定期的に運行。※他、水上タクシーなどの交通手段も有り ■無料ガイド・ツアー有り(予約不要、週末11:30AM、12:30PM、1:30PM、2:30PM)

Chiharu Shiota, 'Conscious Sleep', 2016, beds, thread dimensions variable. Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) at Cockatoo Island. Courtesy the artist. This version was created for the 20th Biennale of Sydney. Photographer: Ben Symons

Chiharu Shiota, ‘Conscious Sleep’, 2016, beds, thread dimensions variable. Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) at Cockatoo Island. Courtesy the artist. This version was created for the 20th Biennale of Sydney. Photographer: Ben Symons

ベネチア・ビエンナーレでも注目を浴びた塩田千春(日本)の作品。診療ベッドと神経回路のような無数の糸を配した空間は、時間が止まっているようだ。


Lee Bul, Willing To Be Vulnerable, 2015 – 16, heavy – duty fabric, metalised film, transparent film, polyurethane ink, fog machine, LED lighting, electronic wiring, dimensions variable. Courtesy the artist. Created for the 20th Biennale of Sydney. Photographer: Ben Symons

Lee Bul, Willing To Be Vulnerable, 2015 – 16, heavy – duty fabric, metalised film, transparent film, polyurethane ink, fog machine, LED lighting, electronic wiring, dimensions variable. Courtesy the artist. Created for the 20th Biennale of Sydney. Photographer: Ben Symons

圧巻ながらはかない人間味も感じさせ、宇宙空間に迷い込んだような気分になる、大スケールの作品。イ・ブル(韓国)作。


Ming Wong, Windows On The World (Part 2), 2014, mixed-media installation with 24-channel video. Courtesy of the artist. Photograph: Ben Symons

Ming Wong, Windows On The World (Part 2), 2014, mixed-media installation with 24-channel video. Courtesy of the artist. Photograph: Ben Symons

24の画面が窓のように「世界」を静かに映し出す、ミン・ウォン(シンガポール/ドイツ)のビデオ・ワーク。工場跡の廃墟という場所とカラフルなスクリーンのギャップに引き付けられる。


Bharti Kher, 'Untitled', 2013, plaster of paris, wood, metal, each statue 123 x 61 x 95.5 cm. Courtesy the artist and Hauser & Wirth, London, New York and Zurich. Photograph- Peter Beyes

Bharti Kher, ‘Untitled’, 2013, plaster of paris, wood, metal, each statue 123 x 61 x 95.5 cm. Courtesy the artist and Hauser & Wirth, London, New York and Zurich. Photograph- Peter Beyes

明るい室内に並べられた実物大の石膏の裸婦。ジェンダーから神話学までを扱う作家バールティ・ケール(インド)の世界を味わおう。


5 Samuel Beckett, 'Film', 1965 (video still). Directed by Alan Schneider. Courtesy of Milestone Film and Evergreen Theater Photograph - Boris Kaufman

5 Samuel Beckett, ‘Film’, 1965 (video still). Directed by Alan Schneider. Courtesy of Milestone Film and Evergreen Theater Photograph – Boris Kaufman

20世紀の劇作家サミュエル・ベケットの実験的な創作活動を描くフィルム作品。複雑さと多様性を増す現代社会を映し出す。

Embassy of the Translation

Museum of Contemporary Art

MCAの略称で親しまれる現代アート専門の美術館で、コンセプチュアルな作品と向き合う


オーストラリア現代美術館

Museum of Contemporary Art Australia(MCA)■住所:140 George St., The Rocks, Sydney ■Tel: (02)9245-2400 ■開館:月~水・金~日10AM~5PM、木10AM~9PM ■Web: www.biennaleofsydney.com.au/20bos/venues/mca ■アクセス:サーキュラ・キー駅から徒歩2分 ■無料ガイド・ツアー有り(予約不要、平日11AM、1PM、週末11AM、1PM、3PM)※ビエンナーレ作品だけのツアーではない

Noa Eshkol, 'The Creation', 1995, cotton, sisal, polyacrylic, polyester, flannel jersey, corduroy, poplin, cotton lawn, 480 x 480cm. Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) at the Museum of Contemporary Art Australia. Courtesy the Noa Eshkol Foundation for Movement Notation, Holon and Neugerriemschneider Gallery, Berlin. Photographer: Ben Symons

Noa Eshkol, ‘The Creation’, 1995, cotton, sisal, polyacrylic, polyester, flannel jersey, corduroy, poplin, cotton lawn, 480 x 480cm. Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) at the Museum of Contemporary Art Australia. Courtesy the Noa Eshkol Foundation for Movement Notation, Holon and Neugerriemschneider Gallery, Berlin. Photographer: Ben Symons

布という日常的な素材を使いながら、空間を切り裂くような直線が強い印象を残すタペストリー。ノア・エシュコル(イスラエル)作。


Helen Marten, 'Parrot Problems', 2014, welded steel, aluminium, fabric, wood, string, cast plaster, rubber, stitched suede, prosthetic eyeballs, rivets, hammer, galvanised painted card board, 135 x 150 x 130 cm. Courtesy of the artist and Sadie Coles HQ, London. Photograph: Annik Wetter

Helen Marten, ‘Parrot Problems’, 2014, welded steel, aluminium, fabric, wood, string, cast plaster, rubber, stitched suede, prosthetic eyeballs, rivets, hammer, galvanised painted card board, 135 x 150 x 130 cm. Courtesy of the artist and Sadie Coles HQ, London. Photograph: Annik Wetter

機械の冷たさとハンドメイドの温かさが同居するヘレン・マーティン(デンマーク/ドイツ)の作品は、私たちに何を問うだろう。


Richard Bell, 'Embassy', (2016) at 20th Biennale of Sydney, MCA. Photo: Marie Sekiwa

Richard Bell, ‘Embassy’, (2016) at 20th Biennale of Sydney, MCA. Photo: Marie Sekiwa

アボリジニがたどる歴史やこの国の政治に向き合い、西洋芸術の在り方に問題を提起するリチャード・ベル(オーストラリア)のインスタレーション。MCAの屋外に展示。現代アートの政治的表現への可能性を示してくれる作品だ。

Embassy of Spirits

Art Gallery of NSW

伝統文化から現代作品までを扱う州立美術館で、スピリチュアル、哲学的な作品に出合う


NSW州立美術館

Art Gallery of New South Wales ■住所:Art Gallery Rd., The Domain, Sydney ■Tel: (02)9225-1744 ■開館:月・火・木~日10AM~5PM、水10AM~10PM ■Web: www.biennaleofsydney.com.au/20bos/venues/agnsw ■アクセス:セント・ジェームス、マーティン・プレイス駅から徒歩6分 ■無料ガイド・ツアー有り(予約不要、毎日1PM、水7:15PM)■備考:ビエンナーレ会場の1つ「Artspace Sydney」まで徒歩6分

Taro Shinoda, 'Abstraction of Confusion', 2016, clay, pigment, ochre, tatami mats, dimensions variable. Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) at the Art Gallery of New South Wales. Courtesy the artist. Created for the 20th Biennale of Sydney. Photographer: Ben Symons

Taro Shinoda, ‘Abstraction of Confusion’, 2016, clay, pigment, ochre, tatami mats, dimensions variable. Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) at the Art Gallery of New South Wales. Courtesy the artist. Created for the 20th Biennale of Sydney. Photographer: Ben Symons

静謐な空気に思わず耳を澄ませてしまうような、アボリジナル・アートのクレイ塗料や畳を使った異空間。篠田太郎(日本)作。


Mella Jaarsma, 'Dogwalk', 2015 –16, textile, leather, iron, stainless steel, stuffed animals dimensions variable, 12 costumes, approximately 200 x 100 x 100 cm each Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) Courtesy the artist and ARNDT Fine Art Created for the 20th Biennale of Sydney. Photograph: Leïla Joy

Mella Jaarsma, ‘Dogwalk’, 2015 –16, textile, leather, iron, stainless steel, stuffed animals dimensions variable, 12 costumes, approximately 200 x 100 x 100 cm each Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) Courtesy the artist and ARNDT Fine Art Created for the 20th Biennale of Sydney. Photograph: Leïla Joy

生身の人間がベルトでつながれ、機械のように動き続けるインスタレーション。メラ・ジャルスマ(オランダ/インドネシア)作。


Sheila Hicks, 'The Embassy of Chromatic Delegates', 2015–16, ensemble of sculptural elements. Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) at the Art Gallery of NSW. Courtesy the artist; Alison Jacques Gallery, London; and Sikkema Jenkins & Co., New York. Created for the 20th Biennale of Sydney with assistance from Sunbrella, Glen Raven, Mudita and Atelier Sheila Hicks. Photograph: Ben Symons

Sheila Hicks, ‘The Embassy of Chromatic Delegates’, 2015–16, ensemble of sculptural elements. Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) at the Art Gallery of NSW. Courtesy the artist; Alison Jacques Gallery, London; and Sikkema Jenkins & Co., New York. Created for the 20th Biennale of Sydney with assistance from Sunbrella, Glen Raven, Mudita and Atelier Sheila Hicks. Photograph: Ben Symons

カラフルな麻や綿が織りなす、シーラ・ヒックス(アメリカ)の巨大なオブジェ。原始の生き物のような鮮烈な印象を残す。


Erub Arts, 'Solwata', 2015–16, ghostnet (reclaimed fishing net and rope) approximately, 1600 x 220cm. Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) at the Art Gallery of New South Wales. Courtesy the artist

Erub Arts, ‘Solwata’, 2015–16, ghostnet (reclaimed fishing net and rope) approximately, 1600 x 220cm. Installation view of the 20th Biennale of Sydney (2016) at the Art Gallery of New South Wales. Courtesy the artist

QLD州ダーンリー島(Erub)生まれの、漁業用の網を使った温かみのあるアート作品。あまり知られていない豪州の離島文化を垣間見られる。

Embassy of Disappearance

Carriageworks

元・列車格納庫の無機質さを背景に、「失われたもの」を扱うアート作品が集結する


キャリッジワークス

Carriageworks ■住所:245 Wilson St., Eveleigh ■Tel: (02)8571-9099 ■開館:毎日10AM~6PM ■Web: www.biennaleofsydney.com.au/20bos/venues/carriageworks ■アクセス:レッドファーン駅から徒歩8分 ■無料ガイド・ツアー有り(予約不要、水・土11:30AM)■備考:周辺のレッドファーン、ニュータウンにはIn-Between Spaceとして野外展示やギャラリーでの展示も複数有り

Yuta Nakamura, 'Atlas of Japanese Ostracon', 2015, video, 2-46 mins. Courtesy of Yuta Nakamura

Yuta Nakamura, ‘Atlas of Japanese Ostracon’, 2015, video, 2-46 mins. Courtesy of Yuta Nakamura

中村裕太が日本各地から集めた陶磁器のかけらで表現する「土地」。標本箱のような展示の中で、未知の日本に出合えるかも。


Mike Parr, The side I least like, 1998–2013, 164 drawing boards, dimensions variable. Art Gallery of New South Wales. Gift of the artist 2014. Donated through the Australian Government's Cultural Gifts Program. Photograph: AGNSW. ©Mike Parr, 193.2014.a-hhhhhhh

Mike Parr, The side I least like, 1998–2013, 164 drawing boards, dimensions variable. Art Gallery of New South Wales. Gift of the artist 2014. Donated through the Australian Government’s Cultural Gifts Program. Photograph: AGNSW. ©Mike Parr, 193.2014.a-hhhhhhh

豪州で最も影響力のあるアーティストの1人、マイク・パーの作品。自身をモチーフに用いて、記憶や心といったテーマと対峙する。

'Don’t Follow the Wind' 2016, at 20th Biennale of Sydney. Photo: Marie Sekiwa
‘Don’t Follow the Wind’ 2016, at 20th Biennale of Sydney. Photo: Marie Sekiwa

~日豪プレス・スタッフの鑑賞体験~

福島県の原子力発電所周辺の「帰宅困難区域」。その立入禁止の地で継続中の話題のアート展「Don’t Follow the Wind」の関連展示がビエンナーレにやって来たと聞き足を運んだ。世界が注目する日本のアート集団Chim↑Pomが手がける「観に行けない展覧会」は、キャリッジワークスの一角で、福島の元住民が作ったというヘッド・セットを装着して観る7分間の映像をメインにした体験型作品として展示されている。彼らの提示する「現実」と、自分の生きる現実とのつながりを再認識させてくれる貴重な作品だ。

アートの豆知識&ビエンナーレの楽しみ方

ビエンナーレとは?
「2年に1度開かれる芸術展」を意味するビエンナーレ。元はイタリア語で、その語源でもあるベネチア・ビエンナーレは100年以上の歴史を持つ。近年では世界中でさまざまなビエンナーレが開かれ、美術関係者のみならず開催地域の住民にとっても国際交流の場となっている。ちなみにトリエンナーレは「3年に1度」開催される展覧会だ。

インスタレーションとは?
 現代アートは、ただ美しいだけではなく、鑑賞者に何かを考えさせたり、心にさざ波を起こすようなコンセプトの上に作られる作品も多いことが特徴だ。その表現方法も絵画や彫刻、映像、写真を単体で並べて見せるだけでなく、それらのいくつかを組み合わせたりオブジェや装置による「動き」を用いた展示(インスタレーション)として、空間・時間そのものを作品として体験させるという形態もある。

展示場所はどこでも良い?

住宅街の塀に突如現れる、無数の小さなミラーを貼り付けた作品(Daniel Boyd, 'What Remains', 2016)
住宅街の塀に突如現れる、無数の小さなミラーを貼り付けた作品(Daniel Boyd, ‘What Remains’, 2016)

 従来の芸術作品は美術館やギャラリーで楽しむことが一般的だったが、現代アートの展示場所に制約はない。今回のビエンナーレでは当ページで取り上げた会場以外にも「Embassy of Transition」の名で開放された廃駅(Mortuary Station)や、「In-Between Space」として王立植物園やニュータウンの図書館、レッドファーンの住宅街の塀や家と家の間の空き地など、その場所の持つ雰囲気を生かしながらアートの空間に変えることができる。また、Evan Rothというアーティストはオンラインで展覧会を開催しているので、PCを開けばそこが会場になるというわけだ(Web: landscapes.biennaleofsydney.com.au)。

どうやって楽しむ?
 現代アートの作品は視覚のみならず聴覚、嗅覚などにも訴えかけるものの他、動画や生身の人間を使ったダンスや芝居のようなインスタレーションなど、言葉では形容し難い作品も多い。「上手に説明できないもの」を前にした時に、自分がどんな反応をするのか、そんな心の動きに向き合う面白さも現代アートならでは。また、ほとんどの作品が撮影を許可しているので、動画や写真を撮ってインスタグラムなどのSNSで共有するのも楽しみ方の1つだ。ビエンナーレの作品を撮ったら「#20BOS」のハッシュタグを付けてシェアしてみよう。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る