光、音楽、アイデアによる祭典 VIVID SYDNEY 2018

毎年、冬の到来と共に行われる光・音楽・アイデアをコンセプトとした一大イベント「VIVID SYDNEY(ビビッド・シドニー)」。今年は5月25日~6月16日の23日間開催され、国内外からのアーティスト、パフォーマー、ミュージシャンによるインスタレーションやプログラムでシドニーを埋め尽くす。本特集では、厳選の11プログラムを紹介する。

ビビッド・シドニーってどんなイベント?

 光と音楽とアイデアの祭典である「ビビッド・シドニー」は、今年で10周年を迎え、昨年は233万人の来場者が訪れた世界最大規模のイベントだ。同祭典は、シドニーのアイコンであるオペラ・ハウスやハーバー・ブリッジ、サーキュラー・キーなどのシティー中心部を始めとし、チャッツウッドやタロンガ動物園などさまざまな場所で開催される。

 「ビビッド・シドニー」は、ライティング・アートで街を彩る「VIVD LIGHT(ビビッド・ライト)」、最先端を行くミュージシャンたちを間近で感じる「VIVID MUSIC(ビビッド・ミュージック)」、そして技術、デザイン、エンターテインメント、文化の各分野にわたる研究者やアーティストたちの創造的・革新的なアイデアに触れる「VIVID IDEAS(ビビッド・アイデア)」と大きく3つにコンセプトが分けられている。

 ビビッド・ライトでは、オーストラリア国内外のアーティストやライティング・デザイナーらが、さまざまなスポットを光やプロジェクション・マッピングなどの映像を駆使して、アート・ギャラリーへと変貌させる。オペラ・ハウスやハーバー・ブリッジなどの建築物も夜間、美しい光に包まれる。

 ビビッド・ミュージックではオーストラリアを拠点とするミュージシャン、バンドから世界的なパフォーマーまで幅広い出演者たちが街を盛り上げる。中でも、グラミー賞受賞シンガーのソランジュやオーストラリア出身のダニエル・ジョーンズとルーク・スティールのデュオが登場するステージは一見の価値があるだろう。

 ビビッド・アイデアは、各界の先駆者や奇才たちが創造的なアイデアを引っさげて、ワークショップやフォーラムを展開する。多種多様なカテゴリーによる切り口から、人びとの未来のあり方や生活について考えていく。無料のものから親子で楽しめるプログラムまで用意されているのもうれしい。

ビビッド・シドニー期間中はシティー中心部を始めとして、さまざまなスポットで多様なイベントが行われる。今回は、その中でも編集部による厳選のイベントをピックアップ!

Vivid Light

1000 Cranes

 1000クレインズは、お守りや幸運を呼ぶ物として日本の千羽鶴からインスピレーションを受けている。来場者が行き来しやすいように折り鶴は上から吊るしており、人が増えるにつれて1000羽までライト・アップされる仕掛けになっている。また、ツイッターから「#hope」のタグで思い思いのメッセージを投稿すると、頭上の1000クレインズの色が変化するようにもなっている。

■日時:毎日6PM~11PM
■会場:The Rocks
■料金:無料
★Web: www.vividsydney.com/event/light/1000-cranes

Fantastic Oceans

 ファンタスティック・オーシャンズは、ダーリング・ハーバーにあるコックル・ベイの水中世界を映し出す光のアート。オラクル・リキッド社による噴水と光のレーザーを駆使して造形される、クラゲやサンゴ、深海の植物たちを水上に描き出す。ビビッド・シドニー期間中にダーリング・ハーバーに行くと、まるで水中を歩いているような気分になれるはずだ。地上にいながら、深海の世界を堪能することができる不思議な散歩を体験してみてはいかがだろうか。

■日時:5月25日(金)~6月15日(金)6PM~11PM
■会場:Darling Harbour
■料金:無料
★Web: www.vividsydney.com/event/light/fantastic-oceans

Light Market

 チャッツウッドを掃除し、集められた不要品をリサイクルして作り上げた屋台が立ち並ぶライト・マーケットが同エリアに登場。会場内では光が溢れる中、絶品のストリート・フードが楽しめるだろう。同マーケットは、シドニーで活躍するプロデューサー、ビクトリア・ハーバット、彫刻家アレハンドロ・ロランディの指揮の下、多くのボランティアたちが活躍する、全てローカルで構成されたイベントとなっている。

■日時:毎日5:30PM~10:30PM
■会場:Chatswood
■料金:無料
★Web: www.vividsydney.com/event/light/light-market

VIVID MUSIC

Lea Delaria Live in Concert

 女優、コメディアン、歌手として多彩な活躍を見せ、ネットフリックス・ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の“ビッグ・ブー”役でも有名なリア・デラリアが1日限りの情熱的なライブ・ショーを披露する。ジャズ・ミュージシャンとしてのキャリアも持つ彼女。スタンドアップ・コメディーと合わせたステージは、彼女の全てを堪能できるはずだ。

■日時:6月9日(土)8PM~9:30PM
■会場:City Recital Hall (2 Angel Pl., Sydney)
■料金:$40~
★Web: www.vividsydney.com/event/music/vivid-jazz-orange-new-blacks-big-boo-lea-delaria-live-concert

Curve Ball

 「フィールド・デー」「ハーバー・ライフ」などの音楽フェスティバルを手掛けるファジー・イベントが、ビビッド・シドニーでは「カーブ・ボール」の名で刺激的な空間を展開させる。オーストラリアで活躍するDJアリソン・ワンダーランド、シンガーのベラ・ブルーを始め、多くのミュージシャン、バンド、DJが登場する。盛り上がること間違いなしのライブ・イベントに乗り込もう。

■日時:6月16日(土)3PM~10PM
■会場:Carriageworks(245 Wilson St., Eveleigh)
■料金:$82~(18歳以上)
★Web: www.vividsydney.com/event/music/curve-ball-0

St. Vincent

©Nedda Afsari
©Nedda Afsari

 グラミー賞受賞のシンガー・ソング・ライターのセイント・ビンセントの歌声を生で聴きに行こう。2014年のアルバム『St. Vincent』で最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバムを受賞した彼女は、ロック、エレクトロ・ポップ、ジャズをミックスさせた音楽スタイルを持ち、多くの称賛を得ている。彼女の強烈なパフォーマンスを一夜限りしかないこのタイミングで目に焼き付けておこう。

■日時:6月17日(日)8PM~11PM
■会場:Carriageworks(245 Wilson St, Eveleigh)
■料金:$100~
★Web: www.vividsydney.com/event/music/st-vincent

GoldHeist

 「ビビッド・アート・アフター・アワーズ」と題された音楽、トーク、アートが組み合わさったイベントでゴールドヘイストのパフォーマンスを観賞しよう。今回、ゴールドヘイストはろう者のために手話通訳と協力して、生き生きとした歌詞を届けることに挑戦する。数々の音楽フェスティバルに登場する彼女とそのバンドの力強さや刺激に触れられる。

■日時:5月30日(水)6:30PM~8:30PM
■会場:Art Gallery of New South Wales(Art Gallery Rd., Sydney)
■料金:無料
★Web: www.vividsydney.com/event/music/goldheist-wild-things

Vivid Light

Dan Goods

 NASAのジェット推進研究所のビジュアル・ストラテジストとして活躍するのはダン・グッズだ。彼とそのチームは「宇宙」という複雑なテーマに対して、理解しやすくなるようコミュニケーションの創造的方法を模索しており、公共スペースや美術館などでプロジェクトを行っている。そんなクリエイティブとインスタレーションを追求し続け、「ロサンゼルスで最も興味深い人の1人」と評された彼の頭脳をのぞきに行ってみよう。

■日時:6月3日(日)2PM~3:30PM
■会場:CityRecital Hall(2-12 Angel Pl., Sydney)
■料金:$25~
★Web: www.vividsydney.com/event/ideas/game-changers-and-creative-catalysts-dan-goods

Jane McGonigal/Kriti Sharma

 「ゲームをすることで、幸せになれる」とうたうゲーム・デザイナー兼研究者のジェイン・マクゴニガルがビビッド・アイデアに登場。自身が開発した『スーパーベター』も含め、ゲームには現実世界を変えることができると模索する彼女と、人工知能(AI)専門家であるクリティ・シャルマとの対談は、ゲーム、VR、AIといった最新の技術によってこれからの人びとの生活がどのように変わっていくのか考えさせられるだろう。

■日時:6月3日(日)5PM~6:30PM
■会場:City Recital Hall (2-12 Angel Pl., Sydney)
■料金:$25~
★Web: www.vividsydney.com/event/ideas/game-changers-jane-mcgonigal-kriti-sharma

Future Fashion

 環境に配慮した素材や持続性、リサイクルなどを通した未来のファッションについて考える絶好の機会。インドのスラムの人びとと共にファッション・ブランド「slumwear108」を展開する「The Possibility Project」社、アパレル業界の教育とリーダー育成に努める団体「Chalk Redesign」の他、『ワードローブ・クライシス』の著者であり、編集者でもあるクレア・プレスがそれぞれの活動について紹介する。

■日時:6月16日(土)3PM~5PM
■会場:Museum of Contemporary Art Australia(140 George St., The Rocks, Sydney)
■料金:$20~
★Web: www.vividsydney.com/event/ideas/towards-zero-fashioning-circular-economy

Designing Our Future Homes in an Urban Landscape

 日々刻々と世界や家・家庭のあり方は変化しているが、2050年までに世界人口の約70パーセントが都市に住むという予測がある。そんな中、都市化する家や家庭のこれからについてスウェーデンの家具メーカー・IKEAやインテリア・デザイナー、サステナビリティーの研究などの専門家たちがアイデアを戦わせる。次世代の家について考えてみる時間を作ってみては。

■日時:5月27日(日)12PM~2PM
■会場:Museum of Contemporary Art(Level 6 Terrace Entrance, 140 George St., The Rocks, Sydney)
■料金:無料(要登録)
★Web: www.vividsydney.com/event/ideas/designing-our-future-homes-urban-landscape

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る