LGBTQIの祭典「マルディ・グラ」見どころガイド

LGBTQIの祭典「マルディ・グラ」見どころガイド

LGBTQIの人たちが、誇りを持って生きる喜びを皆と分かち合うイベント「シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディ・グラ」。同イベントは、人種の多様性を誇るオーストラリアで最も愛されるイベントの1つだ。期間中は、シドニー市内でセクシュアル・マイノリティーの象徴であるレインボー・フラッグなどを、あちらこちらで見ることができるだろう。ゴージャスなパフォーマンスから、アート展や映画祭、LGBTQIがテーマのセミナーまで、100以上のプログラムの中から一部を紹介する。

● マルディ・グラを知る

シドニーで行われる「マルディ・グラ」の歴史は1978年にまでさかのぼる。同性愛への偏見が強かった当時、LGBTQIコミュニティーの人たちが、そうした偏見への抗議のデモ行進を始めたことが、現在ではメイン・プログラムであるパレードの始まり。同年に行われたデモ行進では逮捕者が出るほど警察との衝突もあったが、シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディ・グラとしては歴史的な出来事であり、今日でも当時の人たちが「78ers」と呼ばれ、パレードに参加している。

78年以降、パレードは毎年開催され続け、昨年で40周年を迎えた。また、17年にはオーストラリア国内で正式に同姓婚が認可され、LGBTQIコミュニティー、更にはマルディ・グラはより一層の熱さを見せている。同イベントの今年のテーマは「Fearless」――。「私たちが勇気を持って、恐れを抱きながらも行動を起こし続けていこう」という意味合いが込められているという。

イベント期間中はLGBTQIにまつわるアート作品やパフォーマンス、レインボー・フラッグの掲出やパーティー、トーク、フェスティバルなどいろいろな切り口から街が盛り上がる。国内外から多くの観光客が訪れにぎわうイベントを、ぜひ楽しんでみては。

公式ウェブサイト Web: www.mardigras.org.au

PARADE

マルディ・グラ・パレード
Mardi Gras ParadeFREE

©Jeffrey Feng Photography
©Jeffrey Feng Photography

華々しく色鮮やかな行進を見に行こう

©Jeffrey Feng Photography
©Jeffrey Feng Photography

毎年、数多くの参加者と観客で道路が埋め尽くされる一大プログラムでもあるマルディ・グラのパレード。昨年は約1万2,300人の参加者、50万人もの観客を動員したという。今年も更なる盛り上がりが期待される。レズビアンのバイク集団から始まり、きらびやかなドラァグ・クイーン、個性的なパフォーマーら200以上のグループが、約4時間を掛けて盛大な行進を行う。世界的に見てもスケールの大きい祭典なので、国内外からたくさんの観客が訪れる。良いポジションで見たい人は、早めに行って場所取りをしておこう。

★パレードは、ハイド・パーク東南角のウィットラム・スクエアからスタート。その後、オックスフォード・ストリートを東へ向かい、テーラー・スクエアの角でフリンダース・ストリートへ右折後、ムーア・パークまでアンザック・パレード(バス・レーン)を進む。

■会場:Oxford & Flinders Sts., Darlinghurst NSW
■日時:3月2日(土)7PM~
■料金:無料
★Web: www.mardigras.org.au/events/parade

OPENING EVENT

フェア・デー
Fair DayFREE

©Jeffrey Feng Photography
©Jeffrey Feng Photography

老若男女から愛犬まで、皆で楽しもう

キックオフ・イベントでもあるフェア・デーは、ビクトリア・パークで開催される無料のフェスティバルだ。家族や友人とピクニックをしたり、ダンス・ステージのパフォーマンスを楽しむことができる。たくさんの屋台が並び、ドッグ・エリアでは珍しい犬種の子犬も見られる。午後9時からは、DJが会場を盛り上げるアフター・パーティーの催しも。

■会場:Victoria Park(Parramatta Rd., Broadway NSW)■日時:2月17日(日)10AM~ ■料金:入場無料 ★Web: www.mardigras.org.au/events/fair-day

FILM

第26回マルディ・グラ・フィルム・フェスティバル
Queer Screen’s 26th Mardi Gras Film Festival


映画を通して触れてみる

LGBTQIに関するキャラクターが登場したり、テーマになっている映画が世界中から集められたフィルム・フェスティバルが26回目を迎える。54本の長編映画、66本の短編映画の上映が予定されている。下記ウェブサイトから気になる作品を見つけて予約し、ぜひ映画館で観て欲しい。

■会場:Event Cinemas George Street(505/525 George St., Sydney NSW)■日程:2月13日(水)~28日(木)■時間・料金:作品により異なる ★Web: www.queerscreen.org.au/mardi-gras-film-festival-2019

TALKS

クィア・シンキング・デー
Queer Thinking Day

彼らの“声”に耳を傾けよう

2月23日と24日の2日間にわたり、「クィア」について考えを深めるトーク・ショーやパネル・ディスカッションなどが行われる。学校に通うクィアの生徒たちによる発表や、トランスジェンダーの作家やパフォーマンス・アーティストなど、さまざまな背景を持つゲストの登壇も予定されている。

■会場:Carriageworks(245 Wilson St., Eveleigh NSW)■日時:2月23日(土)・24日(日)、両日共に12:30PM~6:30PM ■料金:日程により異なる ★Web: www.mardigras.org.au/events/queer-thinking-day-1-young-and-fearless

COMMUNITY

ポップアップ・ベア・バー
Pop-up Bear Bar


マルディ・グラの中心地はココ!


マルディ・グラ開催中の9日間限定で、ポップ・アップの「ベア・バー」がダーリングハーストに開店。男性をクマに見立てたゲイ文化のユニークな発信地として、ドラァグ・クイーンのコンペティション、ベルリン拠点のクィア歌手リカ・シェイのステージなど盛りだくさんの催しを楽しめる。

■会場:Burdekin Hotel(2 Oxford St., Darlinghurst NSW)■日程:2月22日(金)~3月2日(土)■料金:プログラムにより異なる ★Web: www.mardigras.org.au/events/pop-up-bear-bar

COMEDY

イエス! イエス! ナネット!
Yes! Yes! Nanette!FREE

Party Animal by Janice Raynor, Ceramic, 38cm high
Party Animal by Janice Raynor, Ceramic, 38cm high

ハンナ・ギャズビーへの思いを形に

Dykes on Bikes Cupcake by Janice Raynor, Ceramic, 35cm high
Dykes on Bikes Cupcake by Janice Raynor, Ceramic, 35cm high

Netflix(ネットフリックス)で絶大な人気を誇る番組『ハンナ・ギャズビーのナネット』では、彼女自身のジェンダーや性的指向などがスタンダップ・コメディーとして披露されている。そのパフォーマンスに感銘を受けたアーティストによる作品展で、ハンナ・ギャズビーへの支持の表現を見てみよう。

■会場:Kerrie Lowe Gallery(49-51 King St., Newtown NSW)■日程:2月15日(金)~3月3日(日)■時間:月~土10AM~5:30PM(木曜のみ~7PM)、日休 ※2月15日はオープニングイベントのため6PM~8PM ■料金:無料 ★Web: www.mardigras.org.au/events/yes-yes-nanette

ART

クィア・アート・アフター・アワーズ
Queer Art After HoursFREE

©Jeffrey Feng Photography
©Jeffrey Feng Photography

夜の美術館でアートも音楽も楽しもう

NSW州立美術館が贈る、LGBTQIにまつわるクリエイティビティー溢れるアート、音楽、パフォーマンスなどを味わうことができるプログラム。今年で3回目を数え、ポップアップ・バーやワークショップ、クィア・アートの歴史展示など、夜の美術館でのひと時を満喫してみては。

■会場:Art Gallery of New South Wales(Art Gallery Rd., Sydney NSW)■日時:2月27日(水)5PM~ ■料金:入場無料 ★Web: www.mardigras.org.au/events/queer-art-after-hours

SHOW

トレバー・アシュリー
Trevor Ashley’s Mardi Gala


マルチ・タレント、トレバー・アシュリーによるキャバレー・ショー

オーストラリア出身の俳優、歌手であり、時には国際的なキャバレーの女王として、さまざまな顔を持つ有名人・トレバー・アシュリーによるオペラ・ハウスでのコンサート。今年もマルディ・グラを盛り上げる、豪華なゲストらと共に繰り広げられる一夜限りのショーを楽しもう。

■会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney NSW)■日時:2月24日(日)6PM~ ■料金:$59~155 ★Web: www.sydneyoperahouse.com/events/whats-on/cabaret/2019/trevor-ashleys-mardi-gala.html

THEATRE

37ウェイズ・トゥ・セイ・アイム・ゲイ
37 Ways To Say I’m Gay


それぞれの生き方が描かれる

37通りのゲイたちの苦悩がコメディーからドラマまで、94人のキャラクター、29の短編演劇、12人の俳優によって描かれる。脚本、監督、プロデュースを務めたのは国際的な受賞歴があり、多くの演劇を成功させてきたウェイン・タンクス。ゲイであることが何を意味するのか、感覚的に分かるきっかけになるはず。

■会場:Limelight on Oxford(231 Oxford St., Darlinghurst NSW)■日程:2月20日(水)~3月9日(土)■時間:日程により異なる ■料金:一般$35、コンセッション$30、プレビュー&毎週水曜$26 ★Web: www.limelightonoxford.com.au/37-ways-to-say-im-gay.php

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る