愛されて30年!「カウラ桜祭り」で春の訪れを感じよう

愛されて30年!「カウラ桜祭り」で春の訪れを感じよう

カウラ桜祭り

Cowra Sakura Matsuri – Cherry Blossom Festival

今年で開催30回目を迎える「カウラ桜祭り」は、日本の伝統行事“花見”をしながら春の訪れをお祝いするイベントとして、オーストラリア在住の日本人や地元の人びとに愛されている。会場は、シドニー市内から西へ車で約4時間の「カウラ日本庭園」。同園では、9月中旬から10月の第2週目ごろまで、「Mt Fuji」という小ぶりの花桜や、ゴージャスなピンクのしだれ桜「Rosea」、濃いピンクのフリルのような花が可愛らしい「Kanzan」など約11種の桜が鑑賞できる。

今年の桜祭りは、9月28日に開催され、抜刀、和太鼓、尺八、合気道などのパフォーマンスや、書道、生け花のデモンストレーション、着物や折り紙、金細工、茶道などのワークショップなどが行われる予定だ。子ども向けにフェイス・ペイント・コーナーが設置されるので、お気に入りのフェイス・ペイントを施せば、桜を背景にすてきな写真が撮れること間違いなし。昨年は、約2,500人が来場し桜の美しさと日本文化を堪能した。

同園マネージャーのシェーンさんは「カウラ日本庭園、及び文化センターは、オーストラリアにある日本の文化遺産の中心と言える存在です。春に限らず1年中いつでも気軽に遊びに来てください。今年は10月の第1~2週目に桜の見頃を迎えると思います。春の間は2週間ごとに足を運んで頂けますと、移り変わる季節の美しさを感じられるのでお勧めです」とコメントしている。

ピンクに色づいた桜を眺めながら日本庭園を散歩し、屋台で買った日本食を頬張るなど、オーストラリアにいながら日本気分を味わってみてはいかがだろうか。

カウラ日本庭園について

© Naoto. Ijichi
© Naoto. Ijichi

2019年で開園40周年を迎える同庭園は、カウラの人びとと日本人との関係性を認識し、発展させることを目的とし、1978年に日本を代表する造園家・中島健によって造られた。以来、書道や折り紙、生け花、そして日本の伝統工芸の専門家によるデモンストレーションなどを通して日本の文化を広めることで、日豪間の交流を深める役割を果たしている。

江戸時代の伝統を取り入れた「回遊式庭園」と呼ばれる造りの同園は、南半球最大の日本庭園ということもあり、スタッフによるガイド付きツアーも実施されている。春には桜、夏には新緑、秋には紅葉、冬は朝霧など、四季折々の表情を楽しめる。

迫力満点の抜刀デモンストレーション
迫力満点の抜刀デモンストレーション
© Naoto. Ijichi 迫力満点の抜刀デモンストレーション しだれ桜の前は人気のフォト・スポット
迫力満点の抜刀デモンストレーション しだれ桜の前は人気のフォト・スポット © Naoto. Ijichi
優美な日本舞踊ステージ
優美な日本舞踊ステージ
今年もさくら合唱団によるステージが行われる
今年もさくら合唱団によるステージが行われる
白熱の空手の組合デモンストレーション
白熱の空手の組合デモンストレーション
着物姿は日本庭園にぴったり
着物姿は日本庭園にぴったり

カウラ桜祭り
Cowra Sakura Matsuri – Cherry Blossom Festival
▼会場:カウラ日本庭園(Cowra Japanese Garden)
▼日時:9月28日(土)10AM~4PM
▼入園料:大人$20、コンセッション$18、子ども(5~12歳)$15、ファミリー(大人2人+学齢児)$60
▼Tel: (02)6341-2233
▼Mail: info@cowragarden.com.au
★Web: www.cowragarden.com.au(カウラ日本庭園)、www.trybooking.com/book/event?eid=519070&(チケット)
◎日豪プレス読者に「カウラ桜祭り」のチケットをプレゼント! 詳しくは、9月お得情報「CATCH THE NEWS」をチェック

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る