【4月】シドニー・イベント

シドニー各所の美術館、ギャラリーなどで、「ビエンナーレ・オブ・シドニー」開催中!BIENNALE WORKS 2016-178

■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■KIDS向けイベント紹介は、こちらでご紹介しています。


OPERA


©Opera Australia
©Opera Australia

「トゥーランドット」ハンダ・オペラ シドニー・ハーバー公演
Turandot Handa Opera on Sydney Harbour

シドニー・ハーバーの王立植物園沿いに、期間限定で特設されている巨大ステージでの野外オペラ。オペラ・ハウスとハーバー・ブリッジを望む絶景スポットでオペラが楽しめるという、究極のぜいたく体験。今年の演目は「トゥーランドット」。絶世の美女だが冷徹な中国皇帝の娘トゥーランドット姫は「求婚する男は姫の出す3つの謎解きに答えねばならず、解けなければ斬首刑」という法を定めていた。その美貌に心を打たれたダッタン国の王子カラフが、ついに初めてこの謎を解くが……。

▼会場:Fleet Steps, Mrs Macquaries Point, Sydney
▼日時:開催中~4月24日(日)7:30PM
▼料金:$70~299
▼Tel: (02)9318-8200
★Web: opera.org.au/whatson/events/turandot-onsydney-harbour

 


EXHIBITION


Si Yuan Shelley Gu, Tempe High School What happened to I?
Si Yuan Shelley Gu, Tempe High School What happened to I?

アートエキスプレス2016
ARTEXPRESS 2016

HSC(Higher School Certificate/日本のセンター試験に当たるNSW州の大学入学統一試験)のビジュアル・アートの科目で、優秀な成績を収めた学生たちの作品展示会が今年も開催。グラフィック・デザイン、絵画、写真、陶芸など、未来のプロ・アーティストたちの初期作品に出合えるかもしれない。

▼会場:Lower level 3, Art Gallery of New South Wales(Art Gallery Rd., The Domain)
▼日時:開催中~5月15日(日)
▼料金:入場無料
▼Tel: 1800-679-278
★Web: www.artgallery.nsw.gov.au/exhibitions/artexpress-2016

Mella Jaarsma, 'Until Time is Old', 2014, sea urchins, stainless steel, thread, clips, fabric, 80 x 280 x 150 cm. Courtesy the artist. Photograph- Mie Cornoedus
Mella Jaarsma, ‘Until Time is Old’, 2014, sea urchins, stainless steel, thread, clips, fabric, 80 x 280 x 150 cm. Courtesy the artist. Photograph- Mie Cornoedus

第20回ビエンナーレ・オブ・シドニー
Biennale of Sydney

2年に一度、約3カ月にわたり国内外の数十組のアーティストが参加するオーストラリア最大規模の現代アートの祭典が開催中。市内の有名ギャラリーや美術館、コカトゥー島、そして路上のスペースなどに現代アート作品がいくつも展示され、無料で楽しめる。今年、日本人アーティストとしては中村裕太氏(展示:Carriageworks)、篠田太郎氏(NSW州アート・ギャラリー)、塩田千春氏(コカトゥー島)の作品の他、アート集団Chim ↑ Pom発案の福島でのプロジェクト「Don’t Follow the Wind」(Carriageworks)の展示も。特集ページ(P52)を参考に出かけてみよう。

▼会場:シドニー各地
▼日時:開催中~6月5日(日)
▼料金:無料
▼Tel: (02)8484-8700
★Web: www.biennaleofsydney.com.au

 


BALLET


©Justin Rider
©Justin Rider

白鳥の湖
Swan Lake

2012年に50周年を迎えたオーストラリア・バレエ団による公演。同バレエ団設立時(1962年)の記念すべき初舞台も、同じ「白鳥の湖」だった。振り付けはステーヴン・ベインズ、セット・デザインと衣装はヒュー・コルマン。恋と魔法に翻弄されるオデット姫とジークフリートの美しい物語を、白鳥たちのチュチュと照明が織り重なりあでやかに演出する。

▼会場:Joan Sutherland Theatre, Sydney Opera House
▼日程:4月1日(金)~20日(水)
▼時間:日程により異なる
▼料金:一般$43~244、シニア$43~222、27歳以下$43~212、フルタイム学生$43~192、18歳未満$43~171
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/tab_swan_lake_2016.aspx

©Justin Rider
©Justin Rider

ヴィティス
Vitesse

世界的振付師クリストファー・ウィールドン、イリ・キリアンとウィリアム・フォーサイスによるコンテンポラリー・バレエの上演。タイトルとなったウィールドンの「Danseà Grande Vitesse(フランス語で高速ダンスの意)」と、キリアンの「Forgotten Land」、そしてフォーサイスの「Middle」の3作品。スピードとダイナミックな動きを大胆に取り入れた、コンテンポラリー作品ならではの魅力を、この機会に楽しんで。

▼会場:Joan Sutherland Theatre, Sydney Opera House
▼日程:4月26日(火)~5月16日(月)
▼時間:日程により異なる
▼料金:一般$43~234、シニア$43~212、フルタイム学生$43~182、18歳未満$43~161
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/tab_vitesse_2016.aspx

 


CINEMA



ピクニック・シネマ
PicNic Cinema

屋外シネマと世界のストリート・フード・フェアを同時開催。映画はアジア、アメリカ、ヨーロッパ、中東など世界各国から集めた31作品。野外でダブル・ベッドに寝転んで映画が鑑賞できるという、遊び心いっぱいの演出が魅力だ。ストリート・フード・フェアは入場無料。こちらも世界中のB級グルメが集まる。

▼会場:Prince Alfred Park, Parramatta
▼日時:4月8日(金)~23日(土)4:30PM~10PM ※映画は作品により異なる
▼料金:一般$19.90、コンセッション$15.90、子ども$12.90、フードフェアは入場無料
★Web: picniccinema.com


スペイン映画祭
Spanish Film Festival

毎年恒例のパレス・シネマズのスペイン語映画祭。スペインと南米からのオープニングはコメディー作品『Spanish Affair2』。他にコメディーは『Isla Bonita』『Sidetracked(Las ovejas no pierdenel tren)』など。コロンビアからはアカデミー賞にノミネートされた『Embrace of the Serpent』、アルゼンチンの『The Clan(EL CLAN)』なども。

▼会場:Palace Norton St(99 Norton St., Leichhardt)/Palace Verona(17 Oxford St., Paddington)
▼日程:4月12日(火)~5月1日(日)
▼時間:作品により異なる
▼料金:一般$19、コンセッション$11
▼Tel: (02)9564-5620(Leichhardt)/(02)9360 6099(Paddington)
★Web: www.spanishfilmfestival.com

 


FESTIVAL



シドニー・コメディー・フェスティバル
Sydney Comedy Festival

笑いの祭典が今年もシドニーにやって来る! テレビでおなじみのオーストラリアの人気コメディアンたちはもちろん、海外からも多くのアーティストが参加する。タウンホール会場は既に完売だが、他会場は販売中だ。スタンドアップ・ショーの他にも演劇や音楽、映画や家族向けのショーなど、多彩なイベントがシドニー各地で開催される。各出演者の芸風は、公式サイトの動画でもチェックできるので、これを機にお気に入りのお笑いタレントを見つけてみよう。

▼会場:シドニー各地
▼日程:4月17日(日)~5月15日(日)
▼時間・料金:公演により異なる
▼Tel: (02)9020-6966
★Web: www.sydneycomedyfest.com.au


国際言語文化祭
International Festival of Language and Culture

2003年にトルコで始まった国際言語文化祭。オーストラリアはもちろん、日本を含むアジア、アフリカ、ヨーロッパ、南米など、世界各国の生徒・学生たちがさまざまな文化の踊りや歌、演奏などをオペラハウスで披露する。オーストラリアらしい多様性を楽しみに出かけよう。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:4月17日(日)7:15PM
▼料金:$20~40
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/international_festival_of_language_and_culture.aspx


ブッダズ・バースデー・フェスティバル
Buddha’s Birthday Festival

お釈迦様の誕生日を祝う仏教のお祭り。ベジタリアン料理の屋台やクラフト・ショップ、ステージ・パフォーマンス、メディテーション、洗礼式など、仏教行事や文化をより身近に楽しむことができる。もちろんバルーン・アートなど家族向けのお楽しみも。

▼会場:Tumbalong Park , Palm Grove and VillageGreen, Darling Harbour
▼日時:5月7日(土)9AM~6PM、8日(日)9AM~4PM
▼料金:入場無料
▼Tel: (02)4272-0600/(02)9893-9390
★Web: www.darlingharbour.com/whats-on/buddhas-birthday-festival

 


MUSIC


Photo: James Dimmock
Photo: James Dimmock

ジョシュ・グローバン・コンサート
Josh Groban

歌手でシンガー・ソング・ライターのジョシュ・グローバンと、シドニー交響楽団の共演コンサート。2001年11月にアルバム「ジョシュ・グローバン」をリリースしデビュー。その後もヒット・アルバムを多数リリースし、俳優としても人気ドラマや映画に出演するなど多岐にわたり活躍。デビュー・アルバムに加え「アウェイク」「イルミネーション」「オール・ザット・エコーズ」そして最新アルバム「ステージ」からのヒット・ナンバーを、オーケストラの演奏でゴージャスにお届け。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:4月19日(土)~23日(日)8PM
▼料金:ゴールド$183.50、シルバー$152.90、ブロンズ$132.50
▼Tel: (02)8215-4600
★Web: www.sydneysymphony.com/production-pages/2016/commercial-season/josh-groban.aspx

 


THEATRE


©Jeff Busby
©Jeff Busby

ジョージー・ガール ザ・シーカーズ・ミュージカル
Georgy Girl The Seekers Musical

1962年にオーストラリアで結成されたコーラス・グループ「ザ・シーカーズ」の物語。太めでおとなしく、コンプレックスだらけだが、実は美しい声の持ち主のジュディスが、男性3人のメンバーとともに「ザ・シーカーズ」を結成し、人気を博していく。地元のオーストラリアで成功を収めたシーカーズは、イギリスへ渡り、さらには世界のポップ・シーンへ活躍の場を広げていく。タイトルの「ジョージー・ガール」は1965年のヒット曲。

▼会場:The State Theatre(49 Market St., Sydney)
▼日時:4月2日(土)~5月15日(日)
▼料金:$65~140
★Web: www.georgygirlthemusical.com


リプレイ
Replay

パトリック・ホワイト賞受賞者の戯曲作家フィリップ・カバナー最新作。過去をもう一度やり直すこと(Replay)ができたら。誰しも一度は、そんな思いを持ったことがあるのでは。幼い頃、兄のマイケルが亡くなるところを見たジョンとピーターだが、2人の記憶はどこか食い違っていた。過去を調べていくうちに、2人は思いがけない衝撃の事実に面することになる。

▼会場:SBW Stables Theatre(10 Nimrod St., Kings Cross)
▼日程:プレビュー4月2日(土)~6日(水)、本シーズン4月9日(土)~5月7日(土)
▼時間:日程により異なる
▼料金:一般$55、プレビュー/コンセッション/シニア$43、35歳未満$35
▼Tel: (02)9361-3817
★Web: www.griffintheatre.com.au/whats-on/replay

Photo: Almeida Theatre
Photo: Almeida Theatre

チャールズ王3世
King Charles III

ロンドンのアルメイダ劇場プロダクションによる戯曲作品の公演。「英国エリザベス女王が亡くなり、チャールズ皇太子が王位についた英国が、その後どうなったか」という(当然のことながら)架空の設定に基づいた戯曲で、カミラ夫人、ウィリアム王子、キャサリン王妃、ハリー王子ももちろん登場する。王位継承者としての運命と責任を受け入れたチャールズ「国王」と、新しい英国王を取り巻くロイヤル・ファミリーや英国社会を描く。

▼会場:Roslyn Packer Theatre
▼日時:プレビュー開催中~4月2日(土)、本シーズン4月4日(月)~30日(土)
▼時間:日程により異なる
▼料金:一般$94~116、コンセッション$84、シニア$95、プレビュー$80、30歳未満$84
▼Tel: (02)9250-1777
★Web: www.sydneytheatre.com.au/whats-on/productions/2016/king-charles

Photo: James Green
Photo: James Green

花粉熱
Hay Fever

英国の戯曲作家ノエル・カワードの1925年のコメディー作品『ヘイ・フィーバー(花粉熱)』。ロンドン郊外に暮らすブリス一家4人は、とにかく破天荒で悪びれるということを知らない。田舎の豪邸に優雅に暮らし、週末になると4人がそれぞれの客人を自分勝手に招いては、何も知らない客たちを、めちゃくちゃなメロドラマに巻き込んでいく。

▼会場:Sydney Opera House
▼日程:プレビュー4月11日(月)~14日(木)、本シーズン4月16日(土)~5月21日(土)
▼料金:一般$98~104、コンセッション$78、プレビュー$76、シニア$89、30歳未満$78
▼Tel: (02)9250-1777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/stc_2016_hay_fever.aspx

 


GOURMET



インターナショナル・ワイン・フェア
International Wine Fair

ワイン・ソサエティーが主催する一般向けの週末ワイン・フェア。誰でも気軽に参加しワイン・テイスティングができ、しかも入場無料。フランス、イタリア、ニュージーランド、南米、そしてもちろんオーストラリアのおいしいワインをエキスパートのアドバイス付きで試飲することができる。食事とのマッチングや最新のワイン・トレンドもぜひチェックしてみて。

▼会場:Wine Societ y The Cellar Door(66 Bay St., Ultimo)/6 Denawen Ave., Castle Cove
▼日時:<Ultimo>4月8日(金)4PM~8PM、<Castle Cove>9日(土)2PM~6PM
▼料金:入場無料
▼Tel: <Ultimo>(02)9431-4040、<Castle Cove>(02)9417-4000
★Web: www.winesociety.com.au/winefair


オレンジ・フード・ウィーク
Orange F.O.O.D Week

今年で25年目となる、ワインの名産地オレンジで開かれるフード・フェスティバル。シドニーから車で約3時間半、標高による冷涼な気候を生かしたワイン作りで知られるオレンジ。近隣のマッジーやカウラなどからの名産品も合わせ、マーケットや屋外ディナーなど、地元の生鮮食品やワインを存分に楽しめるさまざまな催しが、昼から夜まで開かれる。時には都会の喧騒を離れてオーストラリアの自然の恵みを楽しんでみよう。

▼会場:Orange各地
▼日程:4月8日(金)~17日(日)
▼時間・料金:催しにより異なる
▼Tel: (02)6360-1990
★Web: orangefoodweek.com.au

 


MEMORIAL



アンザック・デー・マーチ
Anzac Day March

1915年4月25日は第1次世界大戦でオーストラリア・ニュージーランド連合軍(ANZAC)が、イギリス軍と共にトルコ軍を突破するため、トルコのガリポリへ上陸した日。作戦は失敗し、結果多くの犠牲者を出すこととなった。オーストラリアの人々にとって、この日は悲劇の記念日である。現在では過去全ての戦争の戦没者への慰霊と帰還兵への労いの日となっており、シドニーでは軍服姿の退役軍人たちによる行進が行われる。この他、オーストラリア全土で記念式典などが予定されている。

▼会場:Cnr. Pitt St. and Martin Place
▼日程:4月25日(月)
▼時間:9AM~12:30PM
▼料金:無料
★Web: www.sydney.com/events/anzac-day-march

 


SPORTS



アンザック・デー・チャレンジ
Anzac Day Challenge

舗装された道路から外れ、山道を走るトレイル・ラン。張り出した木の根や枝、窪みや傾斜など、通常のマラソン以上に路面や周囲を意識しながらのレースとなる。長距離走からの更なるチャレンジを求めている人にお薦めのレースだ。距離は25キロ、40キロ、65キロ、そして最大の難関は100キロの制限時間24時間の「アンザック・デー・チャレンジ」。自分の体力に合わせて挑戦してみよう。

▼会場:St. Ives Showground(450 Mona Vale Rd., StIves)
▼日程:4月23日(土)
▼時間:受付開始4:30AM
▼料金:25キロ$100、40キロ$130、65キロ$195、100キロ$325
▼Tel: 0438-038-005
★Web: www.anzacdaychallenge.com.au/biganzac/index

©Fairfax Media
©Fairfax Media

シドニー・モーニング・ヘラルド・ハーフ・マラソン
The Sydney Morning Herald Half Marathon

初心者からエリート・ランナーまでに人気のハーフ・マラソン。聖メアリー大聖堂、ハーバー・ブリッジ、オペラハウス、王立植物園などシドニーの美しい建造物や景色を肌で感じられる21キロとなっている。ハイド・パーク近くでスタートしゴールする。14キロと7キロに分けたリレー参加や、他の多くのマラソン大会と同様、さまざまなチャリティーのための募金活動として参加することも可能。

▼会場(スタート地点):College St., Sydney(聖メアリー大聖堂横)
▼日時:5月15日(日)6:45AMスタート
▼料金:一般$105~120、リレー・エントリー$130~140
★Web: smhhalfmarathon.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る