【1月】シドニー・イベント/オーストラリア・デー、野外映画祭他

シドニー・フェスティバル、オーストラリア・デーなどイベント目白押し! ©Destination NSW

シドニー・フェスティバル、オーストラリア・デーなどイベント目白押し! ©Destination NSW

■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■KIDS向けイベント紹介は、こちらでご紹介しています。


FESTIVAL


Photo: Jamie Williams
Photo: Jamie Williams

シドニー・フェスティバル
Sydney Festival 2017

シドニー各所を会場に毎年開かれるアートや音楽の祭典。今年は150ものプログラムが予定されており、そのうち73が無料イベント。15カ国から1,021人ものアーティストが参加するということからもイベントの規模の大きさが伺えるはず。今年はNick Cave & The Bad SeedsやPJ Harveyなどのビッグ・ネームのライブや、話題の舞台作品も目白押し。フェスティバルのハブとなるハイド・パークでの「Meriton Festival Village」ではお祭り気分のフード屋台も。プログラム詳細は「シドニー・フェスティバル2017お薦めプログラム15選」特集を参照。

▼会場:シドニー市内各所
▼日時:1月7日(土)~29日(日)
▼時間・料金:プログラムにより異なる
▼Email: mail@sydneyfestival.org.au
★Web: www.sydneyfestival.org.au

©Parkes Elvis Festival
©Parkes Elvis Festival

パークス・エルビス・フェスティバル
Parkes Elvis Festival

1993年から毎年1月に開催されている、エルビス・プレスリーの音楽を楽しむフェスティバル。会場はシドニーから車で西へ約5時間のパークス地区だが、昨年は2万2,000人が訪れたほどの人気イベント。開催25周年となる今回はエルビス出演の映画『ビバ・ラスベガス』(1964年)をテーマに、エルビスのトリビュート・ライブやそっくりさんコンテストなど、約120ものプログラムが満載となっている。エルビス・ファン垂涎(すいぜん)の5日間を楽しもう。

▼会場:Newell Hwy., Parkes NSW
▼日程:1月11日(水)~15日(日)
▼時間・料金:プログラムにより異なる
▼Email: elvis@parkes.nsw.gov.au
★Web: www.parkeselvisfestival.com.au

©Hamilton Lund; Destination NSW
©Hamilton Lund; Destination NSW

チャイニーズ・ニュー・イヤー2017
Chinese New Year 2017

アジアの国で多く使われている旧暦(太陰暦のカレンダー)。その旧暦のお正月「チャイニーズ・ニュー・イヤー」を祝う催しが今年もシドニー各所で開かれる。今年の旧正月である1月28日(土)を含む期間中、ピアモントでの「チャイニーズ・ニュー・イヤー・マーケット」や、ダーリング・ハーバー近くの中国庭園でのセレモニーの他、チャイナタウンでは中国の獅子舞のパレードや演武パフォーマンスなど、華やかでエキゾチックなプログラムが楽しめそう。詳細はウェブサイトで発表される。

▼会場:シドニー各所
▼日程:1月17日(火)~2月12日(日)
▼時間・料金:イベントにより異なる
★Web: whatson.cityofsydney.nsw.gov.au/major-events/chinese-new-year-festival

©Destination NSW
©Destination NSW

オーストラリア・デー
Australia Day

1788年のイギリスの第1船団がシドニー・ハーバーに到着した日を記念した祝日で、オーストラリア全土を上げてさまざまな祝典が催される。シドニーでは40隻ものボートでの「ハーバー・パレード」、フェリーによるマラソン「フェリーソン」、オペラ・ハウスや市内各所での音楽ライブ、小型機による航空ショー、先住民アボリジニーの人びとによるセレモニー、そして新たに市民権を獲得した人のための式典なども行われる。

▼会場:オーストラリア全土
▼日程:1月26日(木)
▼時間・料金:プログラムにより異なる
▼Email: info@australiaday.org.au
★Web: www.australiaday.org.au

 


PERFORMANCE


Photo: Paul Brown
Photo: Paul Brown

白A「テクノ・サーカス」公演
SIRO-A Techno Circus

テクノ・サウンドとカラフルな光のプロジェクション・マッピングの中で、白塗りのパフォーマーたちがミステリアスな世界を繰り広げるSIRO-A(白A)の公演。日本出身のSIRO-Aは世界各地での公演で人気を集め、テレビ番組「アメリカズ・ゴット・タレント」出演時にゴールデン・ブザーを獲得した様子はYouTube動画でも見ることができる。スピード感溢れるステージ展開は息もつかせぬほどスリリング。「映像×人間」のパフォーマンス集団SIRO-Aシドニー公演にインタビューも掲載。

【読者プレゼント】
同公演1月13日(金)8PMの鑑賞チケットを3組6名様にプレゼント。応募は下記ウェブサイトから。応募締切は1月8日(日)。
Web: nichigopress.jp/campaign

▼会場:The Concourse, 409 Victoria Ave., Chatswood
▼日程:1月10日(火)~29日(日)
▼時間:日程により異なる
▼料金:一般$29~99
▼Tel: (02)8075-8111
★Web: theconcourse.com.au/siro-a

Photo: Gianmarco Bresadola
Photo: Gianmarco Bresadola

エンカウンター
The Encounter

3Dオーディオ技術を駆使した音響とポエトリー・リーディングに、パフォーマンスを組み合わせた前衛的なステージ。ルーマニア系アメリカ人の作家ペトル・ポペスクの『The Encounter: Amazon Beaming』からインスピレーションを得て作られた同公演では、観客はヘッドフォンを装着し、頭の中に直接語りかけるようなサウンドと目の前のステージに集中することができる。ブロードウェーなどでも注目を浴びた摩訶不思議なパフォーマンスを体験してみよう。対象年齢12歳以上。

▼会場:Sydney Opera House
▼日程:1月18日(水)~28日(土)
▼時間:日程により異なる
▼料金:月~木$77~96、金~日$81~110
▼Email: mail@sydneyfestival.org.au
★Web: www.sydneyfestival.org.au/2017/the-encounter/?q=Encounter

 


MUSIC



シンフォニー・アンダー・ザ・スターズ
Symphony Under the Stars – The Domain

シドニー・フェスティバルの目玉公演の1つ、野外で楽しむ無料クラシック・コンサートが今年も開催。モーツァルトの「協奏交響曲」やエルガーの「エニグマ変奏曲」、チャイコフスキーの「1812年(序曲)」などを、夏の星空の下でオーケストラが奏でる。会場となるザ・ドメインにはフード屋台なども出店し、ピクニック気分で参加できる。例年混み合うので、早めに場所取りをしてゆったり楽しもう。1月28日にはパラマタでも開催。

▼会場:The Domain(Art Gallery Rd., Royal Botanic Gardens, Sydney)
▼日時:1月14日(土)8PM
▼料金:無料
▼Email: mail@sydneyfestival.org.au
★Web: www.sydneyfestival.org.au/2017/symphony-under-the-stars-domain


アマンダ・パーマーとの夕べ
An Evening with Amanda Palmer

アメリカのシンガー・ソングライター、アマンダ・パーマーが5 年ぶりにシドニーで公演。「パンク・キャバレーの女王」とも称され、息子の誕生や親友の死などを超え、著書『The Art of Asking(お願いするということ)』の出版やTEDでの講演などで更なる魅力を打ち出す彼女の「今」をオペラ・ハウスで披露する。今回は約2時間のソロ公演で、ロック・バンド「ドレスデン・ドールズ」時代の名曲から最新曲まで、独自の歌の世界を堪能できる。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:1月21日(土)8PM
▼料金:$49~89
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/amanda_palmer_2017.aspx


ナイジェル・ケネディ「四季」公演
Nigel Kennedy – Vivaldi: The New Four Seasons + Dedications

世界的バイオリニスト、ナイジェル・ケネディによるビバルディ「四季」のオペラ・ハウス公演。クラシックにとどまらない自由な表現を得意とし、ポップやジャズなどにクロス・オーバーした幅広い音楽性が特徴だ。ケネディが1989年に録音した「四季」はクラシック音楽を変えたとも言われ、クラシック作品として史上最高の売上(200万枚以上)を誇りギネス・ブックにも記録されたほど。今回の公演では新たな解釈の演奏で心を震わせてくれそう。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:1月27日(金)、28日(土)7PM
▼料金:$89~179
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyoperahouse.com/whatson/nigel_kennedy_2017.aspx

Photo: Maclay Heriot
Photo: Maclay Heriot

トワイライト・アット・タロンガ
Twilight at Taronga

タロンガ動物園で開催される、シドニーの夏のコンサート・シリーズが今年もやって来る。毎年豪華なミュージシャンのラインアップが話題のイベントで、再結成したオーストラリア発の世界的メジャー・バンド「JET」や、スコットランド・グラスゴー出身のオルタナ・バンド「Teenage Fanclub」、メルボルン出身の「The Living End」、名トランペッターのジェイムズ・モリソン率いる「JAMES MORRISON BIG BAND」など、今年も話題のライブが目白押し。一部チケットは既に売り切れとなっているので予約はお早めに。

▼会場:Taronga Zoo(Bradleys Head Rd., Mosman)
▼日時:1月27日(金)~3月11日(土)
▼時間・料金:日程により異なる
▼Email: help@tixsupport.com
★Web: twilightattaronga.org.au

 


EXHIBITION


Auguste Rodin 'The kiss' 1901‒04, Tate: Purchased with assistance from the Art Fund and public contributions 1953. Image © Tate, London 2016

「ヌード」展
Nude – art from the Tate collection

ロンドンのテート美術館のコレクションから、「ヌード」をテーマにした約100作品を展示。その中でも、官能的な愛を表現したロダンの大理石彫刻「The Kiss」はこれまで門外不出とされていた作品なので必見。この他にもピカソ、マティス、ボナールなど名立たる芸術家たちの絵画、彫刻、写真、版画作品などが一堂に会する。人間の裸をモチーフにした作品は古くから物議をかもすものとして扱われてきたが、今回の2世紀にわたる作品の展示では、その表現の変遷も知ることができる。

◀◀◀Auguste Rodin ‘The kiss’ 1901‒04, Tate: Purchased with assistance from the Art Fund and public contributions 1953. Image © Tate, London 2016

▼会場:Art Gallery of New South Wales
▼日時:開催中~2月5日(日)10AM~5PM(水曜は10PM閉館)
▼料金:大人$24、コンセッション$21、メンバー$18、家族(大人2人+子ども2人)$62、11歳以下無料
▼Tel: 1800-679-278
★Web: www.artgallery.nsw.gov.au/exhibitions/nude

 


THEATRE


Photo: Simon Pynt
Photo: Simon Pynt

ザ・シーズン
The Season

アボリジニの脚本家ネイサン・メイナードが、「文化と国」をテーマに、家族間の亀裂と愛を笑いたっぷりに描く舞台公演。年に1度のマトン・バードの狩猟時期に合わせて、オーストラリア本土とタスマニアの間のバス海峡にあるドッグ島に集まった家族だが、今年はいつもと何かが違っていた……。世界初となる同作の上演は、映画『シークレット・リバー』の俳優トレバー・ジェイミーソンなどの出演でも注目が集まる。

▼会場:Sydney Opera House
▼日程:1月10日(火)~15日(日)
▼時間:日程により異なる
▼料金:$45~60
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: www.sydneyfestival.org.au/2017/the-season/?q=The%20season

 


OPERA


©Opera Australia
©Opera Australia

オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師」
Cavalleria Rusticana / Pagliacci

古典作品の2本立て公演で、今年のオペラ鑑賞をスタートしよう。1幕物の「カヴァレリア・ルスティカーナ」は、シチリア山間部の人びとの貧しい暮らしや三角関係のもつれを発端として起こる決闘と殺人を描くヴェリズモ・オペラ(リアリズム作品)。同じくヴェリズモ・オペラの名作、2幕物の「道化師」は旅回りの一座を中心に人びとの愛憎を表現する。

▼会場:Sydney Opera House
▼日程:1月12日(木)~2月4日(土)
▼時間:日程により異なる
▼料金:$45~338
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: opera.org.au/whatson/events/cavalleria-rusticana-pagliacci-sydney

©Opera Australia
©Opera Australia

オペラ「ロジェ王」
King Roger

ポーランドの作曲家、カロル・シマノフスキによって作られた、12世紀のシチリア国王を題材とした3幕物のオペラ公演。ギリシア神話に登場する豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスが、美しい羊飼いに変身して登場したことにより、シチリア王室内に動揺と混乱が広がる。多様な文化が混在する時代のシチリアの様子をオペラで味わおう。

▼会場:Sydney Opera House
▼日時:1月20日(金)、28日(土)、31日(火)、2月2日(木)、4日(土)7:30PM
▼料金:$45~338
▼Tel: (02)9250-7777
★Web: opera.org.au/whatson/events/king-roger-sydney

 


SPORTS



シドニー・モーニング・ヘラルド「サン・ラン」
The Sydney Morning Herald Sun Run

シドニー・モーニング・ヘラルド紙が主催する、2月のスポーツ・イベントの1本目は毎年恒例のランニング大会、サン・ラン。まだ涼しい夏の朝に、ディー・ワイ・ビーチ近くからスタートし、マンリー・ビーチでゴールする。7キロと10キロから選ぶことができ、アップ・ダウンのあるコース。翌日に開催される水泳大会コール・クラシックや他のマラソン・イベントと同様に、チャリティーとしてエントリーすることもできる。

▼会場:Dee Why Beach – Manly Beach
▼日時:2月4日(土)5:45AM開場
▼料金:<7キロ>大人$40、5~15歳$30、4歳以下無料、<10キロ>大人$50、車いす$50、5~15歳$40、4歳以下無料
★Web: sunruncoleclassic.com.au

©Fairfax Media
©Fairfax Media

シドニー・モーニング・ヘラルド「コール・クラシック」
The Sydney Morning Herald Cole Classic

ランニング・イベント「サン・ラン」の翌日に開催される、海での水泳大会。景色の美しいマンリーのシェリー・ビーチからスタートし、1キロ、2キロ、5キロのいずれかのコースを泳いで戻りゴールする。平均タイムに最も近い時間でゴールした参加者には、ハワイアン航空のフライト・チケットが当たるうれしいサプライズも。サン・ランの参加費と併せてパッケージ購入もできるので、連日の挑戦に自信のある方はぜひ。

▼会場:Shelly Beach, Manly
▼日時:2月5日(日)6AM開場
▼料金:<1キロ>大人$45、9~15歳$30、<2キロ>大人$55、13~15歳$40、<5キロ>大人のみ$75、<1+2キロ>大人$90、13~15歳$60
★Web: sunruncoleclassic.com.au

©SMP Images
©SMP Images

アピア・インターナショナル・シドニー
Apia International Sydney

テニスの世界4大大会である全豪オープンの前哨戦と言われるアピア・インターナショナルが今年も開催。大会はシドニー・オリンピック・パーク・テニス・センターで、日中6試合と夜4試合の計10試合が行われる。レイトン・ヒューイットやマーク・フィリプーシス、ディラン・アルコット、国枝慎吾など名だたる選手たちの勇姿を生で観に行こう。

▼会場:Sydney Olympic Park Tennis Centre(Rod Laver Dr., Sydney Olympic Park)
▼日程:1月8日(日)~14日(土)
▼時間:試合により異なる
▼料金:大人$20~129、コンセッション$15~89、子ども(3~14歳)$0~15他
▼Tel: 1300-888-104
★Web: www.apiainternational.com.au

 


FILM



フリッカーフェスト2017
Flickerfest 2017

今年で26回目を迎える国際的な短編映画祭、フリッカーフェスト。国内外から集められた注目作と、2,400もの応募作の中からコンペティションを勝ち抜いた優秀作品が10日間にわたりボンダイ・ビーチに面したボンダイ・パビリオンの内外で上映される。子ども向けの「フリッカーズ・キッズ」作品以外の鑑賞には、15歳未満の場合は大人の同伴要。

▼会場:Bondi Pavilion, Queen Elizabeth Dr., Bondi Beach
▼日程:1月6日(金)~15日(日)
▼時間:作品により異なる
▼料金:一般$19.50、コンセッション$17.50、<3セッション・パス>一般$50、コンセッション$45、<フリッカーズ・キッズ>大人$10、子ども$10、家族(4人)$25
▼Email: coordinator@flickerfest.com.au
★Web: flickerfest.com.au


セント・ジョージ・オープンエア・シネマ
St. George’s OpenAir Cinema

オペラ・ハウスやハーバー・ブリッジを一望できる王立植物園のミセス・マッコーリー・ポイントでの野外映画上映イベント。海を背に設置されたスクリーンで、『Lion』『Why Him?』『Allied』『Fantastic Beasts and Where to Find Them』など新作や話題作を楽しめる。シドニー湾の夜景と爽やかな海風にワインやシャンパンをプラスして、優雅な映画鑑賞の夕べを過ごそう。人気イベントにつきチケット予約はお早めに。

▼会場:Royal Botanic Garden Sydney(Mrs. Macquaries Rd., Sydney)
▼日程:1月7日(土)~17日(金)
▼時間:作品により異なる
▼料金:一般$38、コンセッション$36
▼Tel: 1300-366-649
★Web: www.stgeorgeopenair.com.au


ベン&ジェリーズ・オープンエア・シネマ(ボンダイ)
Ben & Jerry’s Openair Cinemas – Bondi

アイスクリームの「ベン&ジェリーズ」が主催する野外映画上映イベントで、シドニーではインナー・ウエストでの開催に引き続きボンダイ・ビーチで開催。『Rogue One: A Star Wars Story』『Queen of Katwe』『Trolls』『Collateral Beauty』他、気になる作品が目白押し。毎週日曜のアイスクリーム付きの“サンデー”・セッションもお見逃しなく。

▼会場:Bondi Pavilion, Queen Elizabeth Dr., BondiBeach
▼日程:1月19日(木)~2月26日(日)
▼時間:作品により異なる
▼料金:一般$20~27、コンセッション$18~23、スター・ラウンジ(ワイン、ビーン・チェア、ブランケット付き)$40~45
★Web: openaircinemas.com.au/bondi/home

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る