【3月】シドニー・イベント/シドニー・デザイン・フェスティバル、リレー・フォー・ライフ他

©Ben Marden
©Ben Marden

■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■KIDS向けイベント紹介は、こちらでご紹介しています。

ART

アートエクスプレス
ARTEXPRESS 2019

©MASS MoCa
©MASS MoCa

NSW州立美術館で2005年から始まり、今年で15回目を迎える「アートエクスプレス」。日本のセンター試験に当たる大学入学統一試験HSC(Higher School Certificate)のビジュアル・アート科目で優秀な成績を収めたNSW州の学生の作品が展示される。陶芸から絵画、グラフィック・デザイン、彫刻などさまざまな分野の作品が一堂にそろうので見どころ満載だ。入場無料のため、気軽に足を運んでみてはいかがだろうか。

▼会場:Art Gallery of New South Wales(Art Gallery Rd., Sydney)
▼日時:開催中~4月28日(日)10AM~5PM(水曜のみ10PMまで開館)
▼料金:無料
★Web: www.artgallery.nsw.gov.au/exhibitions/artexpress-2019

ザ・ナショナル2019:ニュー・オーストラリアン・アート
The National 2019: New Australian Art

©Eugenia Lim
©Eugenia Lim

オーストラリアにおける現代アートの最新版がシドニーに集結する。「The National」は2017年、19年、21年の3年間で構成されており、今回はその第2幕となる。国内で活躍するアーティストはもちろん、海外で活動するオーストラリア人アーティストの作品を、シドニー市内にある「NSW州立美術館」「キャリッジワークス」「オーストラリア現代美術博物館」の3会場で鑑賞することができる。絵画、映像、彫刻、インスタレーション、パフォーマンスなど、オーストラリアで最先端の現代アートを感じよう。

▼会場:Art Gallery of New South Wales(Art Gallery Rd., Sydney)、Carriageworks(245 Wilson St., Eveleigh)、Museum of Contemporary Art Australia(140 George St., The Rocks)
▼日程:3月29日(金)~6月21日(金)
▼時間:場所により異なる
▼料金:無料
★Web: www.the-national.com.au

シドニー・デザイン・フェスティバル
Sydney Design Festival 2019


国内外の著名なデザイナーの作品が街に溢れる10日間のイベント。パワーハウス・ミュージアムがキュレーションを担当し、ワークショップや展示会、パネル・ディスカッション、インスタレーションなど140にも及ぶさまざまな催しが目白押しだ。今年のテーマは「Accessing Design」。デザイナーが“デザイン”という定義の拡張に挑み、分野や文化の垣根を超えた作品が並んだり、討論が行われたりする。詳細は公式ウェブサイトをチェック。

▼会場:シドニー各所
▼日程:3月1日(金)~10日(日)
▼時間・料金:場所により異なる
★Web: www.sydneydesign.com.au/2019

 

MUSIC

コートヤード・セッションズ
Courtyard Sessions 2019


夜の時間が心地良いこの季節に外でライブ音楽を楽しめるのが、コートヤード・セッションズだ。無料の屋外音楽ライブでは全ての日程で出演者が異なり、3月1日はデュオ・グループ「Z-Star Delta」、8日は「シドニーのブルースのファースト・レディー」と称されるアリス・テリーが登場。15日はシークレット・ゲストになっており、開催直近まで分からないようになっているので気になる人はウェブサイトをチェックしておこう。

▼会場:Seymour Centre(Cnr. City Rd. & Cleveland St., Chippendale)
▼日時:3月1日(金)、8日(金)、15日(金)、3日間共に6PM~9PM
▼料金:無料
★Web: www.seymourcentre.com/events/event/courtyard-sessions-2019

コバルゴ・フォーク・フェスティバル
Cobargo Folk Festival

©Ben Marden
©Ben Marden

コバルゴは、シドニーから南へ約400キロ離れた東海岸近くの地域。毎年4,000人ものフォーク・ソングの愛好家たちが小さな田舎町に集まるフォーク・イベントが今年も開催される。24回目を迎え、40を超えるフォーク・シンガーたちがオーストラリア国内外から集まり同イベントを盛り上げる。歌に限らず、ダンスやコメディー、詩などさまざまな形で表現されるフォークを楽しんでみてはいかがだろうか。

▼会場:Cobargo Showground(Cobargo Folk Festival Venue, Cobargo)
▼日程:3月1日(金)~3日(日)
▼時間:プログラムにより異なる
▼料金:大人$115、子ども(12~17歳)$65、子ども(12歳以下)無料、他チケットあり
▼Email: info@cobargofolkfestival.com
★Web: www.cobargofolkfestival.com

ジ・インターネット
The Internet


アメリカ・ロサンゼルス出身のソウル/R&Bバンドであり、サード・アルバム『Ego Death』がグラミー賞を受賞するなど現在、世界各地で活躍する大人気グループ「ジ・インターネット」がオーストラリア公演にやって来る。ソロ活動だけでなく、音楽プロデューサーとしても活動する唯一の女性ボーカル、シド・ザ・キッドを始め、キーボードのマット・マーシャンズ、若干20歳のギタリスト、スティーブ・レイシーなど、豪華で力強い彼らが放つ音楽に感情を揺さぶられるはず。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日時:3月6日(水)9PM~
▼料金:$69~89
★Web: www.sydneyoperahouse.com/events/whats-on/Contemporary-Music/2019/the-internet-tickets.html

 

CHARITY

ワールド・グレーテスト・シェーブ
World’s Greatest Shave

©Leukaemia Foundation
©Leukaemia Foundation

髪を切って募金活動を行う、白血病など血液系のがん患者のためのチャリティー・イベント。必ず坊主頭にしなければいけないわけではなく、女性ならベリー・ショートにする、男性なら口ひげや胸毛を剃る他、髪の色をオレンジやピンク色に染めたりするなどさまざまな形の参加ができ、切った髪自体をウィッグ用に寄付することができる。

▼会場:NSW州各所
▼日時:場所により異なる
▼料金:無料
★Web: www.worldsgreatestshave.com

リレー・フォー・ライフ
Relay for Life


がんに関わるあらゆる支援を行うキャンサー・カウンシルが主催する、がん患者のためのチャリティー・イベント。10~15人のチームを編成し、最長で24時間交代でトラックを歩き(または走り)続ける。24時間を通してエンターテインメントやアクティビティー、キャンドル・セレモニーなどが用意されている。夜間はテントを張ってキャンプすることが可能。当日の飛び入り参加もできる他、24時間の参加が無理であれば一部だけの参加も受け付けている。

▼会場:NSW州各地
▼日時:場所により異なる
▼料金:一般$25
▼Email: info.metrosydney@nswcc.org.au
★Web: www.relayforlife.org.au

 

EXHIBITION

フェムファクチャー
FEMUFACTURE

©Aki Inomata “I Wear the Dog's Hair, and the Dog Wears My Hair”
©Aki Inomata “I Wear the Dog’s Hair, and the Dog Wears My Hair”

シドニー市内南部にあるジャパンファウンデーションで2月6日から開催されている同展示会では、アナログの技術と現代のテクノロジーやデジタル技術を融合させることをあらゆる切り口で捉え表現する、日本とオーストラリアのアーティストたちの作品が並ぶ。産業資材に着目し作品制作する坂雅子や、照明やテキスタイルなどインテリアに着目するリナ・ベルナベイとケリー・フリーマンのグループなどアーティスト全員が女性となっている。3月7日には「光のアーティスト」として知られる柏原エリナのトーク・ショーも予定されている。

▼会場:The Japan Foundation, Sydney(Level 4, Central Park, 28 Broadway, Chippendale)
▼日程:開催中~3月27日(水)
▼時間:月~木10AM~8PM、金10AM~6PM、土10AM~4PM、日・祝休
▼料金:無料
▼Tel: (02)8239-0055
▼Email: reception@jpf.org.au
★Web: www.jpf.org.au/events/femufacture

シュガー・リパブリック
Sugar Republic

©Party with Lenzo
©Party with Lenzo

甘い物ばかりだけが集められたポップ・ミュージアムが、シドニー市内中心部にある百貨店マイヤー(Myer)の中に期間限定でオープンしている。昨年も開催された同イベントは、可愛らしいディスプレイがインスタ映えする写真が撮れると話題になった。キャンディー・ボールで溢れる部屋やスイーツで飾られたネオン・ディスコなど、カラフルなスイーツが盛りだくさん。メルボルンでも同時開催されている。

▼会場:6th Floor, Myer(436 George St., Sydney)
▼日程:開催中~5月20日(月)
▼時間:月・火・土・日10AM~6PM、木・金10AM~8PM、水休
▼料金:平日入場券$35、週末入場券$39、夜間入場券$39、子ども(3~12歳)$29、2歳以下は入場無料 ※チケットは事前にオンラインで購入が必須
★Web: www.sugarrepublic.com.au

 

OPERA

トゥーランドット
Turandot

©Keith Saunders
©Keith Saunders

プッチーニの人気オペラ『トゥーランドット』が、今年もシドニーで上演中。北京を舞台に、トゥーランドット姫と結婚するために命を賭して3つの謎を解いたカラフは、後に姫に謎かけをすることになる。カラフの有名なアリア『誰も寝てはならぬ』の歌唱にも注目だ。冷酷な姫トゥーランドット役はアンバー・ワグナー、王子カラフ役はアンデカ・ゴロチャテギュイが演じる。一度は観たい名作を、ぜひオペラ・ハウスで。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日時:開催中~3月30日(土)1PM~/7:30PM~
▼料金:$47~327
▼Tel: (02)9318-8200
★Web: www.opera.org.au/whatson/events/turandot-sydney

ウェスト・サイド・ストーリー・オン・シドニー・ハーバー
West Side Story on Sydney Harbour

シェイクスピアの名作『ロミオとジュリエット』を基にしたとされる1950年代のニューヨークを舞台にした物語。2つの不良グループ「ジェッツ」と「シャークス」の抗争の中、ジェッツのリーダー・リフの親友トニーと、敵対するシャークスのリーダー・ベルナルドの妹マリアがある夜、ダンス・パーティーで出会い恋に落ちてからの2日間が描かれている。作詞レナード・バーンスタイン、作曲スティーブン・ソンドハイムによる『Tonight』や『America』も聞き逃せない。また、主演者たちのカラフルなドレスと心かき立てられるダンスにも注目だ。

▼会場:Handa Opera on Sydney Harbour(Mrs Macquaries Rd., Sydney)
▼日時:3月22日(金)~4月21日(日)7:30PM~
▼料金:日程により異なる
★Web: www.opera.org.au/whatson/events/west-side-story-on-sydney-harbour

 

SHOW

オール・アバウト・ウィメン
All About Women

©Aurélie Garnier
©Aurélie Garnier

7年目を迎える「女性」をテーマに掲げるトーク&ディスカッションのイベント。国内外からクリエイター、メディア関係者、フラワー・アーティストなど40人近くのゲスト・スピーカーを迎え、ジェンダーや「#MeToo」などさまざまなテーマでプログラムが用意されている。複数のプログラムのチケットを購入すると割引されるので、たくさんの刺激を受けに行ってみよう。公式ウェブサイトから、過去の同イベントの模様をYouTubeやiTunesなどで見ることができる。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point ,Sydney)
▼日時:3月10日(日)9AM~5:30PM
▼料金:プログラムにより異なる
★Web: www.sydneyoperahouse.com/all-about-women

ペンリス・ワーキング・トラック・ショー
32nd Penrith Working Truck Show


タンク・ローリー、消防車、大型トラックなどのオーストラリア産業を支えるありとあらゆる「働く車」が200台以上も集合する、今年で32年目を迎えるトラック・ショー。シドニー西郊ペンリスに位置する博物館「Museum of Fire」で開催され、ロック・バンド「ウルフ・ブラザーズ」やカントリー歌手のクリスティー・ラムらのパフォーマンスの他、子どもたちが無料で乗り物を堪能できるエリアも設けられる。ぜひ家族で出掛けてみては。

▼会場:Museum of Fire(1 Museum Dr., Penrith)
▼日時:3月31日(日)8AM~4PM
▼料金:大人$35(1人につき16歳以下の子ども3人まで無料)、コンセッション$25
▼Tel: (02)4731-3000
★Web: www.pwts.com.au

 

SPORTS

エーオン・シドニー・インターナショナル・ローイング・レガッタ
AON Sydney International Rowing Regatta


3月25日から31日までの7日間、シドニー・オリンピックで使用された「シドニー・インターナショナル・レガッタ・センター」で競漕(きょうそう)、いわゆるボートの大会が行われる。今年100周年を迎える歴史ある「キングス・カップ」、オーストラリアン・オープン選手権、オーストラリアン・スクール選手権などの複数の大会が期間中に催される。ボート漕ぎ手の勇ましい姿、チームで進む力強さなどを感じてみては。

▼会場:Sydney International Regatta Centre(Gate A, Old Castlereagh Rd., Castlereagh)
▼日程:3月25日(月)~31日(日)
▼料金:一般$20(月~水)、$30(木~土)、$45(日)、ファミリー・パス(4人)$45(月~水)、$70(木~土)、$100(日)
★Web: www.rowingaustralia.com.au

 

THEATRE

ミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』
Charlie and the Chocolate Factory

©Brian Geach
©Brian Geach

ティム・バートン監督の2005年の人気映画『チャーリーとチョコレート工場』が、ミュージカル作品になって帰ってきた!13年に初演されたロンドンのウェスト・エンドでは、当初の興行予定より上演期間が1年近く延長されるほどのヒットとなった同作。ブロードウェイや全米でのツアーを終え、ついにシドニーに上陸する。ブロードウェイ版と同じく、4人の子役がチャーリー役を交替で演じ、ウォンカ役はアメリカ人俳優のポール・スレイドが務める。

▼会場:Capitol Theatre(13 Campbell St., Haymarket)
▼日程:開催中~6月9日(日)
▼時間:日程により異なる
▼料金:$59.9~215
▼Tel: (02)9320-5000
★Web: www.charliethemusical.com.au

ザ・ウルブス
The Wolves


アメリカの劇作家、サラ・デラッペが2016年に書き上げたニューヨークを舞台とした女子高生サッカー・チームの物語。しかし試合の様子が描かれているわけではなく、ウォーミングアップ中に話されるトピックが主題となり、多感な時期を過ごす彼女たちの普段の生活について会話を重ねていく。17年のピューリッツァー賞ドラマ(戯曲)部門でファイナリストに選ばれた同作を、劇場で女子高生たちの声に耳を傾けてみてはいかがだろうか。

▼会場:Belvoir St Theatre(25 Belvoir St., Surry Hills)
▼日程:開催中~3月3日(日)
▼時間:火・水6:30PM~、木1PM~/7:30PM~、金7:30PM~、土2PM~/7:30PM~、日5PM~、月休
▼料金:$30~85
▼Tel: (02)9699-3444
▼Email: mail@belvoir.com.au
★Web: www.belvoir.com.au/productions/the-wolves

 

FESTIVAL

アフリカルチャーズ・フェスティバル
Africultures Festival 2019

©George Zieater
©George Zieater

オーストラリアでアフリカの文化や食を体験できる1日限りのフェスティバルが今年も開催される。音楽、ダンスなどのステージや、アフリカ各国のフード・ストール、カラフルな布製品やアクセサリーなどのショップ、太鼓のワークショップ、キッズ向けのフェイス・ペインティングや仮面作り体験など盛りだくさん。アフリカの風土や文化にインスパイアされたファッションでモデルが練り歩くパレードも必見だ。

▼会場:Wyatt Park(49 Church St., Lidcombe)
▼日時:3月9日(土)11AM~6PM
▼料金:入場無料
★Web: www.africultures.com.au

マッドフェスト・シドニー
MadFest Sydney 2019


今年も日本のアニメや漫画などのポップ・カルチャーをオーストラリアで存分に楽しむことができるフェスティバル「MadFest」がシドニーを始め、メルボルン、ブリスベン、パースの各都市で開催される。クリエイターによる出展ブースやコスプレ・イベントの他、シドニーでは『アナと雪の女王』の日本語吹き替え版でアナの子ども時代を務めた諸星すみれ、漫画原作でテレビ・アニメも放映される『弱虫ペダル』の青八木一(あおやぎはじめ)役の松岡禎丞(よしつぐ)ら日本の声優陣も多数ゲスト出演する。

▼会場:ICC Sydney Convention Centre(14 Darling Dr., Sydney)
▼日時:3月16日(土)10AM~6PM、17日(日)10AM~5PM
▼料金:サタデー・パス/サンデー・パス$42.63、ウイークエンド・パス$63.40、他チケットあり
★Web: www.animefestival.com.au/conventions/sydney-2019

 

FILM

オーシャン・フィルム・フェスティバル・オーストラリア
Ocean Film Festival Australia


「海」をテーマにした短編~中編作品を上映する映画祭。海の自然環境、海洋生物、マリン・スポーツ、ビーチ・カルチャー、海洋愛好家などのトピックを含む作品を、トータル200分前後にわたり楽しむことができる。作品のスタイルもエンターテインメントや啓蒙、インスピレーションを与えるものまでさまざま。オーストラリア全域で会場を設定し、シドニーや近郊でも数カ所で上映されるので、それぞれの日程や料金は公式ウェブサイトで確認を。

▼会場:Seymour Centre(Cnr. City Rd. & Cleveland St., Chippendale)他
▼日時:3月8日(金)・9日(土)、両日共に7PM~10PM
▼料金:大人A席$36、子どもA席$28、団体A席(10人以上のグループ、1人当たり)$32、大人B席28ドル、子どもB席$26
▼Tel: (02)9351-7940
★Web: www.oceanfilmfestivalaustralia.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る