【6月】シドニー・イベント/パラマタ日本祭、スパノバ、ステート・オブ・オリジン他

Photo:Aranxa Esteve on Unsplash
Photo:Aranxa Esteve on Unsplash

■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■KIDS向けイベント紹介は、こちらでご紹介しています。

FESTIVAL

ガブス・ビア・サイダー&フード・フェスト
GABS Beer, Cider & Food Fest 2019


選りすぐりのビールとサイダー(シードル)、そして数々の美食を味わえるフェスティバルが今年も開催される。オーストラリア、ニュージーランドから170ものブルワリーやサイダー・メーカーがオリジナルのビールやサイダーを提供。屋台も立ち並び、試飲・試食イベントやライブ・パフォーマンスも行われる。ブリスベン、メルボルンでは終わってしまったが、6月29日にはオークランド(NZ)でも開催される。

▼会場:Sydney Showground(1 Showground Rd., Sydney Olympic Park)
▼日時:6月1日(土)【セッション1】11:30AM~4:30PM、【セッション2】6:30PM~11:30PM
▼料金:シングル・セッション$43、ビア・バディーズ(5~9人)各$38、(10人以上)各$33、シーズン・パス$65
▼Email: contact@gabs.beer
★Web: www.gabsfestival.com/sydney-intro

ハンター・バレー・ワイン&フード・フェスティバル
Hunter Valley Wine & Food Festival


ワインや食文化をテーマ別のアクティビティーを通して紹介する、ワイン好きにはたまらない人気のイベント。ハンター・バレー有数のワイン・メーカーやシェフとワインや食事を楽しんだり、楽しい参加型の教室で料理の腕を磨いたり、地元の最高級ワインとチーズの盛り合わせを堪能しながら暖炉のそばでくつろいだりと楽しみ方はさまざま。旅行気分でハンター・バレーを満喫しよう。

▼会場:Crowne Plaza Hunter Valley(430 Wine Country Dr., Lovedale)
▼日程:6月29日(土)
▼時間:11AM~5PM
▼料金:大人$16.91、6人パック$14.35
▼Tel: 0439-381-118
▼Email: info@huntervalleywinefestival.com
★Web: www.huntervalleywinefestival.com

祭り・ジャパン・フェスティバル・イン・パラマタ
Matsuri Japan Festival in Parramatta


昨年に引き続き、シドニー西郊パラマタで「祭り・ジャパン・フェスティバル」が開催される。毎年12月に市内中心部、ダーリング・ハーバーで行われる同様のフェスティバルは多くの人を集める人気イベントだが、パラマタ・エリアでも既に最大規模の日本イベントとして発展しているという。茶道、書道、生け花、折り紙、着物などのワークショップに加え、さまざまな日本食の屋台も並ぶ。

▼会場:Centenary Square(Church St., Parramatta)
▼日時:6月1日(土)11AM~4PM
▼料金:入場無料
▼Email: jcs@japanclubofsydney.org
★Web: www.facebook.com/SydneyJapanFestival

スパノバ
Supanova Comic Con & Gaming Sydney 2019

©Supanova Pop Culture Expo
©Supanova Pop Culture Expo

アニメ、漫画、ゲーム、映画などに関する展示はもちろん、アニメ声優やスーパーヒーロー役の有名人など豪華ゲストらに会える祭典だ。コスプレでの参加も可能。シドニーでは今年、アニメ版『遊☆戯☆王』の武藤遊戯役の声優・ダン・グリーンや瀬戸海馬役の声優・エリック・スチュアート、『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役の声優、ブライス・パーペンブルックなど多彩な顔ぶれがそろう。

▼会場:The Dome, Sydney Showground(1 Showground Rd., Sydney Olympic Park)
▼日時:6月21日(金)~23日(日)、金1PM~7PM、土・日10AM~6PM
▼料金:ウィークエンド・パス$82.50、デー・パス(金)$32.50、デー・パス(土・日)$37.50、子ども(12歳以下)無料
★Web: www.supanova.com.au/events/sydney-2019

 

MUSIC

ピーク・ミュージック・フェスティバル
Peak Music Festival


シドニー市内から南西に車で6時間ほどの場所に位置する、スキー・リゾートとして有名なペリッシャー・スキー・リゾートで6月7日から10日までの4日間、冬の音楽祭が今年も開催される。オーストラリア国内外の注目アーティストたちが、会場内の10カ所のライブ・ステージでパフォーマンスを行う。無料の観光リフトや、子ども向けのブースもあるので家族で楽しめる。出演者のラインアップはウェブサイトで公開されているのでチェックしてみよう。

▼会場:Perisher Ski Resort(Kosciuszko Rd., Perisher Valley)
▼日程:6月7日(金)~10日(月)
▼料金:$155~
▼Tel: 1300-811-324
★Web: www.peakfestival.com.au

メーガン・ムラーリー
Megan Mullally and her band Nancy And Beth

©Giles Clement
©Giles Clement

『Will & Grace』や『Parks and Recreation』などアメリカのコメディー番組を舞台に活躍し、プライムタイム・エミー賞を受賞した女優のメーガン・ムラーリーと、アメリカのドラマ『Friday Night Lights』に出演し女優やライターとして活動しているステファニー・ハントがミュージカル・コメディー・キャバレー・ショーに登場! ロサンゼルス・タイムスから「とんでもなく面白い、心から発狂したくなるショー」と絶賛されている同舞台をシドニーで楽しんでみてはいかがだろうか。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日時:6月16日(日)3PM~/7PM~
▼料金:$59~
▼Tel: (02)9250 -7111
▼Email: infodesk@sydneyoperahouse.com
★Web: www.sydneyoperahouse.com/events/whats-on/cabaret/2019/megan-mullally-and-stephanie-hunt.html

ドーリック・ストリング・カルテット
Doric String Quartet


世界中の観客や批評家からの熱狂的な支持を受け、一流としての地位を確立した英国弦楽四重奏団「Doric String Quartet」が、オーストラリアでは初となる全国公演を行う。古典作曲家の繊細なニュアンスと現代作曲家のドラマ性が魅惑的にブレンドした、洗練された演奏が特徴だ。同公演では、ハイドンやシューベルト、ベートーベン、ブルット・ディーンの楽曲を演奏予定。

▼会場:City Recital Hall(2 Angel Pl., Sydney)
▼日時:6月22日(土)2PM~、24日(月)7PM~
▼料金:$61~
▼Tel: 1800-688-482
★Web: www.musicaviva.com.au/doric

クイーン―ボヘミアン・ラプソディー・グレイテスト・ヒット・ツアー
QUEEN – Bohemian Rhapsody Greatest Hits Tour


映画『ボヘミアン・ラプソディー』で昨年、世界中を大熱狂の渦に巻き込んだクイーンのトリビュート・ショーがシドニーにやって来る! ショーの監督を務めるジョニー・バン・グリスベンは、機材や衣装にこだわり、1986年に行われた本物のクイーンのワールド・コンサートを忠実に再現。フレディー・マーキュリーの親友やアシスタントと打ち合わせをし、バンドの特性やニュアンスを綿密に指導した。ファンたちをクイーン全盛期の栄光の日々へと誘う。

▼会場:Riverstone Schofields Memorial Club(23 Market St., Riverstone)
▼日時:6月14日(金)8:30PM~
▼料金:$35
▼Tel: (02)9627-1811
★Web: www.riverstonememorial.com.au/event/queen-bohemian-rhapsody-greatest-hits-tour

オープン・フレーム:ルーム40
OPEN FRAME: ROOM40


毎年開催の「ルーム40」では「体験する音楽」が提供され、国内外から多くのユニークなアーティストらが2日間、キャリッジワークスに集結する。今年、日本からは集団即興音楽で近年、国際的な評価を高めているグループ「マージナル・コンソート」やノイズ・ミュージシャンのメルズバウ(秋田昌美)などが来豪しパフォーマンスを行う。魂が震え、体が勝手に動き出しそうになる音楽の波に身を投じてみる体験をしてみては。

▼会場:Carriageworks(245 Wilson St., Eveleigh)
▼日時:6月28日(金)、6月29日(土)、両日共に8PM~
▼料金:$35
★Web: www.carriageworks.com.au/events/room40-open-frame-2019-2

 

OPERA

ザ・リターン・オブ・ユリシーズ
The Return of Ulysses

©Image: Fernando Guimarães as Ulysses
©Image: Fernando Guimarães as Ulysses

ギリシャの英雄・ユリシーズは、トロイア戦争を経て、10年間海をさまよった後、最愛の妻の待つ我が家へと帰還する。しかし彼が不在の間に妻も家も何もかもが変わってしまっていた……。古代ギリシャの叙事詩『オデュッセイア』最後の章に基づいた叙情詩的なストーリーを、グラミー賞にノミネートされた経歴を持つオペラ歌手のフェルナンド・ギマランイスや、オペラ・オーストラリアで活躍するキャサリン・カービーが華麗に演じる。公演の45分前には、作品の歴史について解説がされるので、原作を知らない人でも安心して鑑賞できるだろう。

▼会場:City Recital Hall(2 Angel Pl., Sydney)
▼日程:6月13日(木)、15日(土)・16日(日)、18日(火)・19日(水)
▼時間:日程により異なる
▼料金:$96~
▼Tel: (02)9318-8200
▼Email: ticketing@opera.org.au
★Web: www.opera.org.au/whatson/events/pinchgut-ulysses

蝶々夫人
Madama Butterfly


日本を舞台にしたプッチーニ作のオペラで、世界中で愛されるラブ・ストーリーの『蝶々夫人』がシドニー・オペラ・ハウスで上演される。振り付けを担当したのは、オーストラリア出身で、バレエやコンテンポラリー・ダンスの振り付けで同国から勲章を授与された、グレアム・マーフィー。日本人にも馴染みのある『ある晴れた日に』を聴きながら、異国の人に恋する純粋な蝶々夫人に思いを馳せてみては。

▼会場:Sydney Opera House (Bennelong Point, Sydney)
▼日程:6月28日(金)~8月10日(土)
▼時間・料金:日程により異なる
▼Tel: (02)9318-8200
▼Email: ticketing@opera.org.au
★Web: www.opera.org.au/whatson/events/madama-butterfly-sydney

 

DANCE

アー・オー・ラン・フォー
À Ố Làng Phố

©Nguyen The Duong, ©Matt Grace
©Nguyen The Duong, ©Matt Grace

「アー・オー・ラン・フォー」とは、ベトナムの伝統工芸品である竹製のバスケットを用いて高層ビルを表現したり、ビート・ボックスを奏でたりすることで、ベトナムの穏やかな伝統的習慣から都市のにぎやかな生活へと変化していく様子を表現するパフォーマンス。そのダイナミックなパフォーマンスはまさに、遊び心溢れる現代的サーカスの真骨頂! この息を呑むような、伝統と革新の融合美をオペラ・ハウスに観に行こう。

▼会場:Sydney Opera House (Bennelong Point, Sydney)
▼日程:6月12日(水)~15日(土)
▼時間:日程により異なる
▼料金:$39~
▼Tel: (02)9250-7111
▼Email: infodesk@sydneyoperahouse.com
★Web: www.sydneyoperahouse.com/events/whats-on/circus-and-magic/2019/a-o-lang-pho.html

パッシング・イット・オン
Passing It On

©imageby National Kaohsiung Center for the Arts (Weiwuying)
©imageby National Kaohsiung Center for the Arts (Weiwuying)

「Passing It On」は、日本とアフリカが融合したユニークなダンス公演。シドニーを拠点に活躍する日本出身のダンス・アーティストの藤村龍一が、自身の経歴をさかのぼり、恩師や仲間との出会いにより体に蓄積されたダンスの知識と愛を解き放つショー「HOW I PLACTICE MY RELIGION」と、ガーナ出身のダンサーで振付師のラッキー・ラティーが、ヒップ・ホップと西アフリカ文化の結び付きについて探る「FULL CIRCLE」の2部構成で行われる。ダンス好きの人は、ぜひ足を運んでみては。

▼会場:Riverside Theatre(Cnr. Church and Market Sts., Parramatta)
▼日時:6月6日(木)~8日(土)
▼時間:木・土7:45PM~、金12:30PM~/7:45PM~
▼料金:大人$35、コンセッション$28、家族(大人2人+子ども2人)$88、他チケットあり
▼Tel: (02)8839-3399
▼Email: boxoffice_riverside@cityofparramatta.nsw.gov.au
★Web: www.form.org.au/full-circle

 

ART

エッセンシャル・デュシャン
The essential Duchamp

©Marcel Duchamp 'Fountain' 1950 (replica of 1917 original) porcelain urinal, 30.5 x 38.1 x 45.7cm Philadelphia Museum of Art 125th Anniversary Acquisition, gift (by exchange) of Mrs Herbert Cameron Morris, 1998-74-1 ©Association Marcel Duchamp/ADAGP. Copyright Agency, 2018
©Marcel Duchamp ‘Fountain’ 1950 (replica of 1917 original) porcelain urinal, 30.5 x 38.1 x 45.7cm Philadelphia Museum of Art 125th Anniversary Acquisition, gift (by exchange) of Mrs Herbert Cameron Morris, 1998-74-1 ©Association Marcel Duchamp/ADAGP. Copyright Agency, 2018

伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えたアーティスト、マルセル·デュシャンの展覧会がNSW州立美術館で開催されている。展示作品は、1912年ニューヨークで発表され、デュシャンを一躍有名にした絵画『階段を降りる裸体No.2』を始め、17年に現代美術のスキャンダルとなった、便器を“アート”にした『泉』など125点。芸術と生活の垣根をなくそうとするさまざまな試みに触れられるこの機会をお見逃しなく!

▼会場:Art Gallery of New South Wales(Art Gallery Rd., Sydney)
▼日程:開催中~8月11日(日)
▼時間:10AM~5PM(水曜のみ10PMまで開館)
▼料金:大人$20、コンセッション$18、家族(大人2人+子ども3人まで)$48、他チケットあり
▼Tel: 1800-679-278
★Web: www.artgallery.nsw.gov.au/exhibitions/essential-duchamp

 

EXHIBITION

アポロ11号
Apollo 11

©Image NASA
©Image NASA

1969年に初めて月面に着陸した宇宙船・アポロ11号が、月面着陸50周年を記念してパワーハウス・ミュージアムにやって来る! 展示品の中には、月面歩行の瞬間をオーストラリアから世界中に届けた「パークス電波望遠鏡」やロケットの部品、宇宙飛行士の等身大レプリカなどがあり、最新の3Dモデリングにより月面着陸をよりユニークな視点でバーチャル体験できる。月面着陸から50年経った今、改めて宇宙の神秘について考えてみよう。

▼会場:Powerhouse Museum(500 Harris St., Ultimo)
▼日程:6月29日(日)~
▼時間:10AM~5PM
▼料金:大人$15、コンセッション$8、子ども無料
▼Tel: (02)9217-0111
▼Email: info@maas.museum
★Web: www.maas.museum/event/apollo-11

 

EXPO

トランスポート・ヘリテージ・エキスポ
Transport Heritage Expo 2019


シドニーのメイン・ステーションであるセントラル駅を中心に行われる同イベントでは、蒸気機関車やビンテージの2階建てバスなど、普段見ることのできない歴史ある乗り物が大集合!また、117年の歴史を誇る蒸気船“Lady Hopetoun”もシャトル船としてダーリング・ハーバーから運航予定なのでお見逃しなく。その他にも蒸気機関車レースやビンテージ・バス、列車の乗車体験などさまざまなプログラムがあるのでウェブサイトをチェックしよう。

▼会場:Central Station
▼日程:6月8日(土)~10日(月)
▼時間・料金:イベントにより異なる
▼Tel: 1300-115-599
▼Email: info@transportheritagensw.com.au
★Web: www.transportheritageexpo.com

クラフト&キルト・フェア
The Craft & Quilt Fairs


30年以上も続く工芸品やキルトに特化したイベント。工芸品と言っても布地や刺しゅうなどに関するパターンやデザイン、書籍、工具などがほとんどを占める。その他、テキスタイル・アートやジュエリーの製作物などの出展も並ぶ。クラフト・ショーやゲスト・スピーカーによるプレゼンテーション、実物販売なども行われるため、生地や布、裁縫などに興味があれば、ぜひ足を運んでオーストラリア国内外から集まる品々を見てみるのはいかがだろうか。

▼会場:ICC Sydney(14 Darling Dr., Sydney)
▼日時:6月19日(水)~23日(日)9AM~4:30PM
▼料金:【ワンデー・チケット】<窓口>$23、<オンライン>$22 ※連日参加割引チケットあり
▼Tel: (02)9452-7575
▼Email: craft@expertiseevents.com.au
★Web: www.craftfair.com.au/wp/Sydney

 

FILM

シドニー・フィルム・フェスティバル
Sydney Film Festival


今年もシドニーで、世界中の注目作・人気作が一挙に上映される盛大な映画祭が開催される! 今年は日本関連の作品として、数々の国際映画祭で賞を獲得した作品『僕はイエス様が嫌い』や、五十嵐大介の漫画が原作となったアニメーション映画『海獣の子供』が上映される。お薦め作品を一挙にまとめた詳細は、特集「第66回シドニー映画祭お薦め作品ガイド」を参照して欲しい。世界中から注目の作品が一堂に集まる映画祭を思う存分堪能しよう。

▼会場:The State Theatre、Event Cinemas George St、Casula Powerhouse他、シドニー各所
▼日程:6月5日(水)~16日(日)
▼時間:プログラムにより異なる
▼料金:大人$21、コンセッション$18 、フレキシ・パス10$162.50、フレキシ・パス20 $305、フレキシ・パス30 $420、ユース・パス6 $75、他チケットあり
▼Tel: 1300-733-733
▼Email: tickets@sff.org.au
★Web: www.sff.org.au

 

GOURMET

グッド・フード&ワイン・ショー
Good Food & Wine Show

©the Good Food and Wine Show
©the Good Food and Wine Show

オーストラリア最大規模の「食とワインの祭典」。国内外から集まった100以上の出展者が提供する新ブランド・新製品を誰よりも早く味わえる絶好の機会となっている。また、有名シェフのオリジナル・レシピを知ることができる他、肉やチーズなどさまざまな食べ物を堪能できたり、ワイン・テイスティング(無料)もできる。友達や家族と一緒に新作のフードやワインに舌鼓を打ち、新しい食の冒険に出掛けてみては。

▼会場:ICC Sydney(14 Darling Dr., Sydney)
▼日時:6月21日(金)~23日(日)、金・土10AM~6PM、日10AM~5PM
▼料金:日にちにより異なる
★Web: www.goodfoodshow.com.au/sydney

 

SPORTS

ステート・オブ・オリジン
Holden State of Origin 2019

©Dan Gosse, ©Destination NSW
©Dan Gosse, ©Destination NSW

今年も熱い戦いが帰ってくる。「ステート・オブ・オリジン」は、ラグビー・リーグのNSW州選抜(ブルース)対QLD州選抜(マルーンズ)によるオール・スター戦として、毎年スタジアムを超満員にさせる人気スポーツ・イベントの1つ。オーストラリア国内のみならず、世界中のファンが注目する試合だ。昨年は4年ぶりにブルースが勝利を収めた同大会。ブルースが連勝を伸ばすのか、はたまたマルーンズが王者に返り咲くのか、最後まで目が離せない。

【ゲームⅢ】
▼会場:ANZ Stadium(Edwin Flack Ave., Sydney Olympic Park)
▼日程:6月10日(月)
▼時間:8PM(キックオフ)
▼料金:$50~
★Web: www.tickets.nrl.com/origin

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る