タスマニア特集3 ロンセストン

タスマニア特集
第3回

ロンセストン

 テイマー川に沿って美しい田園風景が広がるタスマニア州北部ロンセストン。開拓時代の古い建物が残る川沿いの町並みが美しい。少し足を伸ばせばワイナリー巡りも楽しめる。
ロンセストン港の水辺にあるレストラン(Photos: Tourism Tasmania)



タスマニア特集
 ホバートから北へ198キロ、車で約2時間半の州北部に位置するロンセストン。街の規模はタスマニア州では2番目で、訪問客にとっても州北部の観光の玄関口として知られている。それでも人口はわずか6万8,000人。1870~1880年代の建築物が軒を連ねる町並みがテイマー川沿いに広がっており、開拓当時の素朴な佇まいを現代に伝えている。
(写真)町の規模は小さいので自転車ならすぐに一周できる

タスマニア特集
 市内中心部のロンセストン港は、水際にお洒落なレストランやカフェが並び、歴史的な町並みとリバー・サイドの美しい景色が楽しめる。周辺には、タスマニア産の豊かな食材を使ったモダン・オーストラリア料理の有名レストランが集まっており、美食家の間では全国的な人気を集めている。

タスマニア特集
 港から市内北部のインバレスクまでは遊歩道が続いていて、風情にあふれた町並みを散策できるようになっている。インバレスクには2001年にオープンしたクイーン・ビクトリア博物館の別館があり、歴史的な建築物を大胆に改装したモダンなインテリアの中で、植民地開拓に関する展示や当時の絵画などを見ることができる。
 また、川沿いを15分ほど歩くと、原生林の山の中を渓流がながれるカタラクト渓谷に着く。車なら市内中心部からわずか2分で行けるため、水辺の憩いの場として市民に親しまれている。ここはアブセーリングや登山などアドベンチャー・スポーツの拠点ともなっている。

(写真)川沿いに整備されているボードウォーク(木製の遊歩道)

タスマニア特集
 ロンセストンの市内からは、テイマー川のクルーズ・ツアーも催行されており、流域の美しい田園風景とカタラクト渓谷の荒々しい景色、野生の鴨やブラック・スワン、ペリカンなどの水鳥を眺めながら、地元産のワインやチーズを船上で楽しむことができる。

タスマニア特集
 小さな町の美しい景色と美食を堪能した後は、ロンセストンから北へドライブに出かけてみよう。タスマニア北海岸のバス海峡に注ぐテイマー川流域には、ブティック・ワイナリーが点在しており、クリーンな環境で作られた上質なワインを試飲したり購入したりできるだけではなく、ワイナリー併設のレストランを食べ歩くのも楽しい。小規模・少生産の家族経営のワイナリーが多いのも魅力だ。
 さらに、豊潤な土壌に恵まれたテイマー川流域には、ワイン用のブドウだけではなく、ラベンダー畑やイチゴ畑、果樹園も点在している。川沿いの素晴らしい景色、大自然が育んだ美味しいワインと食材を満喫しながら、ゆっくりと時間をかけてドライブ旅行を楽しんでみては?


Links
▼タスマニア州政府観光局(英語)
Links
▼タスマニア州政府観光局(日本語)

  


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る