シドニーで世界旅 vol.20 ベトナム

ヨーロッパにアジア、中東など世界各国の人々が暮らす国際色豊かなシドニー。シドニーの街角でプチ旅行気分を味わってみよう。

シドニーで世界を旅しよう!
   Vol.20 ベトナム

ベトナムってどんな国?

 ベトナムは日本のように南北に細長い国で、その国土面積は32万9,241平方キロメートルに及ぶ。人口は約9,170万人。都市部集中が著しく、ホーチミン市だけでも700万人余りが暮らす。北部と南部で気候は大きく異なるが、南部では年間を通して気温は高い。
 国民の約70パーセントは仏教徒だが、キリスト教、イスラム教、カオダイ教も広がりを見せる。公用語はベトナム語。通貨はベトナム・ドンだが、主要なホテル、レストランなどでは豪ドルや米ドルも使用可能。

オーストラリアとベトナムの関係

 オーストラリアとベトナムは2009年に全面的パートナー関係を構築し、以降外交関係の強化に取り組んできた。オーストラリアが、ASEANの中でも最も重要なパートナーの1つとして挙げるベトナムがダイナミックな発展を遂げる一方、豪州もアジア太平洋地域の平和、協力、発展の強化に重要な役割を果たしてきた。
 また、両国はASEAN・オーストラリア・ニュージーランドの自由貿易協定を締結したほか、環太平洋経済連携協定(TPP)と東アジア地域包括的経済連携協定(RCEP)の交渉に参加。オーストラリアは、ベトナムの貿易相手国の中でも上位10カ国、また、投資国上位20カ国のリストに入っており、両国での商取引額は2014年、60億ドルを超えた。
 そのほか、オーストラリアはベトナム人学生に対し、4,000人分の奨学金を支給しており、約3万人の留学生を受け入れている。ベトナムを訪れるオーストラリア人観光客の数は最多10カ国に入り、2014年にはその数は32万人を超えた。
 

Madame Nhu

野菜やビーフ、チキンとさまざまなトッピングが選べる各種フォー

サリーヒルズに本店を構える同店では、お洒落なインテリアの心地良い空間で独創的なメニューを楽しむことができる。代表的な人気メニューには、名物の「フォー」や「スチームド・ハイナン・チキン」が挙げられる。すっきりとした酸味の効いた甘辛いスープが特徴のフォーは野菜たっぷりでヘルシーに楽しむことができ、女性客にも人気。口の中でほぐれる柔らかな鶏肉がたまらない。「スチームド・ハイナン・チキン」は特製の甘辛ダレにガーリックが効いており、何倍でもお代わりしたくなる優しい味だ。


サリーヒルズの喧噪を離れた路地裏の一角に佇む本店

カラー使いがお洒落で印象的な店内
Madame Nhu
82 Campbell St., (corner Foster St.)Surry Hills, Sydney / Tel: (02)9212-3311
営業時間:ランチ月〜金11AM〜3PM、ディナー毎日5PM〜10PM ※月〜木、日のみ予約可能
Web: www.madamenhu.com.au/contact

 

Pasteur Vietnamese Restaurant

白地に赤文字のサインが目印

ヘイマーケットにある大衆食堂風のベトナム料理店。長年不動の人気を誇る当店は、会社員や学生、そして観光客などでいつも賑わう。一番人気は何といってもフォーだ。だしの効いた絶妙な味わいのスープに浸かったライス・ヌードルの上にはたっぷりの柔らかいお肉がトッピングされており、そこへさらに別添えされた山盛りのもやしとバジル、レモンをたっぷりとかけていただく。そのほかにもシャキシャキのレタスで巻いて楽しむ揚げ春巻きも人気。セット・メニューなどもあり、ボリュームも満足。


春巻きのほかに、ロール・ポークやロール・ビーフも人気

セット・メニューでは、フォーのサイドに各種お肉料理が選べる
Pasteur Vietnamese Restaurant
709 George St., Haymarket / Tel: (02)9212-5622
営業時間:毎日10AM〜9PM

 

実際にをしてみよう!

独特ののんびりとしたノスタルジックな空気に癒されるだけでなく、どんどんと発展を遂げることでも注目を集めるホーチミン。今最も注目したい都市の1つだHISホーチミン支店

★絶対行くべきマスト・スポット★

ミトー・メコン川クルーズ


(左)手漕ぎボードでゆっくり進むツアーは情緒あり(右上)ジャングルの巨大な植物に囲まれ冒険気分を味わえる(右下)メコン・デルタの名物料理とも言われる、メコン川流域に生息する淡水魚「象耳魚」の丸ごと揚げ

ホーチミンから車で約2時間の場所にあるミトーは、メコン・デルタでの入り口となる港町。ここでは市内の喧騒から離れ、ゆったりとしたベトナムの田舎の生活や自然に触れることのできるツアーが用意されている。手漕ぎボートでメコン川を進んで行くこのジャングル・クルーズでは、船で水上生活をする人々の様子を見たり、ココナッツ・キャンディーの工房を見学することも可能。ココナッツをはじめとした自然の恵みをたっぷり受けた南国のフルーツは、この地方の名物になっている。無形文化遺産に登録されているベトナム南部の民謡「ドン・カ・タイ・トゥ」を聴くこともできる。

 

★一歩踏み込んだ隠れスポット★

ベンタン市場

(左)色とりどりの商品が並ぶ(中央)ファッション小物も充実(右下)多くの人で賑わい活気にあふれる市場周辺

市内中心部に位置する、ホーチミン最大の市場。生鮮食品や衣類、サンダル、お土産などさまざまなものが販売される。混沌とした場内は多くの人で賑わい、ベトナムの生の活気を感じることができるだろう。屋台も充実していて、中でも「チェー」と呼ばれるベトナム風ぜんざいや、「シントー」というベトナム風シェイクは、特にお薦め。夜になるとベンタン市場の周辺にはナイト・マーケットが出現し、昼とはまた違った雰囲気を楽しむことができる。このほかにも「アンドン市場」や「ビンタイ市場」など、市内各地にそれぞれ特色のある市場が点在しているので注目してみよう。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る