長距離鉄道

【HIS】スマートに旅をしよう!

長距離鉄道

今号で連載6回目です。航空機を使う旅行関連の話題が多くなっていましたが、今回は長距離鉄道に目を向けます。

グレート・サザンレール社が運行するオーストラリア大陸縦断の「The Ghan号」(ダーウィン・アデレード間51時間)、大陸横断の「Indian Pacific号」(シドニー・パース間72時間)が世界的に知名度も高く豪華で有名ですが、もう少し手頃な金額で楽しめる鉄道の旅もあります。

最初にご紹介するのは、クイーンズランド・レールが運行する「Sprits of Queensland号」(ケアンズ・ブリスベン間)です。走行距離1,681キロ・メートルを週5往復、24時間掛けて運行。座席は2種類、プレミアム・エコノミー・クラスとレール・ベッド・クラスと呼ばれる昼間は座席、夜はフル・フラット・ベッドになる上級クラスです。運賃は、早割り料金ケアンズ・ブリスベン間プレミアム・エコノミー・クラスで大人221.40ドル、レール・ベット・クラスは389.25ドルからです。レール・ベッド・クラスの座席配置は通路を挟んで1席プラス2席で、1人旅でも2人旅でも、窓側の席を占有でき、他の乗客と隣席になることなく使用できます。料金には寝具、タオル、全3回の食事が付き、座席で食事を取ることも可能です。クラブ・カーではアルコールの販売もされ、シャワーも車両内に装備されています。

続いては、ニュー・サウス・ウェールズ・トレインリンク社運行の「XPT号」。運行区間はシドニー・ブリスベン間(約23時間)、シドニー・メルボルン間(約11時間)です。車両の特徴は、通常1両連結のファースト・クラス・スリーパー、いわゆる寝台車があることです。この寝台車両には2部屋に1セットのトイレとシャワーが装備されています。1人で乗車する際は、通常2名1室の寝台に同性の乗客と共有する場合があります。シドニー・メルボルン間の大人運賃はエコノミー・クラスで約110ドル、ファースト・クラスで約156ドル、そして寝台車は約244ドルとなります。また、家族連れには特典があります。大人最低1人が普通運賃を支払うと同じ家族内の子どもは「Child $1 Fare」が適用されます。この特典は、寝台利用を除く全セクターのエコノミー・クラスとファースト・クラス運賃で適用可能です。つまり、大人1人155ドルのファースト・クラスの運賃を分支払えば、子ども2人分は1ドルで乗車できます。大人1人に付き最大子ども4人まで適用されます。時間は掛かりますが、時には鉄道旅を楽しむのも良いでしょう。家族3人でシドニー・メルボルン間をエコノミー・クラス利用で最安値112ドルで移動できる航空券はどんなLCCを探してもない金額です。

迅速に目的地へ移動できる快適な飛行機は旅の交通手段の重要なアイテムではありますが、ゆったりと旅の情緒と非日常体験ができる長距離鉄道の旅もぜひ一度お試しください。


岩坂亘
H.I.S.オーストラリア・シドニー支店支店長。在豪歴17年。旅行会社勤務23年、筋金入りの飛行機オタク、愛読書『月刊エアライン』購読27年。近年は老眼と体重増との闘い。また、愛犬チワワ2匹と週末はもっぱらペット・カフェ通いの日々を送っている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る