午後3時の甘い誘惑「Pottery Green Bakers」

午後3時の甘い誘惑
誘惑には勝てない編集部員Hが、今月の「甘くて美味しい世界」をご紹介!

第9回 Pottery Green Bakers
素朴な味が懐かしい、絶品キャロット・ケーキ

黒糖とにんじんの自然な甘さが引き立つキャロット・ケーキ($4)

1年の中で最も寒い7月が終わり、暦の上では来月からいよいよ春になる。それでもまだ、吐く息が白くなるほど冷え込む朝晩は、ベッドの中から抜け出すのもひと苦労。そんな寒さが続く日は、甘くて愛情たっぷりの手作りスイーツが食べたい――。今回はシティを離れて郊外に出かけてみた。タウンホール駅からノース・ショア・ラインに乗って北上すること約30分。電車はゴードン駅に着いた。

ゴードンはファミリー層が多く住む閑静な住宅街。つい数年前までは、コーヒーが飲めるカフェは駅前に1~2軒しかなかったが、ここ数年で新しいカフェが次々とオープンした。その中でも筆者が何度も足を運ぶのが今回ご紹介する「ポッテリー・グリーン・ベーカーズ」だ。

グリーンとブラウンを基調とした店内は、木製のテーブルとアンティーク小物が配置されていて、趣のあるレトロな空間が広がっている。席に着くとまずウィスキーの空き瓶にたっぷりと入った水が提供され、食器1つ1つにオーナーのこだわりが感じられる。

ショーケースに並べられたケーキはすべて自家製だ。なかでも人気なのは、キャロット・ケーキ。日本ではあまりなじみがないこのケーキも、アメリカやイギリス、そしてここオーストラリアではとてもポピュラー。すりつぶしたにんじんに、レーズンやシナモン、ナツメグ、クルミなどを加えてしっとり焼き上げる、まさに手作りスイーツの代表格といってもいいだろう。

牛肉フォー($12)も人気メニューの1つ
牛肉フォー($12)も人気メニューの1つ

グリーンを基調にしたレトロな店内
グリーンを基調にしたレトロな店内

ケーキといってもバナナ・ブレッドのようにやや弾力があるのが特徴で、黒糖の自然な甘みに加え、粗くすりつぶしたにんじんとレーズンの濃厚な食感が楽しめる。それでいて、どこか素朴で懐かしい味がするから、キャロット・ケーキを食べたことのない人にはぜひ味わってもらいたい。

同店はキャロット・ケーキのみならず、ほかにも魅力的なメニューが満載だ。チョコレートがたっぷりかかったエクレアのほか、健康に気を使う人のためにグルテン・フリーのカップケーキも販売。また、オーナーがベトナム系とあって、食事メニューの中にレモングラスやコリアンダーなどエスニックな素材を使った料理が多いのも特徴的。なかでもベトナム風バゲット・サンドをはじめ、同店の看板メニューの1つでもある牛肉フォーは大人気。また、厚切りのバゲットを使ったボリュームたっぷりのフレンチ・トーストも好評だとか。

居心地が良くリピーター率も高い「ポッテリー・グリーン・ベーカーズ」。ゴードン周辺でカフェ選びに迷ったら、一度訪れてみてほしい。


●住所:4 St Johns Ave., Gordon NSW ●営業時間:月~金:6AM~6PM、土・日7AM~5PM ●Tel: (02) 9499-8799

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る