午後3時の甘い誘惑「Shangri-La Hotel Sydney」

午後3時の甘い誘惑
誘惑には勝てない編集部員Hが、今月の「甘くて美味しい世界」をご紹介!

第11回 Shangri-La Hotel Sydney
人気パティシエが手がける濃厚バナナ・ムース

アナが手がけるスイーツの代表作「バナナラマ」
アナが手がけるスイーツの代表作「バナナラマ」

締め切りに追われちょっとぜいたくな気分に浸りたい時、しばしば1人でホテルのラウンジを訪れる。もちろんコーヒー1杯の値段は、普通のカフェの倍以上するが、何よりも静かでくつろげる空間に身を置くことで心身がリラックスできるため、疲れた夜はついラウンジに足が向いてしまう。

シドニー市内にはヒルトンやウェスティンなど有名ホテルが点在しているが、今回ご紹介するのは、サーキュラー・キーにほど近いシャングリラ・ホテルの「ロビー・ラウンジ」だ。ここは、オーストラリアのスイーツ界で注目を集める女性パティシエ、アナ・ポリヴィウ氏が手がけるアフターヌーン・ティーが有名である。

メルボルン生まれのアナは、ロンドンの老舗高級ホテル「クラリッジ・ホテル」で経験を積んだ。パリでは、マカロンでおなじみのスイーツ界の巨匠ピエール・エルメの下で修行を重ね、パティシエとしての腕をさらに磨いた。オーストラリアに戻った後は、バルモラル・ビーチ沿いの人気レストラン「ベイサーズ・パビリオン」でスイーツ部門のチーフ・パティシエとして活躍。2013年、シャングリラ・ホテルのエグゼクティブ・ペイストリー・シェフに就任し、以来数々の創作スイーツを生み出している。

アナが作るモダンで個性豊かなスイーツは定評がある。ロビー・ラウンジでいただけるアフタヌーン・ティーでは、そんなアナ自慢の数々のスイーツが皿に並び、目と舌を楽しませてくれる。これらのスイーツの一部は、ラウンジのショーケースにも並び、単品で購入することが可能だ。

ラウンジのスタッフに一番のお薦めを聞いてみると、アナの代表作の1つ「バナナラマ」が絶品とのこと。バナナラマは、キャラメライズされたホワイト・チョコレートや完熟バナナ・ジャムなどがムース状に仕上がったバナナ・ムースだ。キャラメルとバナナの相性は抜群で、濃厚なのにスムースな口当たり。

やたらと甘いデザートが多いオーストラリアで、こんなにも上品なバナナのスイーツは、ほかではなかなか味わうことができないだろう。バナナの下味がしっかりついているので、飲み物はストレートの紅茶がお薦めだという。「夜疲れた時にちょっと甘いものを」という時には、ぜひシャングリラ・ホテルのラウンジを訪れてみてほしい。ただし、人気のスイーツは売り切れていることもあるから、早めに行ってみよう。

濃厚なキャロット・ケーキもお薦め
濃厚なキャロット・ケーキもお薦め

温かみのある落ち着いたラウンジ
温かみのある落ち着いたラウンジ


●住所:176 Cumberland St., The Rocks, Sydney NSW ●営業時間:月~金7AM~11PM、土8AM~12AM、日8AM~10PM ●Tel: (02)9250-6144 ●Web: www.shangri-la.com/sydney/shangrila/dining/bars-lounges/lobby-lounge

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る