サラダちらし

シェフに聞くマル秘レシピ 人気レストランのあの味を作りたい

サラダちらし

FUKU Restaurant Sake and Wine
グルメ/シェフに聞くマル秘レシピ

シドニー中心部のワールド・スクエアにあるモダンな和食レストラン。新鮮な刺し身や寿司、魚介の酒蒸しなどのアラカルトや、ビジネス・ランチや女子会にぴったりの各種ランチ・セットなどがそろう。店内は一面ガラス張りで、ランチ時には柔らかい外光が降り注ぐ。ディナー時にはロマンチックな雰囲気に。店の奥の壁にはワインや日本酒がずらりと並んでいて、種類も豊富。美味しい1杯を飲みながら、洗練された料理が楽しめる大人な店だ。今回は同店の黒沢シェフに、爽やかなサラダちらし寿司を紹介いただいた。すし飯とシーフード、フルーツ&野菜の組み合わせがとても新鮮。ロゼなどと一緒に夏の日のランチにいかが。

 

材料(1人前)

刺し身用サーモン 50g ■すし飯の材料
刺し身用ほたて 2個 冷やごはん 茶碗1杯
ゆで海老 2尾 すし酢 適量
イクラ 少々 グレープフルーツの汁 大さじ1〜2杯
ルビー・グレープフルーツ 1房 オリーブオイル 少々
マスカット 2粒 いりごま 少々
きゅうり(ダイス・カット) 少々 刻んだガリ 少々
薄切りスパニッシュ・オニオン 少々 ■ソース
塩麹 小さじ1 マヨネーズと蜂蜜入りヨーグルト 同量
柚こしょう 少々 レモン汁 少々
オリーブオイル 少々 ※スライスしたフェンネルや、コリアンダーをお好みでトッピング
レタスなどの葉もの野菜 適量
アボカド(キューブ・カット) 少々

作り方
① すし飯の材料をすべて混ぜ合わせる。
② 刺し身用魚介類と海老、グレープフルーツの1房をダイス状にカットして、小さくダイス・カットしたきゅうり、オニオン・スライス、マスカットと一緒にボウルに入れ、そこに塩麹、柚こしょう、オリーブオイルを入れて混ぜ合わせる。
③ マヨネーズとヨーグルトを同量取り、そこにレモン汁を少し加えてソースをゆるくする。
④ ①のすし飯を皿に盛り、レタスとアボカドをその上にのせ、さらに②を散らす。③とイクラをかけたらでき上がり。


黒沢シェフのワンポイント・アドバイス
■ 塩麹で魚介類などをマリネすると、味が馴染みます。時間が経つほど美味しくなりますよ。
■ 夏なので、今美味しいフルーツを入れてみてください。マンゴーやオレンジもいいですね。
■ 残り飯を使いましょう。するとパラパラして、サラダ感覚で美味しく食べられます。
■ バーナーがある場合は、ホタテなどを軽く炙るといいですよ。


グルメ/シェフに聞くマル秘レシピ

■黒沢信之シェフのプロフィル
東京・浅草の寿司屋で修行し、ニュージーランドを経て、来豪。シドニーの全日空ホテル(現:シャングリラ・ホテル)のレストラン「雲海」で10年ほどシェフを務める。その後、「Azuma Japanese Restaurant」を経て現職。日本食シェフを務める。

FUKU FUKU Restaurant Sake and Wine
■住所:Level 1, Shop 1103, World Square Shopping Centre, 644 George St., Sydney NSW
■Tel: (02)9261-8977
■Email: info@fukurestaurant.com.au
■営業時間:ランチ月〜金12PM〜3PM、ディナー月〜土5PM〜11PM、日休
■Web: www.fukuresutaurant.com.au

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る