山ブドウ #2

ベン・ホルトの豪州ワイン物語

ベン・ホルトの豪州ワイン物語

山ブドウ #2

デニス・ギャスティンの本職はワイン関係ではない。でも彼は、非常に多くのプロジェクトを同時に、しかも奥深く進められる世界でも稀有な人だ。コンサルのビジネスと同時進行で、過去20年間多くの時間を、日本とアジアのワインの調査や生産地の訪問、ワイン・メーカーとの交流に費やしてきた。すべて彼の“余暇”を使って。でも、もちろん漫然とそうしていたのではなく、すべて、情熱ゆえの自然な行動だった。

デニスが初めて北海道の山ブドウに出会ったのは1985年、やり手の地方政治家、池田町長の丸谷金保先生と会った時だ。丸谷先生は1960年代後半の十勝地震のダメージから地方経済を立て直すため、ワイン産業を創出しようと決意。山野に自生する山ブドウからインスピレーションを得た。品種はヴィティス・アムレンシス種(ロシアのシベリアを流れるアムール川から命名。そこにも同種の山ブドウが自生している)だった。

僕がデニスに山ブドウの印象を聞くと、「第一印象は森林だね。地面に降り積もった落ち葉のような、野性的なアロマがある。同様のアロマで思い出すヴィニフェラ種は、南アフリカのピノタージュだけ。こちらはダチョウのような匂いだね!」と答えてくれた。僕は、デニスが山ブドウと一緒にどんな食事を薦めてくるのかについても興味津々だった。デニスによると、丸谷先生はスパイシー・ポーク・ソーセージと、腎臓とレバーの料理を出してくれたそう。でも、デニスが最近イタリアのサルデーニャ地方で野生の豚を食べた時、山ブドウのワインが欲しくてたまらなかったんだって!

デニスはこれまで多くの山ブドウのワインを味わってきた。中でもお薦めは、岩手県くずまきワイン(特に「フォーレ」というロゼ)。「ラベルには小さな可愛らしいリスの絵がついていて、ワイルドなワインにぴったり」とか。ほかには、おたるワイン、福井県白山、島根県奥出雲葡萄園、長野県井筒ワイン、栃木県ココ・ファーム・ワイナリー、山形県月山、茨城県檜山酒造。

ただ、山ブドウにはもう1つ側面がある。デニスが「きれいな紫色を出すことと適度な果糖を保つのに苦心する」と話す通り、実は、ワインにするのは難しいブドウだ。ワイン・メーカーたちは、より良い結果を求めて改良を重ねてきた。他種の山ブドウ、あるいは、他種のヴィニフェラ種との交配するのもよくあること。この辺りは次回の記事でご紹介しよう!

デニス氏へ:記事執筆へのご協力に感謝します。


ベン・ホルト

オーストラリア政府観光局日本地区マーケティング本部長。クイーンズランド大学で文学修士(日本語と韓国語)ならびに科学修士を取得後、在豪日系企業などで食品輸出、商品取引、マーケティングに従事。2002年から07年9月までオーストラリア・ワイン事務局日本代表を勤めたのち、現職。

Web: www.australia.com
(オーストラリア政府観光局)
Twitter: Mr_Riesling
www.facebook.com/Ben.Holt.69

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る