料理とワインのマリアージュ「鍋料理」

料理とワインのマリアージュ〜上手な楽しみ方〜

ワインといえば「ちょっと気取った飲み物」」「スペシャルな機会に飲む」「イタリアンやフレンチを食べる時に」と思っている人も多いのでは? しかし実は、それは思い込みかもしれません。ワインは、意外とどんな料理にも合わせられるもの。例えば餃子や納豆にだって、実はちゃんと合うワインがあるのです。こうした、ワインと料理とのマッチングを「マリアージュ」と言いますが、本コラムでは、このマリアージュについて楽しく学んでいただきたいと思います。

◆鍋料理

しゃぶしゃぶ
個人的には毎日食べても飽きない、しゃぶしゃぶ鍋。お肉も昆布で取ったスープで脂を落として野菜と一緒に食べればヘルシーにいただけます。
このメニューには、シャルドネーという品種の国産ワインをお薦めします。舌を包み込むようなしっかりしたテクスチャーに、木樽から来るバニラやシナモン、黄桃や熟れたナシのような果実味が特徴の白ワイン。ナッツ系との相性がとても良いので、ごまだれで食べるとより美味しくいただけます。また、牛肉よりも豚肉のほうが相性が良く、ヘルシーでもあります。

すき焼き
砂糖としょうゆの香ばしさに、お肉やしらたき、春菊がよく合うすき焼きは、明治維新後からある牛鍋が発祥であったといわれています。
そんなすき焼きにはコート・デュ・ローヌと明記されたワインを探してみてください。これは南フランスの地名。フランスではラベルに地名が明記されると、その土地で決められた酒造規則に従って造られたワインであると証明することができます。南フランスの比較的温暖な気候で育ったブドウから作られる赤ワインは、山椒を思わすような独特のスパイス、ドライ・プラムや黒オリーブなどの風味が特徴。樽の香りを感じることはほとんどない代わりに果実そのものの味わいを楽しむことができます。また、大抵のボトル・ショップで見かけるので手に入れやすく、お値段も庶民的でお財布にも優しいです。
メインの品種はグレナッシュで、ほかに何種類かブレンドされています。このグレナッシュは、ラズベリー・キャンディのような可愛らしい果実の甘く豊かな香りが特徴です。もし、香りがあまり感じられなければグラスの中で何回か回すと上手く立ち上がるでしょう。すき焼きの砂糖には黒糖を使ったほうがコクがでて、さらなるワイン・マッチを楽しむことができます。

スウィングはマーガレット・リバーで造られる。クラシックなシャルドネー。ネクタリンとバニラと酸のバランスが良いワイン
スウィングはマーガレット・リバーで造られる。クラシックなシャルドネー。ネクタリンとバニラと酸のバランスが良いワイン

ローヌ地方のキング的ワイン・メーカー。三代に渡って南フランスのワインをリードするワイン・メーカー
ローヌ地方のキング的ワイン・メーカー。三代に渡って南フランスのワインをリードするワイン・メーカー

 

ワインと楽しむ鍋料理も良いもの
ワインと楽しむ鍋料理も良いもの


大久保寛行
プロフィル◎COURT OF MASTER SOMMELIER CERTIFIEDの資格を取得し、シドニーのグラスでソムリエとして修行した後、ゴールドコーストのソルトグリルで4年間ヘッド・ソムリエとして活躍。同店はワイン専門誌「デキャンター・マガジン」で3年連続3グラスという最高のワインリストの評価を得ている。現在はフリーのソムリエとしてワイン・イベントや講習、コンサルタントとして活躍中。ワインの質問、もしくはイベントのお問い合わせはこちらまで。
Email: wineevent-goldcoast@hotmail.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る