X’masにはみんなに配ろうキャンディ・ケーン

グルメ
赤と白のシマシマだけではなく、最近はカラフルなものも多い

日豪プレスおやつ隊長ヨーコの
おやつ大好き♪

 

第21回 みんなに配ろう♪ キャンディー・ケーン

クリスマスになると、必ずあちこちで売られているキャンディー・ケーン。赤と白のシマシマがなんともかわいい、いかにもクリスマスらしいおやつです。

このおやつの由来にはいろいろな説があるのですが…。1670年ごろにドイツの教会でクリスマス礼拝時に子どもたちに配られたのが最初、というのが有力な説のようです。初期のものはまっすぐなキャンディーだったそうなのですが、やがてツリーにも飾りやすく、イエス様が生まれた時にやってきた羊飼いたちの持つ杖にも似たこの形になっていったのだとか。さかさまにすると「Jesus」の「J」になるから、という説もあるようです。

初期のものは色も真っ白なキャンディーだったそうなのですが、1900年ごろを境にクリスマス・カードに登場するキャンディー・ケーンの挿絵がシマシマ模様になっていくようです。

味も始めはプレーンなキャンディーだったようです。シマシマ模様が一般的になったころにはあのペパーミント味が定番になってきたとか。

最近は色も味もいろいろなバリエーションが出ているので、どれを買おうか毎年目移りしてしまいます。もちろん、我が家の子どもたちがクリスマスになると手をべたべたにして楽しむおやつの1つでもあるのですが、このキャンディー・ケーンはクリスマス・カードに貼ったり、プレゼントのラッピングの上にリボンと一緒に貼り付けたりと、ちょっとしたプレゼントにもぴったりで、とっても便利。

そして何より、この色と形がなんともクリスマス気分を盛り上げてくれるので、こうやってコップなどに飾って机の上に置いておくだけでもカワイイですよね。

それでは皆様、今年も1年、本当にありがとうございました。どうぞ温かく幸せなクリスマスと新年をお迎えくださいませ。


■ヨーコ
オーストラリアに来て何より嬉しいのは、モーニング・ティー&アフタヌーン・ティーと、1日に2回もおやつの時間があること。上品な和菓子も、ひたすら甘いオージー・スイーツも、すべて大好物。あなたの周りの美味しいおやつネタ投稿募集中!
oyatsu@yokolance.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る