本場のシュラスコを「ブラザ」で味わおう

ブラザ

Braza
編集部セレクト 絶品レストラン・コレクション
日豪プレスのスタッフがプライベートで訪れ、舌鼓を打ったレストランを実際に食したメニューとともにご紹介。

本場のシュラスコをシドニーで味わおう

14種類もあるサイド・ディッシュは何度でもオーダー可能。写真以外にもたくさんあり目移りしそうだ
14種類もあるサイド・ディッシュは何度でもオーダー可能。写真以外にもたくさんあり目移りしそうだ

ブラジリアン・バーベキュー「シュラスコ(Churrasco)」をビュッフェ・スタイルで思う存分楽しめる「Braza」。ダーリング・ハーバーの近く、ダーリング・クオーター・プレイグラウンドの目の前に店舗を構え、周辺は観光客やオフィスで働く人たち、公園で遊ぶ親子連れでいつもにぎやかだ。店外にはテラス席もあり、爽やかな風を感じながら料理を楽しむこともできる。

(左)にぎわう店内奥では、バーベキューが焼き上がるところを見ることができる、(右)パイナップルを切り分けてくれる男性スタッフ。フレンドリーなスタッフとの会話も食欲倍増のエッセンスだ
(左)にぎわう店内奥では、バーベキューが焼き上がるところを見ることができる、(右)パイナップルを切り分けてくれる男性スタッフ。フレンドリーなスタッフとの会話も食欲倍増のエッセンスだ

同店の看板メニューはやはり、ブラジリアン・バーベキューのシュラスコ。この聞き慣れない料理は、肉やシーフード、更にはフルーツまで串に刺して焼き上げたもので、同店では焼き上がった大きな串ごとスタッフがテーブルに運んできてくれる。

単品のオーダーももちろん可能だが、今回はほとんどの客が目当てに訪れるというビュッフェ($54)を注文。テーブルに案内されるとまず、バナナ・フリッターやミックス・サラダ、ブラジリアン・チリなど、14種類から好きなものを好きなだけ選べるサイド・ディッシュが次々と運ばれてきた。

そして、お待ちかねのバーベキュー。スタッフがテーブルまで運んできて部位の説明をしてくれ、欲しいと言えば、目の前で切り分けてくれるシステムだ。「ラムの中で最高の部位」とカットしてくれた、ラム・ランプはクセが少なく柔らかい。また鶏の胸肉はスモークしてあり、普通のバーベキューとはひと味違うものが試したい人にお薦めだ。牛肉は肉本来の味を楽しめるシンプルな味付けで、「スパイシー・ソースと一緒にどうぞ」と言われるままに食べると、これもパンチが利いていておいしい。そしてデザートにはシナモン・シュガーがたっぷりかかったアツアツのパイナップル。バラエティー豊富で、最後まで飽きずにお腹いっぱい食べられる。バーも店内にあるので、カクテルなどのアルコール類が種類豊富なのもうれしい。

(左)ラム・ランプはクセが少なく、厚切りでボリューム満点、(右)バリバリと音を立てる豚バラ肉は「2センチくらいの厚さがお薦め」とスタッフの男性
(左)ラム・ランプはクセが少なく、厚切りでボリューム満点、(右)バリバリと音を立てる豚バラ肉は「2センチくらいの厚さがお薦め」とスタッフの男性

毎週土曜の夜にはダンスが披露される。あでやかな衣装を身にまとった女性と音楽を奏でる男性たちが、ダンスをしながら店内外の客を楽しませる。食事中の客を巻き込みながら練り歩くので、運が良ければ一緒に踊れるチャンスもあるかも。目でも舌でも思う存分ブラジルを味わえる同店は、ダーリング・ハーバーの他にマンリー、ライカート、ミランダにも店舗がある。ビュッフェはランチ、ディナー共に予約が可能だ。(リポート:編集部・竹内晴香)

Braza

住所:Shop 18-19, Darling Quarter, 1-25 Harbour St., Darling Harbour, Sydney NSW
Tel: (02)9286 3733/Web: dh.braza.com.au/営業時間:ランチ月~土12AM~3PM、ディナー
月~木5PM~10PM、金~土5PM~10:30PM、日12PM~10PM

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る