季節限定メニューを飲茶で味わうレストラン「ジルバー」

ジルバー

Zilver
編集部セレクト 絶品レストラン・コレクション
日豪プレスのスタッフがプライベートで訪れ、舌鼓を打ったレストランを実際に食したメニューとともにご紹介。

季節限定メニューを飲茶で味わう、広東料理の人気レストラン

ダンプリングなどのせいろは写真のラージ・サイズが1つ$5.80(Photos: Naoto Ijichi)
ダンプリングなどのせいろは写真のラージ・サイズが1つ$5.80(Photos: Naoto Ijichi)
真っ白な内装が、窓からの自然光に映える明るい店内
真っ白な内装が、窓からの自然光に映える明るい店内

セントラル駅から近いベルモア・パークの、ピット・ストリートを挟んで向かいのビル「シドニー・セントラル」の地上2階にある中華料理店「ジルバー(Zilver)」。昨年、それまでのクラシックな赤系の内装からリノベーションを経て、ホテルのダイニングを思わせる真っ白な明るいレストランに変貌を遂げた。広々とした店内にはテーブルがゆったりと並べられ、大きな窓と吹き抜けの上から日の光が柔らかく差している。

平日、普段のランチ・タイムより早めに着いたが既に先客がちらほら。「オーストラリアの人びとがカフェでコーヒーを飲みながら語らう時間を大切にするように、中華圏の人びとにとっては“飲茶(やむちゃ)”がその時間。ディム・サムをつつきながらティー・タイムを過ごすんです」とスタッフのヘーゼルさんが教えてくれた。湯気の上がる蒸したてのせいろを載せたカートが近くを通るたび思わず覗き込み、ついあれもこれもと円卓に並べたくなってしまうのが飲茶の魔法だ。

ゴーヤの苦味がおいしい「Sauteed Shredded Bitter Melon with Rice Soup」($24.80)
ゴーヤの苦味がおいしい「Sauteed Shredded Bitter Melon with Rice Soup」($24.80)

気になるせいろの中身だが、定番の小籠包(しょうろんぽう)や焼売(しゅうまい)はもちろんのこと、季節限定のメニューも用意されている。秋の新メニューは、イカや金魚、カボチャをかたどった可愛らしいダンプリングがひときわ目を引く。色鮮やかなその皮まで野菜や果実などで色付けをしたというこだわりようで、中身も品良く味付けされているのでまずはしょうゆや酢を付けずに素材のおいしさを味わいたい。ちなみにイカのダンプリングにはイカを使ったフィリング、金魚にはエビのすり身、カボチャには紫芋のペーストが入っていた。他にも、ビートルートやホウレン草でほんのり色付けされたダンプリングなどもあり、ひと口噛むと豊かな香りと共にスープがジュワッと浸み出す。

3~4人でシェアするのにぴったりの麺料理や炒飯などもそろう(左)、モチモチした食感のカボチャ型の点心は中に紫芋の餡がたっぷり(右)
3~4人でシェアするのにぴったりの麺料理や炒飯などもそろう(左)、モチモチした食感のカボチャ型の点心は中に紫芋の餡がたっぷり(右)

同店のメニューは広東料理がベース。魚介などフレッシュな素材を使った料理が多く、他の中華料理と比較するとあっさりと穏やかな味が特徴だ。今回メインとして頂いた「Sauteed Shredded Bitter Melon with Rice Soup」は、ゴーヤの苦味にキクラゲやニンジン、だしの効いた重湯のような優しい味のあんかけがマッチして、ホッとするおいしさだった。秋限定メニューだけでも一度では賞味しきれないほどの種類があったが、冬には鍋料理も出す予定だそうなのでそちらも楽しみだ。(リポート:編集部・関和マリエ)

Zilver

住所:Level G/ 477 Pitt St., Haymarket NSW/Tel: (02)9211-2232
Web: www.zilver.com.au
営業時間:月~金10AM~3:30PM、5:30PM~11PM、土・日9AM~3:30PM、5:30PM~11PM

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る