お腹も心も満たされる癒し系カフェ「カフェ・ユッカ」

カフェ・ユッカ

Cafe Yucca
編集部セレクト 絶品レストラン・コレクション
日豪プレスのスタッフがプライベートで訪れ、舌鼓を打ったレストランを実際に食したメニューとともにご紹介。

人と人とのつながりにお腹も心も満たされる癒し系カフェ

ほんのり香るみその風味が懐かしい「Misoramble Egg Toast」($13.50)
ほんのり香るみその風味が懐かしい「Misoramble Egg Toast」($13.50)

キングス・クロス駅から徒歩5分、フィッツロイ・ガーデンズの噴水を左手にバーンクルース・レーンへ少し歩を進めた所に店を構える「カフェ・ユッカ(Café Yucca)」。同店を訪れたのは平日のランチ・タイム、辺りには夜の繁華街のイメージとは打って変わり、ゆったりとした穏やかな空気が流れている。

ピンクと白のパステル・カラーを基調とした店内に入ると、柔らかな日の光を感じるのと同時に、テーブルや壁の至る所に飾られたおもちゃや人形が目に飛び込んできた。可愛らしさの中にファンタジックな世界観を感じさせる店内について、「可愛い物が好きで店中に置きたいと思っていたら、こうなっていたんです」と語るのは同店のオーナーである高杉由香さん。同店は、由香さんが2015年9月にオープンさせた。

日中、木漏れ日に明るく照らされる入り口
日中、木漏れ日に明るく照らされる入り口
ピンクと白が基調の可愛い雰囲気の店内
ピンクと白が基調の可愛い雰囲気の店内

最初にオーダーしたのは、同店の一押しメニューである「Misoramble Egg Toast」。みそ風味のスクランブル・エッグをカリッと焼いたサワー・ブレッドのトーストと一緒に頂くその一品は、異なる食感の組み合わせが癖になるだけでなく、何よりほんのりと感じるみその風味が懐かしく、思わず笑みがこぼれてしまった。

ランチ・メニューではトースト以外にも、ラップのメニューも充実。常時6~7種類のメニューが用意されているそうで、その中の「Okonomi Chicken」をオーダーしてみた。ざく切りのキャベツ、焼きそば、紅ショウガなどがトルティーヤで巻かれ、その上にかつお節とたっぷりのお好みソースがかかったそのメニューは、広島風のお好み焼きが違った形で再現されたような一品だ。

食後には「Green Tea Latte」とデザートに日替わりの「Muffin」を頂いた。ラテは、口の中に広がる抹茶の豊かな香りと優しい甘みが絶妙だが、その味わい以上に驚いたのがラテの入ったカップと受け皿。実は、店内のそれら全ての食器が由香さんにより手作りされたものだという。

広島風お好み焼きの味わいを感じるラップ「Okonomi Chicken」($9.50)
広島風お好み焼きの味わいを感じるラップ「Okonomi Chicken」($9.50)
手作りの食器にも温かみを感じる「Green Tea Latte」($5.00)
手作りの食器にも温かみを感じる「Green Tea Latte」($5.00)

ランチ・タイムも佳境を迎えると店内は混みあってきたが、その中で印象的だったのがテーブルの違うお客さん同士が会話をする光景。その光景を目にしながら、由香さんは「お客さん同士の仲が良いのがこのお店の良いところです」と話してくれた。そんな人と人がつながれるカフェは、お腹だけでなく心も満たしてくれる。(リポート:編集部・山内亮治)

Cafe Yucca

住所:Shop 1/1a, Elizabeth Bay Rd., Elizabeth Bay NSW/Tel: 0432-587-741
Email: cafeyucca@gmail.com
営業時間:月・火、木・金7AM~4PM、土・日・祝8PM~4PM、水休(予約・貸し切り可)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る