家庭の味をコンセプトにしたレストラン「イタリアン・ボウル」

イタリアン・ボウル

The Italian Bowl

編集部セレクト 絶品レストラン・コレクション
日豪プレスのスタッフがプライベートで訪れ、舌鼓を打ったレストランを実際に食したメニューとともにご紹介。

家庭の味をコンセプトに、パスタを得意とするカジュアル・イタリアン

オーナーお薦めの「AGLIO E OLIO KING PRAWNS」($22)
オーナーお薦めの「AGLIO E OLIO KING PRAWNS」($22)

シドニー郊外のニュータウン駅を降りて西に10分程歩くと、個性的な店舗が立ち並ぶキング・ストリートに、大衆食堂とも呼べるようなにぎわいの「イタリアン・ボウル」が目に入る。2005年にオープンし伝統的なイタリア料理を提供する同店は、パスタを得意とする。店の前を通るとその繁盛ぶりから、好奇心をくすぐられ、足を止めて入りたくなる。

オープンな造りで、風通しも良く日差しが直接入る明るい店内。店に入るとすぐ左にキッチンが見え、シェフたちが料理を作る様子を見ることができる。

良い具合に焼かれた「ガーリック・ブレッド」($3)
良い具合に焼かれた「ガーリック・ブレッド」($3)
気さくに何でも話してくれたオーナーのアレッキシーさん
気さくに何でも話してくれたオーナーのアレッキシーさん

オーダーは好きな麺の種類を選ぶところから始まる。ペンネやスパゲッティーなど全7種類。次に全て手作りというトマトやクリーム、オイル系など18種類のソースの中から好みのソースを決める。定番のアラビアータやカルボナーラ、リッチにゴルゴンゾーラを使ったチーズたっぷりのパスタなど、種類が多く迷ってしまう。

最初に頂いたのは、出来立てのガーリック・ブレッド。外はカリカリ、中はガーリック・バターが染みてジューシーな仕上がりで、食べ始めると止まらないおいしさだ。次に頂いたメインのパスタはオーナーお薦めの「AGLIO E OLIO KING PRAWNS」。キング・プローンとルッコラを白ワインとチリ・ソースで合わせたオイル・パスタだ。焼かれてプリッとしたエビがごろごろと入り見た目もボリューム満点。食べ進めるとピリリと辛いチリが良いアクセントになっている。弾力がありもちもちとしたパスタの食感を楽しみながら、エビの風味と爽やかなオリーブ・オイルとのマッチングを堪能した。ちなみに、もし先に注文したブレッドが残っていればパスタのオイルに付けて食べると最高に相性が良いだろう。

席にいながらもシェフがキッチンで料理する様子が見える
席にいながらもシェフがキッチンで料理する様子が見える
ランチ・タイムになると外も満席になるテラス席
ランチ・タイムになると外も満席になるテラス席

パスタは本格的な味わいながらお腹いっぱいになるほどボリューミーでかつお手頃な価格。男女年齢問わず愛されている理由はそこにあるだろう。「お母さんが作ったパスタみたいに、どんな人でもリラックスできるイタリアンを提供していきたい。ファンシーなお店にするつもりも、新しくするつもりも今のところはない。皆の心温まる店にしていけたら」とオーナーのアレッキシーさんは話す。愛情いっぱいの熱々のパスタで心まで満たされる、そんなお店であった。(リポート:編集部・福多晴子)

The Italian Bowl

住所:255 King St., Newtown, NSW 2042
Web: theitalianbowl.com.au Tel: (02) 9516 0857
営業時間:月〜木・日12PM〜10PM、金・土12PM〜11PM

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る