異国情緒の中で堪能する四川料理「蜀香坊」


蜀香坊
Spicy Sichuan Restaurant
編集部セレクト 絶品レストラン・コレクション
日豪プレスのスタッフがプライベートで訪れ、舌鼓を打ったレストランを実際に食したメニューとともにご紹介。

 

異国情緒の中で堪能する辛さと滋味に富んだ四川料理

四川料理というと唐辛子や山椒などの香辛料が効いた料理が有名だが、それ以外にも中華料理の懐の深さを伺い知ることができる「Spicy Sichuan Restaurant」。香り立つ四川、という意味の中国名を持つ同レストラン本店は、シドニー中心部からバスで10分ほどのグリーブ・ポイント・ロードの入り口近くに2007年から店舗を構え、店の前の真っ赤な看板とランタンが目印になっている。

店内には、異国情緒漂う朱色の壁に、中国王朝風の調度品、そしてもちろん多人数のための回転式の円卓も用意されている。顧客の大半は中華圏の人のようなので、その味は本格的と思って良さそうだ。

最初に選んだ「Fried eggplant with string beans and green chili($14.80)」は、揚げたナスに染み込んだうま味が口の中でジュワッと広がり、後から来る刺激的な辛味が癖になる。グリーン・チリ入りだが辛さだけが際立つことなく、しょうゆやほかの調味料とのバランスも絶妙。辛いものが好きな人なら定番の「Mapo tofu($12.80)」も迷わず注文したい。赤山椒がたっぷり効いた麻婆豆腐は、専門店でなければ食べられない奥行きのある辛さで、豆腐までしっかりと味が染みていてご飯が進む。

四川に限らず中華圏ではストリート・フードとしても有名な「Fried pancake with chopped shallots($4.80)」は、外はパリパリ、中はモチモチの生地を、胡麻油の香りとネギの食感とともに楽しめる。箸休めに選んだ「Steamed dumpling($6.00)」は想像以上に食べ応えがあったが、甘酢風のタレが食欲をさらに刺激する。

白身魚とチンゲン菜のスープ仕立ての「Boiled choy sum with fish meat($14.80)」は、美しい翡翠色が白い深皿に映え、思わずホッとする自然な塩味と魚のだしのシンプルな味わい。スタッフの薦めでご飯にかけていただくと、どこかなつかしささえ感じる優しい味だった。

シドニー3店舗のほか、アデレードとメルボルンにも支店を持つ同レストラン。広々と落ち着いた雰囲気のグリーブ店は、家族連れからカップルまでさまざまな年代の人たちで賑わう。英語の話せないスタッフもいるが皆一様に親切で、注文は英語も表示されたiPadから行うので安心だ。週末夜は特に混み合うこともあるので、ウェブサイトからの予約をお薦めする。(リポート:編集部MR)


1. 左手前から時計回りにFried eggplant with string beans and green chili($14.80)、Mapo tofu($12.80)、Fried pancake with chopped shallots($4.80)
2. Steamed dumpling($6.00)はモチモチの皮の中からジューシーな肉汁があふれる
3. 緑色が美しくホッとする味のBoiled choy sum with fish meat($14.80)
4. グリーブ・ポイント・ロード入り口すぐの看板が目印。
5. 本場中国にいるかのような気分を味わえる店内は広々としていてくつろげる雰囲気
Spicy Sichuan Restaurant
住所:1-9 Glebe Point Rd., Glebe
Web: www.spicyfood.com.au
営業時間:ランチ月〜日11:30AM〜2:30PM、ディナー月〜木5:30PM〜10PM、金〜日5:30PM〜
10:30PM

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る