第2章 豪州が誇る豊富な鮮魚たち

食の宝庫オーストラリア
兄弟でWellstone社を切り盛りする石井誠人さん(左)

MASUYA GROUP CEO  —KEN定松が歩いた—

食材の宝庫   オーストラリア

第2章 豪州が誇る豊富な鮮魚たち

 今回は多数のシドニーの有名レストランに鮮魚を供給する魚卸しの大手、Wellstone社の石井代表に、豪州で獲れる魚の魅力について話を伺いながら、先日私が訪れたシドニーから南に車で3時間半で到着するマグロ漁港の町、アラダラ(Ulladulla)周辺のフード・ツーリズムをご案内していきます。

——豪州のお薦めの魚は何ですか ?
 例えば、高級魚のキンキ(ユメカサゴ)やサワラは上品な味わいが絶品。ハタや鯛もいいですね。そして、それらの魚が日本の半額で食べられるのも大きな魅力でしょう。日本では獲れないバスグローバーやリングフィッシュは、うす造り、フライ、鍋物にしても美味しい魚。もちろん、TAS州産のサーモンとオーシャン・トラウトは格別です。
 また、マグロに関してはこの国はたいへん恵まれています。WA州からTAS州までのインド洋ではブルーフィン(南マグロ)が獲れ、東海岸ではキハダマグロ、メバチマグロまで獲れます。今年の築地の初セリのマグロは1匹1,700万円でしたが、この国からも最高級のマグロが送られています。
 また、日豪の技術交流によって世界で初めて養殖に成功したSA州ポート・リンカーンのミナミマグロが、4月から9月ごろまでレストランで食べることができます。日本で食べるマグロはほとんど冷凍ですが、シドニーでは生マグロが食べられます。マグロの風味をじっくり味わってください。
——ここ数年、魚市場の魚、特に地魚の値段が上がっています。 石井さんが買い占めているからですか ?
 まさか(笑)。以前は石油価格の高騰が漁船の運転費を圧迫し、魚の価格が上昇したこともありました。今は漁業権が高くなったことで、漁師になる人が減少傾向にあることが原因としてあります。
 そしてここ数年、テレビのグルメ番組の影響で、今まで豪州人シェフが手を出さなかったアジやイワシ、サバ、カツオ、サヨリなどの地魚が、メニューに取り入れられてきたということもあると思います。
——着々とシドニーのマグロ王への道を歩んでいる石井さんですが、日本の漁師さんがこの地で活躍できることもあるのでは ?
 豪州には生で魚を食べる習慣がなかったので、この地の漁師さんは、まだまだ魚の扱い、特に活きじめの技術が乏しいと言えます。魚は新鮮であればそれだけ高く売れますので、日本の漁師さんのイカ、シマアジ、サバなどの扱い技術は生かせると思いますよ。また、日本の魚養殖の技術はすばらしい。マーケティングや物流について豪州の業者とうまく組めば、平目や鯛、シマアジの養殖で成功することができると思います。
——それでは石井さん、読者の皆さんにプレゼントをお願いします。
 2月中にウィロビーにある弊社の鮮魚小売店「Wellstone」で20ドル以上お買い上げのお客様に、ハマチのカマ(頭つき)2個を無料でプレゼントします。
——太っ腹ですネ。石井さん、メタボに気をつけてくださいね(笑)。Thank you !
Wellstone Willoughby店
201 High St, Willoughby / Tel: (02)9958-8599

シドニーから南へ200キロ、
マグロ漁港の町・Ulladulla周辺を巡る食とワイナリーの旅



 私の店の元スタッフで、現在は名古屋で「PYRMONT」というイタリアン・カフェを経営しているYOSHI君と、自称・雨女のAさんとの日帰り旅行です。
●7:00AM Sydney(出発)
 サザン・フリーウェイを南に一路、車を走らせる。車中では、YOSHI君の店を豪州の食材やワイン、豪州各地のツアーなどの情報発信基地にすることを話し合うとともに、北海道、新潟、東京、京都、愛媛、鹿児島と、日本国内にレストランのネットワークを今年中に作る夢を語り合う。新しいことを始める時は、いつもドキドキと胸が高鳴る。

●8:30AM Wollongong
 シドニー南部イラワラ地域の中心地として、製鉄産業を主とするNSW州第3の都市ウロンゴンに到着。ここにはウロンゴン大学もある。日本の若者で、ヒアリングから本物の英語を勉強したい人には、日本人のほとんどいない、しかし立派な教育機関のあるこの地をお薦めしたい。そして、現地の人々の中で働いてほしい。日本の高校生よ、来なさい来なさいーLet’s try!! 少年よ大志をいだけ !

食の宝庫オーストラリア
カイアマの港(Photo: Tourism NSW)

●9:30AM Kiama
 カイアマは潮吹き洞穴(Blow Hole)が有名な美しい海辺の街。なんと素晴らしい景観か ! どこまでも続く海と空の青、大地、そして緑のコントラスト。いつ来ても、うっとりするくらい素晴らしい。アンガス牛が健康的に伸び伸びと飼育されているのを眺めながら、いつかここに暮らしたい…と思いにふける。

食の宝庫オーストラリア
CARGO’Sレストラン

 私たちは街のカフェで朝食を取り、市内を1周した。美しい海辺にたたずみ、いつも大きなペリカンに出会えるレストラン「CARGO’S (Tel: 02-4233-2771)」で記念撮影。日本からのビジネスマンの方、2人きり、または家族でぜひ訪れてください。地元の美味しいシーフードが楽しめます。要予約。


●11:00AM Shoalhaven
 メイン・ストリートからはずれロング・ビーチを行くと、そこはまさに天国のような海岸。この国には至る所にこのような美しいビーチがある。また、この町には、150年という歴史あるワイナリー「Coolangatta Estate and Winery」がある。300席のカンファレンス・ルームを備えた宿泊施設もあり、各種チーズとワインをマッチングさせたテイスティング・ランチを(約25ドル程度)試してみてほしい。数日泊まってビーチで遊べば、素晴らしいバケーションとなります。

食の宝庫オーストラリア

●12:30PM Jervis Bay
 先日、私どものスタッフS君が家族で訪れたというビーチをGoogleで検索すると、世界一の白砂のビーチとのこと。砂遊びをしてみたが、私的にはWA州のShark Bayの貝殻と塩でできたビーチの方が白いように見えた…。私は老眼か ?
 しかし、この地のビジター・センターはしっかりしており、周辺のキャンプ場や国立公園の散策コースなど、家族で楽しめる観光情報が豊富にそろっている。ワーホリの方はボンダイ・ビーチで寝そべるのが飽きたら、Grayhoundバスに乗ってここに来てみるのはいかが。手軽なアコモもあります。

食の宝庫オーストラリア

●1:00PM Ulladulla
 ここはNSW州を代表するキハダマグロの漁港。訪れた時は漁船は出港しており、静かな町の様子でした。ここではオイスター・バーに入り、Clyde Riverで獲れる生ガキを外のテーブルでしっかりと食べました…。甘みがあって美味。
 そして、「CARGO’S」のオーナーが薦めてくれた隣町、Mollymookに行ってみた。…驚いた。地元の人で賑う可愛いらしいビーチ、ゴルフ場のそばに1泊最高1,200ドル以上もするBannistersリゾートがあり、リゾート内には、私がよくスタッフに話す尊敬する世界的な英国人シェフRick Stein氏が海外で初めて出店したというレストランがあった。
 ちなみにこの町の近くには、地産地消のレストランとして有名な「The River Moruya」もあるので、ぜひこちらも訪れていただきたい(水〜日曜のみ営業)。

豪州だからできること…
 私は海岸沿いの1日旅行を楽しみながら、私が生まれ育った四国の愛媛県を思い浮かべていた。瀬戸内海に面した愛媛は、今治、松山、宇和島、そして高知県へと美しい海岸が続いている。名物はアナゴ、鯛、タコ、サバ、アジ…。そして「梅錦」などの有名な蔵元もある。
 しかし思う。日本全国に誇るべき海産物がありながら、なぜ誇るべき寿司屋がないのか。若者はなぜ地元を離れ、東京に集中するのか。もし私が技術のある一流の料理人なら、素晴らしい食材がそろう土地で店を開き、そして自然に恵まれ、人との間にコミュニケーションがある土地で子どもを育てたい。地元の自治体、観光業が協力し合い、愛媛県が日本に誇る地産地消のレストランを作るべきではないか、そんなことを思った。
 そしてそのヒントが、今回訪れたこの地にあると思う。
 さて、次回は豪州での有機野菜の第一人者、梅田さんを取材しながら、シドニーの西320キロの町Cowraまで旅し、同地の有機栽培野菜を紹介します。
〜Enjoy your meal!〜
参考ウェブサイト
KIAMA Information Centre
Web: www.kiama.com.au
Jervis Bay Information Centre
Web: www.jervisbayinfo.com.au
Coolangatta Estate and Winery
Web: www.coolangattaestate.com.au
Rick Stein at Bannisters
Web: banisters.com.au
Pyrmont
Web: www.pyrmont.jp


食の宝庫オーストラリア
手にしているのはピンクレディ、ガラ、グラニースミス、フジなどのリンゴ

プロフィル
◎日本食レストラン「鱒屋グループ」社長。
肉体的にも精神的にも自分では38歳と信じている。
1961年生まれ。愛媛県松山市出身。A型
Web: www.masuya.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る