炭水化物なし「ズッキーニのベーコン&マッシュルーム・パスタ風」

簡単! 多国籍キッチン
多国籍なオーストラリアの簡単で美味しいレシピを紹介。

麺&炭水化物なしでヘルシー
ズッキーニのベーコン&マッシュルーム・パスタ風
(文・写真=ランス陽子)

麺の代わりにズッキーニを使ったパスタ風のレシピ。野菜をたっぷり食べられる
麺の代わりにズッキーニを使ったパスタ風のレシピ。野菜をたっぷり食べられる

最近、オーストラリアのキッチン用品店で下の写真のようなグッズが売られているのをよく見かける。「スパイラル・スライサー」や「スパイラル・カッター」といった名前がついているこの製品は、ニンジンやズッキーニなどの野菜を、細長く麺のようにカットする優れもの。細長い野菜を回しながら押し込むだけで、簡単に野菜がカットされていく。刺身のつまやサラダ、野菜炒めなどにも大変便利だ。

このスパイラル・スライサーを使って、パスタの麺の代わりにズッキーニを使うとヘルシーでおいしいメニューが作れると教えてくれたのは、弁護士のマークさん。「調理することもおいしいものを食べることも大好きですが、今は残念ながらダイエット中。なんとかカロリーを抑えておいしいものを食べたいと、いろいろ工夫しています。やはり筋肉を落としたくないので、肉や乳製品などのタンパク質はできるだけ減らしたくない。だから一番カロリーに結びつきやすい炭水化物を減らして、代わりに野菜をたっぷり取るようにしています」と話すマークさんは、ご飯の代わりにゆでたカリフラワーをたっぷり刻んでカレーの付け合わせにしたり、パスタが食べたい時には麺の代わりにズッキーニを使っているそうだ。

「全く炭水化物を取らないと徹底してるわけではないけど、できるだけ減らしてみたら数カ月で10キロ以上痩せました。肉は減らしていないし野菜でもかなり満腹感は得られるから、この方法だとダイエットといってもあまり辛くないです。それに、野菜をたくさん摂取することは体にも良いですからね」

少しだけ炭水化物を減らしたい人は、ご飯を半量にしてカリフラワーと混ぜたり、麺を半量にしてズッキーニと合わせても良さそうだ。

グルテン・アレルギーで悩んでいる人にも良さそうな、この麺の代わりにズッキーニを使ったパスタ風の料理。コツは「ズッキーニは強火のフライパンで、さっと炒める」ことだそうだ。「長く炒めすぎるとぐにゃぐにゃしてしまうので、1分ほど炒めてしんなりと全体が柔らかくなったら、もう火を止めてOK。最後に、皿に盛ってから好みでパプリカをかけると、彩りと香りが良くなりますよ」

自分で作ってみよう!

(2人分)

ズッキーニ 3本
マッシュルーム 200g(スライス済み1パック)
タマネギ 1個
ベーコン 200g
ガーリック 1片
サワー・クリーム 100g
パプリカ(好みで) 少々
少々
コショウ 少々
調理油 適量

作り方

① ズッキーニをスパイラル・スライサーで麺状にしておく。ガーリックをみじん切りにする。

② タマネギをスライスし、ベーコンを短冊に切る。

③ フライパンを2つ用意する。1つ目のフライパンを強火で熱し、調理油を少々入れてからガーリック、ベーコンを炒める。

④ ③にタマネギを入れて5分ほど炒め、更にマッシュルームを加える。マッシュルームに火が通ったらサワー・クリームを加え、塩、コショウで味を調える。1分ほど炒めて、火を止める。

⑤ もう1つのフライパンを強火で熱し、調理油少々でズッキーニをさっと炒める。1分ほど炒めてしんなりしたら皿に盛る。

⑥ ⑤に④を載せる。好みでパプリカを振りかけて完成。


マーク・ブレイディさん
オーストラリア出身の弁護士。現在は博士号取得に向けて研究を続けながら、大学講師を務めている。趣味はバイクのレース。無類の猫好きでもある。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る