幸せワイン・ガイド「ピノ・グリ&グリージョ」

ワインの産地、ブドウ品種名などの表記は、オーストラリア連邦政府のワイン振興団体であるワインオーストラリアの基準に合わせています。

今月の品種:ピノ・グリ&グリージョ

ワインを作るブドウ品種には、実は複数の名前を持つものが多くあります。先月ご紹介した「グルナッシュ(Grenache)」はスペイン語圏では「ガルナッチャ」と呼ばれていますし、オーストラリアで最も作付面積の多い「シラーズ(Shiraz)」は、オーストラリア以外のほとんどの国では「シラー(Syrah)」として知られています。「ピノ・ノワール(Pinot Noir)」に至っては、ドイツ語圏では「シュペートブルグンダー」という難しい名前で呼ばれているのです。

今回ご紹介する品種は、オーストラリアで2つの名前で呼ばれている品種「ピノ・グリ(Pinot Gris)」と「ピノ・グリージョ(Pinot Grigio)」です。

ピノ・ノワールの突然変異

コッパー・ピンク色のピノ・グリの果皮©Yuki Nakano/Don & Kindeli Wines
コッパー・ピンク色のピノ・グリの果皮©Yuki Nakano/Don & Kindeli Wines

ピノ・グリは、ピノ・ノワールの突然変異から生まれた品種です。「ノワール」がフランス語で「黒」という意味なのに対し、「グリ」はフランス語、「グリージョ」はイタリア語で「グレー」「灰色」という意味です。白ブドウの一種ではありますが、果皮の色が濃く、黒ブドウと白ブドウの中間のような、ピンクがかった色をしています。その色がワインにも反映され、濃いゴールドやピンクがかった色をしたものが多くあります。ちなみにピノ・ノワールの突然変異には、「ピノ・ブラン」という品種もあり、「ブラン(白)」という名前のとおり更に色の薄い果皮を持つ白ブドウです。

香りや味わいの特徴

ピノ・グリの特徴は、甘みと厚みを感じられる赤いリンゴやナシ、白桃のような甘い果物の香りと、樹に咲く白い花のような可憐な香りです。糖蜜、蜂蜜のような甘みを帯びていて、白コショウのようなスパイスの味わいを持つものもあります。酸味はソーヴィニョン・ブランやリースリングに比べると穏やかめです。

世界とオーストラリアの名産地

ピノ・グリの世界の名産地は、まずはフランスのアルザス地方。ここでは当然のことながら「ピノ・グリ」と、フランス語で呼ばれています。そしてドイツのバーデン地方、イタリアのヴェネト地方やフリウリ地方、オーストリア、スロベニアなどでも生産されています。

ヨーロッパ以外ではお隣ニュージーランドの南島、マーティンボロやセントラル・オタゴ。アメリカのオレゴン州、ワシントン州などでも作られており、これらの国ではほとんどのものが「ピノ・グリ」と呼ばれています。

オーストラリアの名産地はタスマニア、南オーストラリア州のアデレード・ヒルズ、ビクトリア州のモーニングトン・ペニンシュラ、ヤラ・ヴァレー、キング・ヴァレーなど、冷涼な地域です。ちなみにキング・ヴァレーでは、イタリア系の品種が強いという地域性もあってか、「グリージョ」と表記されているものが多いです。

ピノ・グリとピノ・グリージョの違い

オーストラリアには、ピノ・グリとピノ・グリージョの違いを定める法律はありません。どちらの名称がワインの名前として使われるかは、完全にワイン・メーカーの意向に任せられています。

ピノ・グリと書かれたものはアルザス風のスタイルに近くリッチで甘めなのに対し、ピノ・グリージョと書かれたものはイタリアのスタイルに倣い、軽やかでさっぱりとしたものが多い、という“傾向”はありますが、必ずしもそうとは限りません。元々は同じ品種ですし、そもそも場所を変えて作っているわけですから、オーストラリアのピノ・グリとグリージョの違いに関しては、深く考えず気軽に手に取ってみてください。


ピノ・グリと合わせたい料理

ピノ・グリはディナーはもちろんですが、ランチにもちょうど良い飲みやすい白ワインです。キッシュや生ハムなどの前菜や、ナシとルッコラのサラダ、パスタならボンゴレやカルボナーラがお薦め。ブリ、サンマなどの味の濃い魚や貝類と合わせても良いでしょう。和食であれば魚の煮付けや肉じゃがなど、甘辛い煮物と合わせてみてください。

幅広い食事と合わせやすいピノ・グリ&グリージョ

梅:平日ディナーに

Yalumba The Y Series Pinot Grigio 2015 South Australia/13ドル
シーフードのパスタ、魚のグリルと
Web: www.yalumba.com

竹:週末ランチに

Quartier Pinot Gris 2015 Mornington Peninsula/24ドル
シーフードBBQ、キッシュと
Web: portphillipestate.com.au

松:ディナー・パーティーへの差し入れに

Bay of Fires Pinot Gris 2015 Tasmania/30ドル
ムール貝のワイン蒸し、生ハム・メロンと
Web: www.bayoffireswines.com.au


<著者プロフィル>
フロスト結子
◎日本人としての合格者はまだ少ないワインの国際資格WSET® Diploma in Wine & Spiritsを取得。日本でワイン関連商社の貿易業務に携わった後、2009年オーストラリア人の夫との結婚を機にシドニーへ移住。現在はオーストラリア国内大手オークション会社であるGraysOnlineのワイン部門でアカウント・マネージャーとして勤務する傍ら、フリーランスとしてライティング、ワイン関連の翻訳、市場調査などで精力的に活動中。ワインのコメントは「とにかく美味しそうに書く」がモットー。Web: auswines.blog.jp

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る