ローズマリー

もっと!身近で簡単 アロマの時間

もっと ! 身近で簡単

アロマの時間

 皆さん、こんにちは。今月は肉や魚の臭みを消すため、料理によく使われるハーブの精油をご紹介します。

ローズマリー

もっと!身近で簡単 アロマの時間

「ローズマリー/Rosemary」
学名:Rosmarinus officinalis
科名:シソ科
抽出方法/部位:水蒸気蒸留法により葉、開花した花の先端80キロから精油1キロが得られます。
原産国:フランス、チュニジア、スペイン、ユーゴスラビアなど
 ローズマリーという名前は、ラテン語の「海のしずく」に由来しています。沿岸に育つ植物ということから名付けられたようです。ハンガリーの王妃、エリザベート1世がローズマリーを処方した化粧水「ハンガリー・ウォーター」を使って若々しい姿を取り戻したと言われており、このハーブのエピソードはつきません。
 勉強する時や、仕事をする時など集中力を必要とする場面で活躍するでしょう。頭痛や偏頭痛、めまいなどを和らげたり、肌のたるみやむくみを解消、フケを抑え、毛髪の成長を促す働きがあります。
 また、同じシソ科のラベンダーとも相性が良いため、筋肉疲労時にはローズマリーとラベンダーをブレンドしたマッサージ・オイルでトリートメントすると効果的です。
 ローズマリーの精油には主成分の異なる3種があり(ケモタイプ)、主成分名がベルベノンの場合はお肌へ、シネオールの場合は呼吸器系へ、カンファーの場合は筋肉系に適しています。購入前にそのローズマリーの主成分が何かを確認してくださいね。それでは皆さん、素敵なアロマ・タイムを。

簡単♪アロマ・レシピ

「集中力、記憶力アップのアロマ」
アロマ・コロンなどを持ち歩き、テストやプレゼンの前に手首などに塗布してください。また、マグカップやアロマ・ポットなどでお部屋を芳香してください。
ローズマリー・シネオール 2滴
レモン 2滴
ペパーミント 1滴
ユーカリ・ラディアタ 1滴
キャリアオイル 10ミリ・リットル


もっと!身近で簡単 アロマの時間

著者プロフィル/相澤正弘
ボンシック社代表。オーガニック・スキンケア製品の自社ブランド「c19(しずく)」「Green Shower」を展開、日本へ輸出している。在豪17年。アロマセラピー、アーユルベーダ、レメディアル・マッサージなど各種コースを修了し、レアな男性アロマセラピストとして日豪で活躍。
Web: www.marvo-aromatherapy.com
Tel: (02)9439-8633

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る