オーガニック・シュガー・スクラブを作ってみよう

第58回
オーガニック・シュガー・スクラブを作ってみよう

昔、中国では薬として使われていた砂糖は肌のかゆみを抑える効果があるとされ、皮膚疾患の人へ有効とされてきました。また、現在も薬の原料に砂糖に含まれる成分が使用されているなど、砂糖は治療薬としても使えるのです。ニキビやアトピー性皮膚炎の緩和にも効果があるという症例も出ています。古い角質のターン・オーバーにも有効なため、美容目的としても非常にお薦めです。美白、保湿、シミ対策などを目的として使用してみてください。

また、一般的なスクラブというと「塩」「マイクロ・プラスチック」などが使用されます。2つに共通するのは、溶けないことです。洗い流すまで個体として肌に残ります。塩は若干溶けるもののマイクロ・プラスチックは一切溶けません。これが肌を傷付ける要因になっています。敏感肌の人には強すぎてしまう傾向にあります。引き締めを目的とするのであれば、上記の2つは有効的かもしれません。その点、シュガー・スクラブは肌の上でどんどん溶けていきます。溶けた砂糖成分は深部へ肌浸透していき、軟化(エモリエント)効果を与えます。スクラブしているのに、肌全体がしっとり柔らかくなるのが最大の特徴です。前述の通り、かゆみや炎症箇所にも有効なので集中ケアにも良いでしょう。

美容目的で使用する場合、入浴中もしくは入浴直後に使用し、その後オイルやクリームなどを塗布すると浸透度が増し、より一層肌に吸収されていきます。シュガー・スクラブはボディー用とされていますが、様子を見ながら少量をフェイシャルに使用することもできるので、ぜひお試しください。手作りする際に使用する精油は、美白効果のあるスイート・オレンジ、抗炎症、細胞再生作用のあるラベンダーを使用します。この他にも有効な精油はたくさんありますが、くれぐれも肌刺激性がある物は避けるようにしてください。

今回は全てオーガニック認定を受けている原料を使い、オーガニック・シュガー・スクラブ(50g)のレシピをご紹介します。

  1. シュガー……………………………….. 40g
  2. ホホバ・オイル…………………………. 20ml
  3. ラベンダー…………………………….. 3滴
  4. スイート・オレンジ……………………. 2滴

上記の物を瓶内で混ぜるだけですので非常に簡単です。

今月はこのオーガニック・シュガー・スクラブ(50g)を3名の方にプレゼント致します。それでは、すてきなアロマ・タイムを。

プレゼントのお申し込みは下記まで。
■応募先Web: nichigopress.jp/campaign
■応募締切:10月31日(水)


相澤正弘
IFA、IAAMA、ATMS、DIP AROMA、WOAA DIRECTOR、AYURVEDA AROMATEHRAPY CERT Ⅳ、REMEDIAL MASSAGE CERT Ⅳ保持。マーヴォ・アロマ・スクールを運営する傍ら、アロマセラピーを広めるべく日々活動中。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る