キーワードは抗酸化!「食」でアンチエイジング

肌のくすみ、たるみ、シワなど、誰しも避けては通れないエイジング(老化)現象。切ったバナナやリンゴが酸化し変色していくように、何気ない生活習慣が人間の細胞を錆びつかせ、現代人のエイジングを加速させている。そこで、自然に美しく年を重ねるために、毎日の食事を通して「抗酸化」に取り組み、体の中からアンチエイジングを目指そう。

エイジング(老化)の原因となる活性酸素

活性酸素とは?

呼吸によって取り入れた酸素のうち、1~3パーセントが体の中で「活性酸素」に変わる。本来、体内の細菌やウイルスを攻撃し退治する役目を持つ活性酸素だが、必要以上に増えすぎると正常な細胞や遺伝子をも攻撃して酸化(錆び)させ、老化を早めてしまうという側面もあるのだ。つまり、多すぎる活性酸素は美容・健康の敵ということになる。

どんな影響が?

活性酸素が増えると、細胞は錆びて老朽化し代謝が低下する。これは、細胞が老廃物をうまく排出できなくなったり、栄養をきちんと吸収できなくなることを意味する。それにより老化の他、ガン、アトピー、関節炎、動脈硬化などの生活習慣病、生理不順、更年期障害など実にさまざまな病気や不調を引き起こすことにつながるのだ。

活性酸素が増える原因

活性酸素が正常値以上に増加してしまう原因として、以下のような現代人の生活習慣・環境が挙げられる。


食生活(食品添加物、ジャンク・フード、農薬)
紫外線、大気汚染、排気ガス
ストレス、睡眠不足、過度の疲労・運動
電磁波(特に電子レンジ、携帯電話、PC)
化学物質(化粧品、薬、殺虫剤)
嗜好品(たばこ、アルコール)
放射線、病原菌

精神的なストレスによる影響も大きく、怒り、悲しみ、失望、ショックなどの感情が、副腎皮質ホルモンの分解過程で活性酸素を産出することも分かっている。ちなみに、ゆっくりと複式呼吸で新たな酸素を取り込む深呼吸は、活性酸素の除去に役立つとされているので試してみよう。

抗酸化=活性酸素に打ち勝つ!

人間の体には元々、抗酸化酵素による「活性酸素の攻撃から細胞を守る力」が備わっており、体の酸化を防いでいる。しかし、この抗酸化酵素の量は加齢により低下すると言われ、また、年齢によらず日頃の生活習慣次第でも「活性酸素による細胞の酸化」と「抗酸化酵素による酸化防止」のバランスは崩れてしまいがち。そこで重要となるのが、食事で抗酸化成分を摂ることで錆びない体作りをすること。毎日の食生活に以下のような栄養素を意識的にプラスし、活性酸素の増えすぎを予防して若々しい美しさを保とう。

抗酸化酵素の働きを助ける

ミネラル

ミネラルは、活性酸素を除去するための抗酸化酵素を体内で作ったり、
その働きサポートするために必須の栄養素。

<亜鉛>
抗酸化酵素SOD(体内の過酸化脂質生成を抑制する酵素)を構成する。
◆亜鉛を含む食品:牡蠣、ウナギ、牛モモ肉、チーズ、豚・鶏レバー、卵黄、大豆製品、ゴマ、緑茶など

<銅>
活性酸素を除去するSODの合成には銅も不可欠。
◆ 銅を含む食品:牛レバー、ホタルイカ、桜エビ、イカの塩辛、豚レバー、生牡蠣、イクラなど

<マンガン>
亜鉛、銅と並んでSODを構成する成分の1つ。
◆マンガンを含む食品:海藻、ショウガ、緑茶、シソ、バジル、パイナップル、シジミ、パセリ、玄米など

<セレン(セレニウム)>
活性酸素を水と酸素に分解する抗酸化酵素をサポート。
◆セレンを含む食品:カツオ、ホタテ、ウニ、イワシ、ブリ、牡蠣、レバー、卵黄、ヒマワリの種など

活性酸素の働きを抑える

ビタミン

体内で作る酵素では太刀打ちできない活性酸素を除去するため、体外から取り入れる抗酸化物質として有効なのがビタミンだ。ビタミンAとEと組み合わせると抗酸化力がアップするので、毎日の食事に上手に取り入れよう。その他にもビタミンには、髪・肌・目の健康を保つ、免疫力の強化、疲労回復、血流促進、肩こり・冷えを予防するなどの役割があるので、意識して積極的に摂るようにしたい。

<βカロチン>
体内でビタミンAに変化し、一部の活性酸素を無害化する働きを持つ。
◆βカロチンを含む食品:緑黄色野菜(ニンジン、カボチャ、ホウレンソウ他)、柑橘類、スイカなど

<ビタミンC>
細胞質や血液中で活性酸素の働きを抑制する。
◆ビタミンCを含む食品:アセロラ、カプシカム、パセリ、ケール、ゴーヤ、キウイフルーツなど

<ビタミンE>
活性酸素の攻撃から細胞を保護する。
◆ビタミンEを含む食品:ウナギ、アーモンド、アボカド、カボチャ、明太子、小麦胚芽、卵など

植物のパワーで抗酸化

フィトケミカル(ファイトケミカル)

「Phytochemical」は植物中に存在する天然の化学物質で、通常の身体維持機能には必須でないが健康のために良い影響を与えるとされる成分。フィトケミカルの多くは果物や野菜の色素や辛成分であり、体内では抗酸化物質として作用する。また、疫学的研究ではフィトケミカルに抗発がん性を持つものが多いことも明らかになってきている。

<ポリフェノール>
アントシアニン、カテキン、タンニン、イソフラボン、セサミンなど、植物の色素や渋味、苦味の成分となる化合物の総称。活性酸素の働きを抑える。体内に3~4時間しか蓄積できないのでこまめに摂取を。
◆ポリフェノールを含む食品:ブルーベリー、ブドウ、赤ワイン、黒豆、大豆製品、緑茶、紅茶など

<リコピン>
植物が自らの身を守るために蓄える天然の色素成分のうち、赤色のもの。増えすぎた活性酸素を除去する働きを持つ。
◆リコピンを含む食品:トマト、スイカ、ピンク・グレープフルーツ、柿、アンズ、ピンク・グァバなど

読んでアンチエイジング!

「抗酸化ライフを学ぶこの本」

『老けない人はやめている』

オーガスト・ハーゲスハイマー著/講談社

「日常の間違った習慣が、知らずに老化を加速させている」。30代に見えるが実は50代! というアンチエイジングのカリスマが、科学的根拠に基づき編み出した“オーガスト流フードヒーリング”を紹介。苦しい食事コントロールは一切無しで、老けない体を手に入れよう。

『スリムな身体で美しい人はこう食べている』

オーガスト・ハーゲスハイマー著/中央公論新社

食事を変えるだけで「くびれ」ができ、1カ月で確実に結果を出せるダイエット方法とは? 芸能界、美容業界から厚い信頼を寄せられるアンチエイジング博士による、「美しくやせる」をテーマにした1冊。栄養科学博士である著者だからこその、目から鱗の栄養学の新常識も満載。

著者オーガストさんからのアドバイス●「年齢を重ねることは避けられませんが、体に現れるエイジングのサインを予防する方法はいくつかあります。まずは食品や水、大気の汚染に気付き、これらが体内に取り込まれることによって増える活性酸素に対処しましょう。1つには“毎日”のデトックス。これは、人工的な食材や加工食品を避け、100%オーガニックなどのナチュラル・フードと、生のグリーン・リーフを毎食摂ることで可能になります。そして抗酸化作用の高い粉末ドリンクや、ホール・フーズのサプリメント(アサイーやアセロラなど)の使用も効果的です」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る