【美容特集】ビューティーなんでもQ&A(フェイス・ケア編)


日々のお手入れの中で感じる「美」への素朴な疑問。健康的に美しく暮らすために、日本人ならでは、オーストラリア在住者ならではの悩みや知りたいことに、ナチュラルなボディ・ケア、フェイス・ケア、メイクアップのカテゴリごとにその道の専門家が回答する。

アロマのプロが伝授
「ナチュラル・ケア」 ▶▶▶

美容研究家に聞く
「フェイス・ケア」 ▶▶▶

メイクのプロが教える
「メイクアップ」 ▶▶▶

フェイス・ケア編

美しい肌を作る毎日のスキンケア。化粧水、乳液、美容液、日焼け止め、クレンジング、洗顔など、製品選びのポイントや効果的な使用のコツとは?


回答者: 山岡生香さん(化粧品開発、美容研究家)

プロフィル◎ i-Natural Beauty Sydney代表。自然素材に着目したスキンケアの研究をしながら、美と健康の関連性を学ぶ。2004年、エイジングと透明感のある肌をつくる成分を高配合した無添加化粧品“アイホワイト”(Web: www.i-white.net)発表。
◆10月中、アイホワイトのオンライン・ショップまたは「ほんだらけ」で100ドル以上買い物+「日豪プレスを見た」と伝えると、100%天然洗顔ソープ(Green Clay Soap、$16)をプレゼント!

肌にリラックス効果を与え、美肌効果もあるメイク落とし「ホワイトビタクレンジング」(150ml/$52)

Q: 便利な「シート・タイプ」のメイク落とし、肌に良くないですか?

A: とても便利なアイテムですが、拭き取る度に起きる摩擦が肌に負担となります。肌は何度も摩擦を感じると、その部分を守るためにメラニン生成を活性化させ、黒ずみ、シミができてしまうのです。また、シート・タイプにはアルコールや強めの防腐剤が多く含まれているので、乾燥肌や敏感肌には向いていません。機内移動やキャンプなど、水が使えない時の臨時アイテムとして活用し、普段はリキッドのクレンジング剤を使用しましょう。(写真)肌にリラックス効果を与え、美肌効果もあるメイク落とし「ホワイトビタクレンジング」(150ml/$52)

毎日の肌ダメージをリセットする成分がぜいたくに配合された美白化粧水「ホワイトビタローション」(150ml/$52)

Q: 化粧水製品の種類が少ないオーストラリア。使わなくても良いものなのでしょうか?

A: 欧米圏の女性は「化粧水=メイクをふき取る際に使う物」という概念があるので種類も少ないのでしょうね。しかし、洗顔後の化粧水はスキンケアとしてとても重要です。皮脂や汚れを洗顔料で後の肌のpHバランスを整え、日中の紫外線や乾燥に耐えた肌を癒やす役目も果たします。もちろん成分が一番大事なので、セラミド、ビタミン、アミノ酸を配合し、防腐剤や石油由来の成分を含んでいない物を選んでください。(写真)毎日の肌ダメージをリセットする成分がぜいたくに配合された美白化粧水「ホワイトビタローション」(150ml/$52)

Q: 洗顔とその後のスキンケア、朝と夜とで何をするか違いはありますか?

A: まず朝の洗顔は、就寝中に出た皮脂とそれに付着した汚れを取り除くのが目的です。カサカサに肌荒れした状態であれば、ぬるま湯で洗い流すだけの方が良い場合もありますが、普通の状態であれば固形せっけん(他の洗顔アイテムより余分な成分を含んでいません)をしっかり泡立て丁寧に洗い流してください。皮脂が天然の保湿クリームになると思っていらっしゃる方もいますが、実際には皮脂も放っておくと酸化し肌トラブルの原因になります。
 そして夜の洗顔の目的は、メイクも含めた余分な物を全てを落とすこと。どんなに注意しても肌は毎日ダメージを受けています。それを日々リセットすることが肌トラブルや老化を未然に防ぐことになります。つまり肌をクリーンな状態に戻し、ダメージを受けた肌に栄養を与えることが夜のスキンケアのポイント。使用アイテムや量は朝晩で変化させるのではなく、その日の肌の状態を見て調整すると、肌も安定します。

Q: 毎日のスキンケアだけでなく、パックなどの特別なケアもしたほうが良いですか?

A: 時々思い立ってケアに力を入れるのではなく、やはり毎日のスキンケアをどれだけ正しく行うかが、理想の美肌を手に入れる近道です。そのためにはスキンケア化粧品を広告などのイメージではなく「成分」で選ぶこと、そして1年を通してしっかりと紫外線対策をすることが最重要です。ただ、紫外線を浴びたと感じた日には炎症を抑えるアロエ、ビタミンを配合した化粧水を少し冷やして、コットンに含ませてパックすると、シミになるのを防いでくれます。こまめなケアで肌を大切にしてくださいね。

必須美肌成分を最高濃度配合。シミ、くすみ、エイジング肌をみずみずしくする美白&エイジング・ケア美容液「クリアホワイトセラム」(40ml/$88)

Q: 今まで美容液を使ったことがありません。使用したほうが良いでしょうか?

A: 特に30代後半以降は、今まで使っていなかった方もぜひ化粧水の後に美容液の使用をお勧めします。美容液は肌に必要な栄養を凝縮したアイテムで、加齢などによって肌から失われていく栄養分を補う役割をします。しかし内容成分は製品によるので、選ぶ時は、セラミド、アミノ酸、ビタミンを高配合した無添加の物を。化粧品は微量に配合しているだけでも「○○配合」と記載できるのでその点もご注意ください。(写真)必須美肌成分を最高濃度配合。シミ、くすみ、エイジング肌をみずみずしくする美白&エイジング・ケア美容液「クリアホワイトセラム」(40ml/$88)

Q: よく聞く「石油由来成分」や「化学防腐剤」は、なぜ肌に良くないのですか?

A: 健康な肌、美肌を作る基本となるのは、ずばり「肌代謝」。肌は生きている限り再生を続けますが、それを邪魔するのが石油由来の成分です。肌代謝を乱し、皮膚呼吸もブロックするので吹き出物やザラザラ肌を引き起こします。刺激が少なく安価なため多くのメーカーが多用していますが、絶対に避けるべき成分だと思います。化学防腐剤パラベンは、これを配合すれば化粧品は何十年でもどんな状況下でも腐りません。メーカーにはありがたい成分ですが、メリットがあるのは売る側だけ。猛毒の1つでもあり健康被害も報告されている防腐剤です。

Q: 既にできてしまったシミ。今から消すことはできるのでしょうか?

紫外線吸収剤無添加、美容液効果もあり肌に優しい日焼け止め下地「デイスキンヴェールプラスSPF33++」(30ml/$48)

A: もちろんです。先に述べた通り肌は再生を繰り返しますので、正しいケアを続ければ、新しい肌細胞が育ち、シミ、肌老化、その他の肌トラブルもきれいに解決できます。シミに関しては、肌代謝を大きくサポートするビタミンA(レチノール)とビタミンCを含んだスキンケア製品を選びましょう。石油由来成分、化学防腐剤はシミを誘発させるという研究結果も出ています。(写真)紫外線吸収剤無添加、美容液効果もあり肌に優しい日焼け止め下地「デイスキンヴェールプラスSPF33++」(30ml/$48)

アロマのプロが伝授
「ナチュラル・ケア」 ▶▶▶

美容研究家に聞く
「フェイス・ケア」 ▶▶▶

メイクのプロが教える
「メイクアップ」 ▶▶▶

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る