第 1 回 美しい髪はシャンプーから生まれる

髪は顔に一番近いところにあります。髪がボサボサ、バサバサでは、せっかくの洋服もメイクも台なし。では、健康で美しい髪を手に入れるには、どうしたらいいでしょう ?

美しい髪のためのヘア・ケアの基本は、なんと言ってもまずシャンプーです。
髪を濡らす前に、まずブラッシングします。猪毛のクッション・ブラシ、特にMason Pearson社製がお薦めです。猪毛は豚毛に比べ硬く、油分があるため、髪に艶が出ます。またマッサージ効果が高く、頭皮の血行を良くしますし、枝毛の原因である静電気が起きにくいのが特徴です。
頭皮にブラシが軽く届くぐらいで、髪の根元から毛先まで、しっかりブラッシングしましょう。
その後、シャンプー剤をつける前に、お湯だけで髪をゆすぎます。38度ぐらいのお湯で2〜3分間、十分にプレ・シャワーをすることで、汚れの7割は落とすことができ、シャンプー剤の泡立ちもよくなるので、髪への負担も減ります。それからシャンプー剤を付けますが、シャンプーは泡立ちが肝心です。ヘア・ワックス、スプレー、オイルなどのスタイリング剤が付いている時は、泡立ちが悪く、髪同士の摩擦が大きいので、1度流してもう1度シャンプーします。水と空気を十分に含ませると、泡のきめが細かくなり、髪の摩擦が減ります。しっかり泡立ったら、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。かゆいからといって、爪を立てると、頭皮が傷付られ、フケやかゆみの原因になります。シャンプー後は流し過ぎかと思うぐらい、しっかり流しましょう。アフター・シャワーが終わったら、軽く手で水気を切り、コンディショナー、トリートメント剤を毛先を中心にしっかり馴染ませます。基本的に、頭皮には付けないようにしますが、中にはスカルプ・トリートメント剤など頭皮に付けるものもあるので、取り扱いを確認して、正確に使いましょう。コンディショナー剤、トリートメント剤は、流し過ぎるとブラッシングの時や乾かす時に髪を痛めますので、ゆすぎは指がスルスル通るぐらいの滑らかさが残る程度が良いでしょう。

この方法を毎回繰り返すだけで、ツヤツヤの美しい髪に。ぜひお試しください。

美しい髪はシャンプーから生まれる

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る