かんたん!毎日エクササイズ「背中の柔軟性・筋力強化」

運動は大切と知っていながらも、体が硬いからヨガ教室に通うのは恥ずかしい、スポーツ・クラブに通う時間がない、マラソンを始めてみたけど長く続かないなど、実際に続けることの難しさを感じている人は多いのではないでしょうか。1日1時間、マットを敷いてみっちりやる、などとは考えずに、1日5分でも10分でもちょっとした合間の時間を使って体を動かす習慣を付けてみてはいかがでしょう。そんなお手伝いをさせて頂く、「かんたんエクササイズ」のコラムです。

今月のテーマ: 背中の柔軟性・筋力強化

ポーズ①

こちらのエクササイズには、胸を開くだけでなく、肩、首、背中もスッキリさせてくれる効果があります。
 デスク・ワークをしていると胸が中に落ち込みがちになるので、こうして胸を時々大きく開くことでとてもリフレッシュできます。また、肩こりなどの防止にもなりますので、ぜひやってみてください。
 まず、いすに浅く腰掛けます。いすの背もたれの下の方を外側からつかみ、息を吐く時に体を少し前に倒すようにして肩甲骨を内側にぐっと寄せるようにします。首は下に垂れないように斜め前を見るようにしましょう。呼吸をする度に徐々に胸が広がり肩や背中のこわばりも取れていきます。

ポーズ②

このエクササイズはこっそりやる感じではないので(笑)、周りの目が気にならない時にやってみましょう!
 腰回りの血流が悪くなりがちなデスク・ワーク。この大きくねじるポーズで血流の悪さを解消しましょう。まず、いすに浅く腰掛けます。脚は腰幅で並行になるように置きます。そして右手を左ひざ辺りに置き、左腕を大きく天井に向けて上げ、目線も上へ。次に息を吐く時に右手を少しずつ下に降ろしていきます。痛みや苦しさを感じる手前の所まで降ろし呼吸を繰り返してみましょう。肩が内側に入らないようにリラックスして、胸を開くように意識すると奇麗に体がねじれます。

ポーズ③

こちらのエクササイズもかなり大胆に大きく動きますので、周りに気をつけながら行ってください。
 このエクササイズは、肩や背中だけでなく、腰回りにも効きます。また、何と言っても頭を下げることにより、いすに座りながらにして逆転のポーズができるというすばらしい特徴があります。仕事が煮詰まってしまった……勉強がはかどらない……という困った時などにぜひ頭をすっきりさせてみましょう。
 まずいすに浅く腰掛けます。脚は腰幅よりも少し広めに開いて姿勢を安定させます。次に手を後ろで組んだら、息を吐く時に体をゆっくり前に倒していきます。そこで何度か呼吸を繰り返してください。

ポーズ④

こちらは背中を緩めるエクササイズの中でも、比較的小さな動きでできるものになります。気が付いた時にいつでもできそうですね!
 周りにたくさんの人がいる状況で大きな動きをするのは難しい……という人は、ぜひこまめにこのエクササイズをやってみてください。
 まず、いすに浅く腰掛けます(写真ではポーズを見えやすくするために横向きに座っていますが、普通の座り方でできます)。次に、指を下に向けた状態で手を腰辺りに置きます。この状態で呼吸を繰り返すのですが、息を吸う時は胸を前に出すようにし、息を吐く時は肘同士を近づけるようにしてみましょう。

−− エクササイズにまつわるお話 −−
「家」はエネルギーをチャージする場所

一見健康と関係があるのか? と思われる家ですが、実は先日引っ越しをするに当たりいろいろと調べているうちに、この「家」というのは健康や人生の流れにもとても影響を与えていることを知りました。
 風水など、エネルギーの流れや方角を気にして引っ越しをされる人もいるように、その家の気というものが人間にも影響を与えるようです。新しい家に引っ越した途端、体調が悪くなったり、次々と不幸に見舞われる……という経験をされた人も結構いらっしゃるそうです。
 家というのは、自分がゆっくりと休んでエネルギーをチャージする所であり、安心できる所。つまり、生活における良いエネルギーを得られるかどうかは家に懸かっているのかもしれません。
 もちろん、全ての人が「じゃあ、来月引っ越そう!」というわけにはいきません。そこで、自分が最高にリラックスできる場を演出するため、家にアロマの香りを焚く、整理整頓をする、週末においしい作り置きをしておく、花を飾るといったことをすると良いですね。良いエネルギーが家の中を通るようになるはずです。
 「ああ、早く帰りたい!」、そう思える家にすることで、また自分にも良いエネルギーを蓄えられるに違いありません。
 私はいろいろなミラクルが起こったお陰で理想の家を見つけられ、引っ越すことができました。生活しているだけで幸せな気持ちになる、そんな良いエネルギーを家で蓄えられ、仕事や他のことに発揮できます。
 ぜひご自身の健康のためにも、家や家の中の環境を見直してみてはいかがでしょうか?


ASUKA
ジャズ・ダンサーとして約15年間活動後、より深く自分の体を知るためヨガを始める。全米ヨガ・アライアンスを取得後、2009年より東京で多くのヨガ・クラスを担当。現在は、シドニー市内で不定期にクラスを開催。シンギングボールを使ったサウンド・セラピーも行う(Web: earth-light-yoga.com)。また、eco蜜蝋ラップ「KoKeBee(こけびー)」を経営するなど、エコ活動にも力を入れている(Web: www.kokebee.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る