第2回 ノープーのすすめ

キレイをつくるヘア・ケア

ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

 

第2回 ノープーのすすめ

少し前に、アメリカのセレブの間で流行ったものに「ノープー(No Poo)」というものがありました。「ノープー」とはつまり、「ノー・シャンプー」の略。そのままの意味で、シャンプーをしないということですが、全く頭を洗わないということではなく、それなりのこだわりとやり方があります。

シャンプーを使わないノープーは抜毛、薄毛に悩む女性やナチュラル生活を好む人たちが始めたのをきっかけに「シャンプーを使うのをやめたら髪にハリやコシがでて抜け毛が減った」という口コミが増え、試す人が増えてきたようです。欧米では多くのセレブが既に実践しているそうです。

そこで今回は、ノープーの1つ、緑茶で髪を洗う方法を紹介します。

緑茶で洗うとよい人は、薄毛に困ってる人。そして抜け毛に困ってる人。男性だけではない悩みですね。

緑茶はI型5αリダクターゼの強力な阻害剤であるということが研究されています。では、5αリダクターゼ(酵素)とは、どのような物なのでしょうか?

5αリダクターゼ(酵素)には、Ⅰ型とⅡ型が存在します。一般にI型5αリダクターゼは毛根の皮脂腺に存在し、脂性やにきびができやすいタイプの人に多いようです。Ⅱ型5αリダクターゼは髭や前頭部の毛乳頭に多く存在し、体毛や髭の濃いタイプ人に多いようです。この5αリダクターゼが男性ホルモンと結合し、DHTというより強力な活性化された男性ホルモンを作り出すことが、薄毛の原因だと考えられているのです。

緑茶はこのⅠ型5αリダクターゼの強力な阻害剤だと言われています。それに加え、緑茶のカフェインによる育毛効果もあるようです。では洗い方を説明しましょう。

(1)濃い目に煮出した緑茶を冷ます
(2)その緑茶でシャンプーする
(3)その後、髪を洗う(何回もすすぐ感じ)

緑茶をすべて洗い流さずに、髪に付いた状態で終了するのが一般的です。気持ち悪い時は、迷わずお湯ですすいでください。どんなに良いことでも、嫌な感じがするならやめましょう。

ほかにも、オートミール・シャンプー(石鹸)で洗うことで頭皮にできていた湿疹やかゆみが収まったという話もよく聞きます。現に私もオートミール・アロエ石鹸で洗っていますが、頭皮のかゆみや湿疹が治りました。私は皮膚が弱い方なので、お店で使うシャンプーなどもまず自分の顔を洗ってみて痒くならなければ大丈夫ということを基準にしています。

次回は湯シャンについてお話します。


美容師 ユキヒロ
Mu Hairdressing Annerley Salon
東京都出身。代官山、恵比寿で美容室展開後、2008年パースでオーストラリア第1号店をオープン。一時日本帰国するも、10年にブリスベンで美容師として再出発。13年にはゴールドコースト店オープン。ただいまオージー美容師育成中。
Web: muhd.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る