髪も頭皮も夏疲れ

中から外から美肌・美髪つくり

ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

第46回 髪も頭皮も夏疲れ

髪の毛は毛周期と呼ばれる“成長期→退行期 → 停止期”を繰り返しているので、正常であれば1日に50~100本くらい抜けていきます。しかし、暑い夏に受けた紫外線や、冷たいものの取り過ぎやクーラーによる血行不良、取り除けなかった汗や老廃物による毛穴の詰まりなどによって毛周期が乱れ、抜け毛や髪のごわつき、頭皮の臭いが気になることが多くなります。では、夏の間にダメージを受けた髪に対して、どのようなケアができるのでしょうか?

意外に見落としがちなブラッシング

まず見直したいのが、毎日のブラッシングです。ブラシで髪をとかすことには、以下のようなメリットがあります。

◎頭皮環境を清潔にする
 髪や頭皮に付着したほこりやフケを取り除く効果があります。シャンプーをする前にブラッシングをするとより効果的。

◎天然のトリートメント効果
 ブラッシングをすることで、頭皮から分泌される皮脂が髪の毛まで行き渡ります。これはまさに天然のトリートメントです。

◎マッサージ効果
 頭皮を適度に刺激することにより血行が良くなり、髪の育成にも効果的です。

ぬるま湯での頭皮の予洗い

皆さんはご自身でシャンプーをされる際、事前にどれくらい頭皮の“予洗い”をしますか?予洗いとは、シャンプーを付ける前にぬるま湯で髪と頭皮をすすぐこと。ポイントは髪を濡らすことではなく“頭皮を予洗いする”ことで、理想は38度くらいのぬるま湯で約1分間です。

美容室でシャンプーをする際は泡立てる前にきっちり予洗いをします。これにより、なんと70パーセントほどの汚れが落ちてしまい、シャンプーが泡立ちやすくなるのです。シャンプーがきちんと泡立つと髪同士の摩擦が軽減されます。「シャンプーが泡立たなくて、量をたくさん使ってしまう」という方は、ぜひ予洗いを実践してみてください。いつものシャンプー習慣を少し変えるだけで夏疲れにも効果が歴然。髪がきれいだと気分も明るくなりますね。

更に、プロの手によるヘッド・スパやトリートメントも取り入れるとより効果的です。美容室を訪れる際、せっかくのチャンスですから信頼のおける美容師さんにどんな小さなことでも質問・相談してみましょう。私も抜け毛の相談、ケアやアレンジの方法などたくさんの質問を頂きます。健康な髪は健康な頭皮から作られますので、変化の大きいこの時期に、まずは夏疲れのケアをしてみてください。

美容師 Hitomi
YUKI Hair Spa Gold Coast
渋谷、恵比寿という東京の一等地で磨いた技術を、ゴールドコーストのゆったりとした空気の中で提供する30代女性美容師。「髪を整えることで、気持ちも整う」と考え、美容室での特別な時間と施術を提供。
Web: muhd.com.au
髪についての悩みや疑問など下記アドレスまでご相談ください。
Email: nichigopress@gmail.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る