髪を今切りたいと思う気持ち

中から外から美肌・美髪つくり

ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

第55回 髪を今切りたいと思う気持ち

髪を切る瞬間というのは、いろいろなストーリーがありますよね。

何が何でも定期的に髪を切ると決めている人は、いつもの習慣でお手入れをすることを大切にしている人ですね。

髪を切らなければならない理由ができたということもあるでしょう。例えば学校で長過ぎると怒られた、就職に当たってきちんとしておかないといけないなど。

すてきな髪型を見つけたので、切りたい衝動に駆られたという人もいます。ふと目にした本ですてきな髪型に出合ってしまった、街を歩いていたらあの人のような髪型にしてみたくなったといった具合に。

いざ髪を切ることが決まったら、美容室に予約をしますか? それとも友達に切ってもらいますか? または、家族に切ってもらったり、自分で切ってしまうこともあるでしょう。切りたい理由によって、それぞれの選択ができますね。

しかし、衝動的に「今すぐに切りたい!」となった時に、美容室が予約できなかったり、お金を掛けたくなかったり、ちゃんと切ってくれるかなと不安になったりして「とりあえず切っちゃえ!」となるということもあると思います。


そして、ふと切った後の自分を思い浮かべます。ロング・ヘアをバッサリ切ったら人はどう思うだろうという、楽しみだけど不安な気持ちは誰でもあるはずです。人から「いいね」と言ってもらった時の喜び。そして何より切った後の爽快感は最高です。「切らない方が良かったのに」と言われた時には、がっかり感と後悔、あの切ない気持ちが待っています。

しかし髪を切るという行為は、印象が変わる、気分がリフレッシュする、ストレスの発散など、自分も周りもいろいろと変えるとても重要な機会なのです。

それから、もちろん髪を切ってくれる美容師さんの心の安定度も大事です。ですから私たち美容師も、皆様を楽しませたいという一心で、いつも心を安定させています。

髪を切る理由はいろいろあると思いますが、どうせ切るなら良い日を選んで切ってみるのはいかがでしょうか? そしてぜひ、髪を切ったらこうなりたい、という願いを込めて切ってもらってください!

美容師 ユキヒロ
Mu Hairdressing Annerley Salon

東京都出身。代官山、恵比寿で美容室展開後、2008年パースでオーストラリア第1号店をオープン。10年にブリスベン、13年にはゴールドコースト店オープン。ただいまオージー美容師育成中。
Web: muhd.com.au
髪についての悩みや疑問など下記アドレスまでご応募ください。
Email: nichigopress@gmail.com 件名:髪への質問

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る