魔法のパーマ

中から外から美肌・美髪つくり ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

中から外から美肌・美髪つくり

ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

第65回 魔法のパーマ

川が流れるように、髪にも毛流れというものがあります。川の流れに逆らって川を泳ぐには、それ相当の技と経験が必要でしょう。髪を扱う私たちも、髪が自然に伸びていくのに逆らい、いろいろなことを試そうとします。今回は、髪の毛流れを知っているからこそできる技術「ホット系パーマ」について解説したいと思います。

「なぜ普通のパーマだけではなく、ホット系のパーマ(熱を与えてパーマをかける)が必要なのでしょうか」

ホット系パーマは、普通のパーマでは出せない質感を持たせたり、ウェーブのダレ(パーマが伸びてくたっとした状態)などが少なくなるよう開発されました。現在は、ほとんどの人たちが何かしらのヘア・カラーをしていると思います。昔、(普通の)パーマが盛んだったころ、パーマは健康毛にかけるものという前提に作られていました。最近はヘア・カラーをした髪にどう対応するか、また傷んでる髪にどのようにしてパーマをかけるかということに考え方が変わってきました。

以前は健康毛にしっかりとパーマをかけるため、パーマ液にアルカリ剤が多く入れられ、しっかりと反応させる(臭い)ものが主流で、髪の性質に逆らう強い力が必要でした。傷んでいる髪にそのようなパーマ液を使ったら、たちまち髪は壊れてしまいます。そこで、多くのメーカーが傷んでる髪にも優しくかかるパーマはできないのかと考えたのが、ホット系パーマなのです。

もちろん、始めから傷んでいる髪にパーマをかけるということは、更に傷む原因を作ることになるのですが、それでも何とかウェーブを形成させて、なおかつ髪を傷めず、長持ちさせ、手入れも簡単という、魔法のようなパーマはないものかとホット系パーマが出てきたのです。デジタル・パーマ、縮毛矯正などが挙げられます。

どれだけ良い薬を使っても傷んだ髪をコントロールする技術や経験がないと、良い結果を得ることはできません。髪の流れに逆らわずに、心地良い髪型を見つけることも良いのかもしれませんね。


美容師 ユキヒロ
Mu Hairdressing Annerley Salon
東京都出身。代官山、恵比寿で美容室展開後、2008年パースでオーストラリア第1号店をオープン。10年にブリスベン、13年にはゴールドコースト店オープン。ただいまオージー美容師育成中。
Web: yukihairspa.com.au
髪についての悩みや疑問など下記アドレスまでご応募ください。
Email: nichigopress@gmail.com 件名:髪への質問

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る