夏の疲れをケアしよう!

中から外から美肌・美髪つくり

ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

 

第23回 夏の疲れをケアしましょう

暑い夏の疲れは体だけではなく、髪や頭皮にも現れていることにお気づきでしょうか?

真夏の強い紫外線を浴びることで、髪の変色・褪色、パサつき、切れ毛や枝毛、強度の低下のほか、ツヤが失われるなどの悪影響があります。頭皮には、炎症(赤み、かゆみ)、乾燥、硬化、皮脂の分泌過剰、そして抜け毛などのトラブルも起きやすくなります。

また、夏場は汗をたくさんかくので髪を洗う回数も増えるかと思いますが、洗い過ぎは知らず知らずのうちに頭皮を傷めてしまいます。しかも汗や皮脂などの汚れは残ってしまいがちで、においやベタつきの原因にもなるので、夏の後は特に丁寧にケアしてあげたいですね。

まずは頭皮を柔らかくすることから始めましょう。頭皮の硬化を放っておくと、血行不良から毛根に栄養が行き渡りにくくなる、つまり髪が痩せてしまうのです。

たくさんのツボがある頭を、両手の指を全部使ってマッサージしましょう。どこを押しても気持ちが良いので、腕が疲れないように頭全体を押したり、さすったり、数秒止めてみたりすると、頭がスッとします。これだけでも血行が良くなり、健康な髪が育ちやすくなります。

さらに効果を出すために、蒸しタオルで頭を温めてみてください。蒸しタオルで頭全体を包み込み、少し置いておいて、その上から手で押してあげても良いですね。これで一層血行が良くなったはずです。


そして極めつけは「塩シャン」。シャンプーの代わりに塩で頭を洗うのです。頭皮、髪の洗浄にシャンプーは当たり前ですが、洗い過ぎでちょっと疲れてるかなと感じたら、迷わずに塩シャンをやってみましょう。粗塩をスプーン1〜2杯ほどを溶かしたお湯を頭にかけてマッサージ、これを何回か繰り返します。自然素材なので安心ですし、髪にハリとコシが戻ったという話もあります。最後はお湯できれいにすすいでください。

塩シャンでケミカル・フリーになったあとは、コンディショナーなしで過ごす方が気持ち良いですが、毛先に手ぐしが通る程度だけ付けておくのも良いかもしれません。

季節の変わり目のケアはすべての人にとって欠かせないもの。たまには完全ナチュラルで頭皮や髪を休めて、夏の疲れを癒してあげてくださいね。

美容師 ユキヒロ
Mu Hairdressing Annerley Salon
東京都出身。代官山、恵比寿で美容室展開後、2008年パースでオーストラリア第1号店をオープン。一時日本帰国するも、10年にブリスベンで美容師として再出発。13年にはゴールドコースト店オープン。ただいまオージー美容師育成中。
Web: muhd.com.au
髪についての悩みや疑問など下記アドレスまでご応募ください。
Email: nichigopress@gmail.com 件名:髪への質問

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る