クリア・マウスピースでも歯並びはきれいになるのでしょうか

何でも相談

Q クリア・マウスピースを使用して受ける矯正治療があると聞きましたが、ワイヤー矯正と比べると支える力が弱そうな印象を受けます。本当に歯並びはきれいになるのでしょうか?
(24歳アルバイト=女性)

A 以前は歯列矯正というと、ワイヤーの矯正装置(ブラケット)を用いる治療が一般的でしたが、ここ10年ほどで、多くの歯科医がこのクリア・マウスピースを使用した矯正治療に魅了されています。

インビザラインは、マウスピース状の取り外しのできる矯正装置です。無色透明のプラスチック素材の矯正器具(アライナー)を使用しているためワイヤー矯正に比べて目立たなく、大人でも安心して矯正できるのが魅力的。また、アライナーは取り外しが容易なため、管理も簡単にできます。

1999年ころから人気が急上昇し、一般的になってきたインビザラインですが、この矯正法では「クリンチェック」というコンピュータ上のシミュレーション・ソフトを使って、治療の計画を立てていきます。矯正治療のプロセスや結果の予測を事前にコンピュータ上で行なうことができるのででき上がりが予想しやすく、安心感を得られるでしょう。患者さんと歯科医師が一緒に3Dアニメーションで表示される3次元的診断を確認し、歯がどのように移動していくかのシミュレーションを見ていきます。

矯正のスピードアップ装置
 ここ4年ほどでは、歯科矯正の必要期間を30パーセント以上も縮めることのできるシステムなども登場してきています。このスピードアップ装置は、1日に20分間上下の歯でくわえるだけのシンプルなもの。振動を与えることで顎の血流を促し、骨格の形成と歯の動きを早めます。

インビザラインとホワイトニングの組み合わせで一石二鳥
 顔の中心をしめる歯。この部分に対する美意識を高く持っていると良いことがたくさんあります。最近ではインビザラインで矯正をしながら、マウスピースにホワイトニング薬剤をつける方法もあるので、インビザラインの施術に踏み込むことにした時には、このホワイトニングも併せて検討してみると良いでしょう。白く輝く歯は清潔感や好印象を与えてくれます。


ノックス・キム院長
シティ・ワールドタワー歯科(Dental Clinic @ World Tower)

オーストラリア・シドニー大学歯科学部を卒業。キャンベラやストラスフィールドで勤務した後、03年にワールドタワーレーザー歯科を開院(東京・大阪・名古屋・千葉・京都・アメリカに提携クリニックあり、医療法人徳真会グループ)。一般歯科治療のほかにも多くの歯科関連資格を保持。インビザライン特別推薦ドクター。ジャパン・インビザライン・フロンティア・メンバー、東京臨床協会(SJCD)、アメリカ審美歯科学会会員。シドニー大学臨床講師。

*オーストラリアで生活していて、不思議に思ったこと、日本と勝手が違って分からないこと、困っていることなどがありましたら、当コーナーで専門家に相談してみましょう。質問は、相談者の性別・年齢・職業を明記した上で、Eメール(npeditor@nichigo.com.au)、ファクス(02-9211-1722)、または郵送で「日豪プレス編集部・何でも相談係」までお送りください。お寄せいただいたご相談は、紙面に掲載させていただく場合があります。個別にご返答はいたしませんので、ご了承ください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る