クリア・プラスチックによる矯正について教えてください

何でも相談

Q 最近クリア・プラスチックによる矯正をしている人をよく見かけますが、どのようなものか知りたいです。
(33歳会社員=女性)

3Dソフトウエアを使ったシミュレーション
3Dソフトウエアを使ったシミュレーション

透明マウス・ピース

透明マウス・ピース

歯並びの変化

歯並びの変化

A 歯並びを少し変えるだけで顔の印象がとても変わることはご存知ですか?2005年以降のトレンドは、“歯をなるべく削らずに口元を美しく見せる方法”です。そんなことが可能なのか?と疑問を抱く方も大勢いるかもしれません。

それを可能にするのが、3Dソフトウエアを使ったシミュレーションを元に、ハイテク設備で「透明マウス・ピース」を造り、それを使って矯正する“インビザライン”というアメリカ発の治療法。今、日本とオーストラリアを含む世界で最も注目を集めているのがこのクリア・プラスチックによる矯正治療法です。

インビザラインは2001年に登場しましたが、年々3D技術やプラスチック・テクノロジーはコンスタントに進化しています。今やワイヤー・タイプ矯正治療と同じレベルの治療ができ、非常に困難なケースにも対応することが可能になりました。インビザラインのほとんどのケースでは抜歯も不要ですし、完治までに必要な期間は1~3年ほどです。

インビザラインは2003年からオーストラリア、2007年から日本で始められました。現在では多くのクリニックで出来るようになっています。最先端のクリニックでは、インビザライン・スキャナーを設置しており、これを使うことでより正確なシミュレーションができます。治療をするかどうかをシミュレーションを確認してから決めることができるので、とても安心です。

透明マウスピースのメリット
1. 抜歯が不要(スキルの高い医師なら90パーセントの場合、抜歯不要)
2. 一般矯正よりも早く矯正(ワイヤー矯正より30~50パーセント治療を早く終えることができる)
3. 透明なので見た目が気にならない・気付かれない
4. 虫歯になるリスクが低い(歯を磨く際にマウス・ピースを取り外すことが可能)

ノックス・キム院長
シティ・ワールドタワー歯科(Dental Clinic @ World Tower)

オーストラリア・シドニー大学歯科学部を卒業。キャンベラやストラスフィールドで勤務した後、03年にワールドタワーレーザー歯科を開院(東京・大阪・名古屋・千葉・京都・アメリカに提携クリニックあり、医療法人徳真会グループ)。一般歯科治療のほかにも多くの歯科関連資格を保持。インビザライン特別推薦ドクター。ジャパン・インビザライン・フロンティア・メンバー、東京臨床協会(SJCD)、アメリカ審美歯科学会会員。シドニー大学臨床講師。

*オーストラリアで生活していて、不思議に思ったこと、日本と勝手が違って分からないこと、困っていることなどがありましたら、当コーナーで専門家に相談してみましょう。質問は、相談者の性別・年齢・職業を明記した上で、Eメール(npeditor@nichigo.com.au)、ファクス(02-9211-1722)、または郵送で「日豪プレス編集部・何でも相談係」までお送りください。お寄せいただいたご相談は、紙面に掲載させていただく場合があります。個別にご返答はいたしませんので、ご了承ください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る